アフター・サーヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフター・サーヴィス
(After Service)
YMOライブ・アルバム
リリース 1984年2月22日
録音 1983年12月12日 - 13日
日本武道館
ジャンル テクノ
時間 Disc1 42分05秒
Disc2 40分28秒
レーベル アルファレコード
プロデュース Y.M.O.
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
YMO 年表
サーヴィス
1983年
アフター・サーヴィス
1984年
シールド
(1984年)
テンプレートを表示

アフター・サーヴィス(After Service)は、イエロー・マジック・オーケストラ (YMO) の9枚目のアルバム。

背景[編集]

1983年に行われた散開ライブ“1983 YMO ジャパンツアー”から12月12日13日日本武道館公演を収録したライブ・アルバムで、旧YMO(1978~1983)としては実質的なラストアルバムである。前作『サーヴィス』からの楽曲は一部を除いてカットされている(シングル・リリースの「See-Through」「以心電信」のみ収録)。

構成[編集]

ライブごとに(アドリブで)アレンジを変えることでも有名なYMOは、このライブでもアルバムとは違うアレンジで演奏されており、初期のアルバムからの曲は全体的に明るめのアレンジとなっている。

演奏に関しては、YMO本項でも記述されている通り、メロディーはMTR(マルチ・トラック・レコーダー)による事前に演奏したものを流しており、各メンバーは伴奏に徹している。[要出典]サポートメンバーに元ABCのデヴィッド・パーマーが参加しており、高橋幸宏は(一部曲を除き)ボーカル曲ではボーカルに徹している。

リリース[編集]

1984年2月22日アルファレコードよりLP盤2枚組、カセットテープの2形態でリリースされた。初回版のみレッド・ヴィニール、カスタム・レーベル仕様。

なお、CD化の際に一部楽曲(「Focus」「Kai-Koh」「See-Through」)が収録時間の都合でカットされたが、1998年の紙ジャケット再発版以降はCD2枚組になり、オリジナル盤全曲収録となっている。

収録曲[編集]

全編曲: YMO。

Disc 1 A面
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. Propaganda」     YMO 1:53
2. Tong Poo/東風 」     坂本龍一 5:06
3. Behind The Mask」   クリス・モスデル 坂本龍一 4:33
4. Solid State Survivor」   クリス・モスデル 高橋幸宏 4:09
5. La Femme Chinoise/中国女」   クリス・モスデル 高橋幸宏 5:02
Disc 1 B面
# タイトル 作詞 作曲 時間
6. Ongaku/音楽」   坂本龍一 坂本龍一 3:27
7. Focus」   細野晴臣ピーター・バラカン 細野晴臣、高橋幸宏 3:47
8. Ballet」   高橋幸宏、ピーター・バラカン 高橋幸宏 4:37
9. Wild Ambitions」   細野晴臣 細野晴臣、坂本龍一 5:15
10. Kai-Koh/邂逅」   坂本龍一 坂本龍一 4:09
合計時間:
42:05
Disc 2 A面
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. Expecting Rivers/希望の河」   高橋幸宏 高橋幸宏、坂本龍一 4:48
2. See-Through」   ピーター・バラカン YMO 3:40
3. Key/手掛かり」   細野晴臣、ピーター・バラカン 細野晴臣、高橋幸宏 4:29
4. Technopolis」     坂本龍一 4:14
5. Rydeen 」     高橋幸宏 4:04
Disc 2 B面
# タイトル 作詞 作曲 時間
6. You've Got To Help Yourself/以心電信」   細野晴臣、ピーター・バラカン 坂本龍一、高橋幸宏 4:15
7. 過激な淑女」   松本隆 YMO 4:21
8. 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-」   松本隆 YMO 4:31
9. Firecracker」     マーティン・デニー 6:01
合計時間:
40:28

曲解説[編集]

Disc 1[編集]

A面[編集]

  1. Propaganda
    後半部分のみのショートバージョン。フルバージョンは『コンプリート・サーヴィス』(1992年)に収録されている。
  2. Tong Poo/東風
  3. Behind The Mask
  4. Solid State Survivor
  5. La Femme Chinoise/中国女

