生活クラブ事業連合生活協同組合連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(せいかつ-じぎょうれんごうせいかつきょうどうくみあいれんごうかい)、略称生活クラブ生協連合会は、東京都新宿区に主たる事務所を置く日本生活協同組合である。北海道から兵庫県までの「生活クラブ生協」など32の生活協同組合で構成する生協の連合会である。運送や牛乳工場など関連・関係会社が9社ある。

特徴[編集]

生活クラブ生協は、日本に約600ある生協のなかのひとつのグループで、他の生協と異なる次のような特徴[1][2]がある。

  • 組合員は「商品を買うお客さん」ではなく、「出資・利用・運営」に参加する生協の構成員という事を強調している。
  • 生活クラブで共同購入するものは、売買で利益を得る目的の「商品」といわずに、「消費材」という。
  • 「安全・健康・環境」生活クラブ原則[3]を掲げ、素材の素性が確かなものを共同購入するように努めている。
  • 国産」にこだわり、食料自給率向上のために努力している。鶏肉も国産鶏種の存続に尽力している。
  • 食品添加物の使用を極力排している。使用を許容している食品添加物の数は68品目(9%)だけ。
  • 提携生産者と組合員が協力して、生活クラブ独自規格の「消費材」を開発している。
  • 合成洗剤を追放し石けんを普及している。他生協と「協同組合石けん運動連絡会(協石連)」を組織[4]
  • 遺伝子組換え反対、六ヶ所再処理工場阻止、ダイオキシン汚染調査、環境ホルモン対策など、食の安全や生活の安全を守るための社会運動を組織している。
  • こういった運動の目的を達するために「代理人」を、1〜2期単位の交代制で地方自治体の議会へ送り込んでいる。
  • 福島第一原発による放射能の食品に対する影響に厳格に取り組んでいる。スーパー、生協を含む全小売業において、取り扱い品の全品目について放射能検査を行っているのは生活クラブ生協だけである。検査結果はすべて生活クラブHPで公表している。

あゆみ[編集]

組織概要[編集]

東京都神奈川県内の会員単協(生活クラブ・東京生活クラブ・神奈川)は、組合員の自主管理と参加を強めるために、さらに地域ごとのブロック単協に分かれて活動をしていて、組合員は2重加入している。

  • 生活クラブ生協連合会
  • 生活クラブ生協・東京
    • 23区南生活クラブ生協
    • 北東京生活クラブ生協
    • 多摩きた生活クラブ生協
    • 多摩南生活クラブ生協
  • 生活クラブ生協・神奈川
    • 横浜みなみ生活クラブ生協
    • 横浜北生活クラブ生協
    • かわさき生活クラブ生協
    • 湘南生活クラブ生協
    • さがみ生活クラブ生協
  • 福祉クラブ生協(神奈川県)
  • 生活クラブ生協・埼玉
  • 生活クラブ生協・千葉
  • 生活クラブ生協・長野
  • 生活クラブ生協・北海道
  • 生活クラブ生協・茨城
  • 生活クラブ生協・山梨
  • 生活クラブ生協・岩手
  • 生活クラブ生協・静岡
  • 生活クラブ生協・愛知
  • 生活クラブ生協・栃木
  • 生活クラブ生協・青森
  • 生活クラブやまがた生協
  • 生活クラブ生協・群馬
  • 生活クラブふくしま生協
  • 生活クラブ生協大阪
  • 生協生活クラブ京都エル・コープ
  • 生協ウイルコープ・なら
  • エスコープ大阪
  • 生活クラブ生協都市生活(兵庫)

関連会社[編集]

  • 新生酪農株式会社
  • 株式会社ゆうエージェンシー
  • 株式会社生活クラブ総合サービス
  • 生活クラブ・スピリッツ株式会社
  • 太陽食品販売株式会社
  • 有限会社古平牧場
  • 有限会社鹿川グリーンファーム
  • 株式会社新生わたらい茶
  • 株式会社横内新生ミルク

参考資料[編集]

  1. ^ 生活クラブ生協連合会 「生活クラブとは」
  2. ^ 生活クラブ生協・東京 「はじめての方へ」
  3. ^ 「安全・健康・環境」生活クラブ原則
  4. ^ 生活クラブ生協・神奈川 「協同組合石けん運動連絡会(協石連)を紹介します」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]