ピーター・バラカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・バラカン
Peter Barakan
生誕 1951年8月20日(62歳)
イギリスの旗 イギリス ロンドン[1]
出身校 ロンドン大学東洋アフリカ研究学院
職業 音楽評論家ラジオDJ
テンプレートを表示

ピーター・バラカン(Peter Barakan、1951年[1]8月20日 - )は、音楽評論家ラジオDJエフエムインターウェーブ執行役員(2012年-)[1]イギリス出身[1]。自らは肩書きを「ブロードキャスター」で、音楽愛好家としている。

音楽の専門は、ブルース、ソウル、ロック、ニュー・オーリンズ、アフリカ、レゲエ、カントリーなど多方面にわたる。

来歴[編集]

音楽業界以前[編集]

1951年、ロンドンユダヤ系ポーランド人の父と、イギリス人ミャンマー人ハーフである母の間に生まれる。大学卒業までロンドン在住[1]1962年、デビューしたビートルズに強い影響を受ける。11歳から学校でラテン語古代ギリシア語を学び、高校まで語学に関心を持ち続ける。大学進学にあたり日本語を選んだのは、ミャンマーで日本軍兵士と接触していた母が平仮名を読めたことがきっかけだった。日本語学科があるイギリスの4大学のうち、男子寮への入寮義務がなかったロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)を選択する。

音楽業界以後[編集]

同大学卒業後、レコードショップ店員(のち店長)として働いていたとき、英語のネイティブスピーカーを求める音楽出版社シンコー・ミュージックの求人に応じて1974年に来日。同社国際部で、英米の会社に向けてビジネスレターを書く仕事を担当。吉祥寺に住み、仕事は午前10時から午後6時迄であった。

6年後、YMOのマネジメント事務所、ヨロシタ・ミュージックに転職し、YMOの海外コーディネイトや楽曲の英補作詞を担当した。きっかけは、日頃通っていた吉祥寺のレコードショップで知人に「知り合いがロンドンでアルバムを作るので英語の作詞を手伝ってくれる人を探している」と誘われたことであり、そのアルバムとは坂本龍一の『B-2ユニット』であった。

1983年公開の映画『戦場のメリークリスマス』に出演した坂本に付き従い南クック諸島のラロトンガ島へ同行した。その際に、小さな島故に島内の酒場で共演者のデヴィッド・ボウイに遭遇する事もしばしばで、ある時彼が聴いていたカセットテープの曲はコースターズだったという[2]

その後独立し、ポピュラー音楽に関する豊富な知識と物腰柔らかく温和で流暢な日本語を生かし、放送業界にも進出。TBSテレビポッパーズMTV」をはじめ、テレビ・ラジオの音楽番組のパーソナリティを数多くつとめてきた。決してメジャーではなくとも、良質な海外の音楽を現在も多数紹介し続けている。好きなアーティストはヴァン・モリソンリトル・フィートザ・バンドグレイトフル・デッドオールマン・ブラザーズ・バンド、フェアポート・コンベンションなどと多い。ブルース、ニューオーリンズ、アフリカのアーティストも好んで紹介している。

2006年NHK-FMウィークエンドサンシャイン』、InterFMの英語番組『BARAKAN BEAT』(日本では数少ないネイティブ・スピーカーによるイギリス英語を聴くことができた)など音楽番組のメインパーソナリティを担当していた。NHKテレビ「Begin Japanology」という英語による番組で、日本文化を紹介している。

その一方で、アメリカの報道番組を紹介するTBSテレビ『CBSドキュメント』において、1988年の番組開始から20年近く司会をつとめる。時のホワイトハウスにも厳しいコメントを投げかけるなど社会派の一面を持つ。2007年12月8日、クエーカーの会堂で行われた音楽と平和をテーマとしたトークショーの準備中に、男から催涙スプレーを吹きかけられる被害にあった[3]

