フェアポート・コンヴェンション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェアポート・コンヴェンション
Fairport 40th.jpg
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル フォークフォークロック
活動期間 1967年 - 1979年
1985年 - 現在
公式サイト http://www.fairportconvention.com/
メンバー
サイモン・ニコル
デイヴ・ペッグ
リック・サンダーズ
クリス・レスリー
ゲリー・コンウェイ
旧メンバー
バンドメンバー を参照してください。

{{{Influences}}}

フェアポート・コンヴェンションFairport Convention1967年 - 1979年1985年 - )は、イギリスフォークロックバンド

1969年発表のアルバムリージ・アンド・リーフ(enは、ロックの分野で民謡古謡トラッドバラッド)を電気楽器を用い現代的に解釈した作品で、ボブ・ディラン以降のフォークロックに一石を投じ、これ以降イギリスを代表するフォークロック・バンドとして認知され世代や分野を越え多くのミュージシャンに影響を与えた。

代表曲はミート・オン・ザ・レッジ(en)、古謡のマティ・グローヴス(en)など。

元メンバーのリチャード・トンプソンが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第19位、2011年の改訂版では第69位。

メンバー[編集]

現在のメンバー

  • サイモン・ニコル(Simon Nicol、ギター、リードボーカル):67年 - 71年、76年 - 現在
  • デイヴ・ペッグ(Dave Pegg、ベース、バッキングボーカル):70年 - 現在
  • リック・サンダーズ(Ric Sanders、フィドル、時々キーボード):85年 - 現在
  • クリス・レスリー(Chris Leslie、フィドル、マンドリン、ブズーキ、バッキングボーカル):97年 - 現在
  • ゲリー・コンウェイ(Gerry Conway、ドラム、パーカッション):98年 - 現在

過去に在籍したメンバー

  • アシュリー・ハッチング(Ashley Hutchings、ベース):67年 - 69年
  • イアン・マシューズ(Iain Matthews、ボーカル):67年 - 68年
  • ジュディ・ダイブル(Judy Dyble、ボーカル、オートハープ、ピアノ、リコーダー):67年 - 68年
  • ショーン・フラッター (Shaun Fraterドラムス):67年
  • マーティン・ランブル(Martin Lamble、ドラムス):67年 - 69年
  • リチャード・トンプソン(Richard Thompson、ギター、ボーカル):67年 - 71年
  • サンディ・デニー(Sandy Denny、ボーカル、ピアノ):68年 - 69年、74年 - 75年
  • デイヴ・マタックス(Dave Mattacks、ドラム、キーボード、ベース):69年 - 72年、73年 - 75年、85年 - 97年
  • デイヴィッド・スウォーブリック(David Swarbrick、フィドル、マンドリン、ボーカル)69年 - 84年
  • デイヴィッド・レア(David Rea、ギター):72年
  • ジェリー・ドナヒュー(Jerry Donahue、ギター):72年 - 75年
  • トレバー・ルーカス(Trevor Lucas、ギター、ボーカル):72年 - 75年
  • ポール・ウォーレン(Paul Warren、ドラム):72年
  • ロジャー・ヒル(Roger Hill、ギター):72年
  • トム・ファーネル(Tom Farnell、ドラム):72年
  • ブルース・ローランド(Bruce Rowland、ドラム):75年 - 84年
  • ボブ・ブレイディ(Bob Brady、ピアノ):76年
  • ダン・アラー・ブラーズ(Dan Ar Braz、ギター):76年
  • ロジャー・バリッジ(Roger Burridge、フィドル):76年
  • マーティン・アルコック(Maartin Allcock、ギター、マンドリン、キーボード、ボーカル):85年 - 96年

概要・来歴[編集]

1967 - 1979

1966年ロンドンで結成したサイモン・ニコル(en)、アシュリー・ハッチングス(en)、リチャード・トンプソン(en)らのアマチュア・バンドが前身。翌年ジュディ・ダイブル(en)、サーフィン・ホットロッドサーフ・ロック)のピラミッドにいたイアン・マシューズ(イアン・マクドナルド)(en)にドラムスを加えた編成に落ち着いた頃、ニコルの実家に因みフェアポート・コンヴェンションと名乗った。数度の公演直後にドラムスはマーティン・ランブル(en)に交代している[1]

初期はブルース、アメリカのフォークロックを好んで取り上げていたこと、メンバー編成の類似で「イギリスのジェファーソン・エアプレン」と称されたり「アメリカ(出身)のバンド」と誤解された。サイケデリック・ロック流行下にピンク・フロイドソフト・マシーンなどと共演する中エレクトラ・レコードジョー・ボイド(en)にスカウトされトラック・レコードからシングルでデビューする。

1stアルバム、フェアポート・コンヴェンション(Fairport Convention)はトラック・レコードの倒産で発売は1968年になってしまい、その頃にはダイブルが脱退し、フォーク界でソロ活動やストロウブスen 発売は1973年)に参加したサンディ・デニー(en)が加入した。新たにアイランド・レコードと契約し、1969年に前年録音のホワット・ウィ・ディド・オン・アワ・ホリデイズ(en)、次のアンハーフブリッキング(en)では録音開始直後にマシューズが脱退してしまった。