B面[編集]

  1. Ongaku/音楽
  2. Focus
  3. Ballet
  4. Wild Ambitions
  5. Kai-Koh/邂逅

Disc 2[編集]

A面[編集]

  1. Expecting Rivers/希望の河
  2. See-Through
  3. Key/手掛かり
  4. Technopolis
  5. Rydeen

B面[編集]

  1. You've Got To Help Yourself/以心電信
  2. 過激な淑女
  3. 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-
  4. Firecracker
    演奏終了後に流れた会場アナウンスも収録されている。

スタッフ・クレジット[編集]

イエロー・マジック・オーケストラ[編集]

参加ミュージシャン[編集]

  • デヴィッド・パーマー (ex.ABC) - ドラムス

スタッフ[編集]

  • 小池光夫 - レコーディング、ミックス・エンジニア
  • 土井章嗣 - アシスタント・エンジニア
  • 三好シンジ - アシスタント・エンジニア
  • YMO - ミックス・エンジニア
  • 笠井鉄平(CBSソニー信濃町スタジオ) - マスタリング・エンジニア
  • 井上嗣也 - アート・ディレクション
  • Beans - デザイン
  • 小尾一介 - A & Rコーディネーター
  • 三浦憲治 - インサイド・フォト

リリース履歴[編集]

No. 日付 国名 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1984年2月22日 日本 アルファレコード LPCT YLR-40001〜2 (LP)・YLC-40001 (CT) 2位 LP初回版はレッド・ヴィニール、カスタム・レーベル仕様
2 1984年 オランダ Pick Up Records LP LPU 0004 -
3 1984年6月25日 日本 アルファレコード CD 38XA-14 - CD1枚組(「Focus」、「Kai-Koh」、「See-Through」未収録)
4 1987年3月25日 日本 アルファレコード CD 32XA-145 - CD1枚組(「Focus」、「Kai-Koh」、「See-Through」未収録)
5 1992年3月21日 日本 アルファレコード CD ALCA-295 - CD1枚組(「Focus」、「Kai-Koh」、「See-Through」未収録)
6 1992年 アメリカ合衆国 Restless Records CD 7 72707-2 - CD1枚組(「Focus」、「Kai-Koh」、「See-Through」未収録)
7 1994年6月29日 日本 アルファレコード CD ALCA-9048 - CD1枚組(「Focus」、「Kai-Koh」、「See-Through」未収録)
8 1998年1月15日 日本 アルファレコード CD ALCA-5225〜6 - CD2枚組完全版、紙ジャケット仕様
9 1999年9月22日 日本 東芝EMI CD TOCT-24243〜4 - 細野晴臣監修、リマスタリング盤、ライナーノーツ:高野寛
10 2003年1月22日 日本 ソニー・ミュージックハウス CD MHCL 213〜4 77位 坂本龍一監修、紙ジャケット仕様
11 2004年 イギリスヨーロッパ エピック・レコード CD 513453 2 -
12 2010年9月29日 日本 ソニー・ミュージックダイレクト ブルースペックCD MHCL-20111〜2 263位 1999年リマスタリング音源、紙ジャケット仕様、スーパーピクチャーCD

関連作品[編集]

  • テクノ・バイブル』(1992年
    • 当日の録音からカットされた4曲「The Madmen」「Chinese Whispers」「Shadows On The Ground」「Perspective」(12月12日13日録音)が「AFTER SERVICE OUT TAKES」として収録された。
  • コンプリート・サーヴィス』(1992年
  • FM放送(1983年オン・エア・1984年再放送)
    • 散開ライブ最終日(12月22日)の公演は「Limbo」を除いて、1983年12月29日にNHK-FMでオンエアされた。この日の演奏では「Tong poo」や「Kai-Koh」で、アフター・サーヴィスのテイクとは異なる坂本のキーボードソロを聴くことができる。(ライブ・ビデオ『Y.M.O.伝説 1983散開コンサート at 武道館』もこの日に収録されている)。