「日本の音楽で一番好きなものは?」という質問には、大滝詠一のアルバム『LET'S ONDO AGAIN』と答えている。そのレコードを大笑いしながら聞いていると、妻に呆れられたという。中でも、布谷文夫が歌う呆阿怒哀声音頭レイ・チャールズの「What'd I Say」のパロディ)の歌詞を解読できた時の爆笑は特に印象に残っているとのこと[4][5]

2012年9月14日付で、エフエムインターウェーブ(InterFM)の執行役員に就任[6]

2013年、第50回ギャラクシー賞 DJパーソナリティー賞を受賞した。[7]

家族[編集]

妻は翻訳家吉田真弓。弟のマイケルはショーン・フォンテインの芸名で、ブルース・スプリングスティーンブライアン・アダムスジョニー・アリディクリス・ボッティなどの著名なミュージシャンのレコーディングやツアーに参加した経験があるギタリストであり、また彼は1996年から2000年までママス&パパスの元メンバー、ジョン・フィリップスの娘で、ウィルソン・フィリップスの元メンバーのチャイナ・フィリップスの異母姉である女優のマッケンジー・フィリップスと結婚していた。

出演番組[編集]

現在のラジオ番組(FM放送)
  • ウィークエンドサンシャインNHK-FM) 毎週土曜日7:20-9:00、1999年4月3日
  • その時ビートが生まれた(全国各地CFMなど) 毎週水曜日25:00-26:00
  • Tokyo Midtown presents The Life MUSEUM(TOKYO FM) 毎週金曜日18:30-19:00、2008年4月~
  • BARAKAN MORNINGInterFM) 毎週月-木曜日 7:00-10:00、2013年4月1日~[8]
  • Bob Dylan’s Theme Time Radio Hour (InterFM) 毎週木曜日 20:00-21:15 2013年4月4日~ ※日本語解説とディランの曲の選曲を担当
  • スタジオテクノポリス24/21 (InterFM) 2013年8月~不定期 ※矢野顕子と共演。
現在のテレビ番組

過去の出演番組[編集]

ラジオ番組
テレビ番組

公共広告[編集]

  • この国の思いやりは、世界遺産(2012年、ACジャパン

作詞[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “私の先生 ピーター・バラカンさん ブロードキャスター”. 読売新聞 朝刊 (読売新聞社): pp. 16面. (2013年2月28日) 
  2. ^ NHK-FM「ウィークエンドサンシャイン」2012年9月29日放送回
  3. ^ Peter Barakan氏よりコメントOTONaMazu
  4. ^ アルバム「LET'S ONDO AGAIN」のライナーノーツ「LET'S ONDO AGAINの再発に寄せて」より
  5. ^ 2009年4月1日16時05分、ラジオ第1『ラジオ井戸端会議・セレクション『英語とどう付き合いますか?』』出演時にコメント
  6. ^ 【InterFM】「インターFM 執行役員にピーター・バラカンが就任」
  7. ^ 第50回ギャラクシー賞受賞作品
  8. ^ 2009年10月~2012年3月にも放送されていた。この時期の放送時間は毎週月-金曜日(木曜日は生出演せず、事前収録コーナーのみの出演)
  9. ^ 元は日本国外向けに放送される英語番組で、日本向けの日本語訳(副音声・ステレオ2)は吹き替えが行われるが、バラカン氏本人が吹き込んでいるのではない。
  10. ^ 2013年8月にInterFMで一夜限りの復活を果たした。
  11. ^ 当初はInterFMで放送(2001年4月-2004年3月まではMegaNet系列でネット)されていた番組であったが、当人曰く局の期限までにスポンサーを付ける事が出来なかったため、2006年4月30日にFMラジオ番組としては終了。同年10月29日にインターネットラジオで復活し、2009年9月20日で終了。その後、InterFMで2012年4月1日より復活し、2013年3月31日で終了。
  12. ^ 1989年の新潮社版を全面的に改訂増補した新版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]