1969年5月12日バーミンガム公演を終え帰途中のM1ハイウェイで、バンドの移動車が交通事故を起こし、ランブルとトンプソンのガールフレンドが犠牲になった[2]ハイド・パークで追悼コンサートが開かれ、ローリング・ストーンズキング・クリムゾンなど参加した。事故の傷手は大きく解散が話し合われたが、ジョー・ボイドの助言、次作構想が纏まりつつあったことで活動続行を決めオーディションでジュニア・アイに参加していたデイヴ・マタックス、前作でセッション参加していたフォーク界重鎮の一人デイヴ・スウォーブリック(en)を加えリージ・アンド・リーフ(en)を制作しここで「イギリス独自のフォークロック」を達成した。

しかし事故の傷痕を癒さぬまま活動した疲労感と新たな活動場所を求めてハッチングスとデニーが相次いで脱退してしまう。スウォーブリックの推薦でイアン・キャンベル・フォーク・グループ(en)にいたデイヴ・ペッグ(en)を加え1970年に(en)を発表、トンプソンがソロ活動に転じ抜け、1971年意欲的な実験作のコンセプト・アルバム、ババコンブ・リー(en)発表後ニコルが辞めた。1970年に最大の理解者たったジョー・ボイドがアメリカへ帰国し、暗中模索し求心力はスウォーブリックに依存を強め低迷する。

1973年元フォザリンゲイのトレバー・ルーカス(en)、ジェリー・ドナヒュー(en)加入、1974年サンディ・デニーが復帰し1975年通算10枚目のアルバム(ライヴ録音盤は除く)ライジング・フォー・ザ・ムーン(en)発表、この年には来日を果している。 しかし、アルバムのセールス不振やメンバー間の確執からマタックス、再びソロ活動を志望したデニーとそれに伴いルーカス、ドナヒューが離れ、代わってドラムスにジョー・コッカーのバックバンドを務めていたグリース・バンド(en)からブルース・ローランド(en)を加えた。混乱する中1976年は一時的にフランス古謡界からミュージシャンを加入させたり、バンド名義をフェアポート(Fairport)に短縮してゴトル・オ・ギア(en)発表。これはスウォーブリックが計画していた自身のソロ第二作を急遽転用しての制作だった。 この作品発売をもってアイランド・レコードとは契約解除、サイモン・ニコルが復帰しヴァーティゴ・レコードと契約、2作を発表後、1979年 とうとう解散を表明する[3]。欧州を周った「フェアウェル・フェアウェル・ツアー(Farewell Farewell Tour)」から、インディペンデント・レーベル、ウッドワーム・レコードから フェアウェル・フェアウェル(Farewell Farewell)が発売された。

1980 - 現在

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 1968年 : Fairport Convention
  • 1969年 : What We Did on Our Holidays
  • 1969年 : Unhalfbricking
  • 1969年 : Liege & Lief
  • 1970年 : Full House
  • 1971年 : Angel Delight
  • 1971年 : Babbacombe Lee
  • 1972年 : The Manor Album (unreleased)
  • 1973年 : Rosie
  • 1973年 : Nine
  • 1975年 : Rising for the Moon
  • 1976年 : Gottle O'Geer
  • 1977年 : The Bonny Bunch of Roses
  • 1978年 : Tipplers Tales
  • 1985年 : Gladys' Leap
  • 1986年 : Expletive Delighted!
  • 1987年 : Heyday
  • 1987年 : In Real Time: Live '87
  • 1989年 : Red & Gold
  • 1990年 : The Five Seasons
  • 1995年 : Jewel in the Crown
  • 1996年 : Old New Borrowed Blue
  • 1997年 : Who Knows Where the Time Goes?
  • 2000年 : The Wood and the Wire
  • 2002年 : XXXV
  • 2004年 : Over the Next Hill
  • 2007年 : Sense of Occasion
  • 2008年 : Fame And Glory

ライヴ・アルバム[編集]

  • 1974年 : Fairport Live Convention
  • 1977年 : Live at the L.A. Troubadour
  • 1979年 : Farewell Farewell
  • 1982年 : Moat On The Ledge - Live At Broughton Castle
  • 1986年 : House Full
  • 1994年 : 25th Anniversary Concert
  • 1998年 : The Cropredy Box
  • 1999年 : Cropredy 98
  • 2002年 : From Cropredy to Portmeirion
  • 2002年 : The Airing Cupboard Tapes
  • 2002年 : Cropredy 2002
  • 2004年 : The Quiet Joys of Brotherhood
  • 2004年 : Cropredy Capers: 25 Years of Fairport Convention and Friends at Cropredy Festival
  • 2005年 : Journeyman's Grace
  • 2005年 : Acoustically Down Under
  • 2006年 : Off The Desk
  • 2007年 : Live at the BBC
  • 2007年 : Who Knows? 1975
  • 2007年 : On the Ledge
  • 2008年 : Live At Cropredy '08

脚注[編集]

  1. ^ ユニバーサルミュージックUICY93988 解説
  2. ^ ユニバーサルミュージックUICY93988 解説
  3. ^ ユニバーサルミュージックUICYUICY-20055 解説

外部リンク[編集]