ミーターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ミーターズ
ミーターズのアート・ネヴィル(左)とジョージ・ポーターJr. (2004)
ミーターズのアート・ネヴィル(左)とジョージ・ポーターJr. (2004)
基本情報
出身地 ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル ファンク
R&B
活動期間 1969年1977年
1989年
レーベル ジョーシー、リプリーズ
公式サイト http://www.funkymeters.com/
メンバー
アート・ネヴィル
ジョージ・ポーターJr.
ラッセル・バティストJr.
ブライアン・ストルツ
旧メンバー
レオ・ノセンテリ
ジョー“シガブー”モデリスト
シリル・ネヴィル
イアン・ネヴィル

ミーターズThe Meters)はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズR&Bバンド。ニューオーリンズ・ファンク・サウンドを生み出した第一人者的存在である。代表曲は"Cissy Strut"など。

来歴[編集]

ミーターズの前身は、60年代の半ばにアートが結成したアート・ネヴィル&ザ・サウンズだった。このバンドには当初アート、レオ・ノセンテリ、ジョージ・ポーターJr.とともにアーロン・ネヴィル、チャールズ・ネヴィルが参加していたが、彼らが抜けドラムズにジョー“ジガブー”モデリストが加入し、名前をミーターズに変更した。レコード・デビュー前、彼らはアラン・トゥーサンマーシャル・シホーンが経営するサンス・レコードのスタジオ・ミュージシャンとして活躍するようになっていた。リー・ドーシーの曲のバックで、演奏もしている。

1968年11月、ジョーシー・レーベルよりシングル"Sophisticated Cissy"でデビュー。翌年、アルバム「The Meters」をリリースした。

1972年リプリーズ・レコードへ移籍。第一弾作「Cabbage Alley」をリリース。

1973年、ミーターズが全面参加したドクター・ジョンのアルバム「In The Right Place」がリリースされた。ドクター・ジョンが翌1974年に発表したアルバム「Desitively Bonnaroo」にも、引き続き全面参加。

1975年頃、シリル・ネヴィルがメンバーに加入。同年アルバム「Fire On The Bayou」をリリースした。

1975年1976年ローリング・ストーンズのツアーの前座に抜擢される。また、ロバート・パーマーのアルバムに演奏で参加した。

1977年、バンド解散。アートとシリルは、他のネヴィル家の兄弟たちとともにネヴィル・ブラザーズを結成し活動するようになった。

1989年ニューオーリンズ・ジャズフェスにおける非公式なジャム・セッションのあと、バンドが再結成される。モデリストは再結成には参加せず、替わりにラッセル・バティストが加わった。1991年にリリースされたロビー・ロバートソンのアルバム「Storyville」には、バティスト加入後のミーターズの全メンバーが参加した曲"Go Back to Your Woods"が収録された[1]。また、1993年には、このメンバーで来日公演も行っている。

1994年、ノセンテリが脱退。後任にブライアン・ストルツが加入した。同年、バンド名をファンキー・ミーターズ(The funky Meters)と変更する。バンドは現在もこのメンバーで活動している。一方、オリジナル・メンバーのミーターズも何度か単発的に再結成されており、こちらは区別するためにオリジナル・ミーターズ (The Original Meters)と呼ばれている。

アート・ネヴィルは2006年のオリジナル・ミーターズ再結成後、再びこのメンバーでやることはないと宣言し、その後は残る3人がザ・ミーター・メン名義でステージに立つなどしていたが[2]、2011年のボナルー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル、2012年のニューオーリンズのクラブ、ハウリン・ウルフでの公演とオリジナル・ミーターズは公演を行っている。

2007年、ブライアン・ストルツがバンドを脱退し、後任としてアートの息子でネヴィル・ブラザーズ、ダンプスタファンクでの活動でも知られるイアン・ネヴィルが加入した[3]

2009年7月、ファンキー・ミーターズはフジ・ロック・フェスティバルへの出演のため、来日を果たした[4]

2011年、イアン・ネヴィルはダンプスタファンクでの活動に専念するため、バンドを脱退。ブライアン・ストルツが呼び戻されている[5]

2014年1月、ファンキー・ミーターズが来日。大阪、東京での公演が組まれた。

ノセンテリは、自身のバンドをミーターズ・エクスピリエンスと銘打ち、ミーターズの楽曲を演目に入れて活動を行っている。2013年1月には、このバンドの来日公演も行われている。

メンバー[編集]

名前 パート 生年月日/出身地 在籍期間
アート・ネヴィル Art Neville key., vo. 1937年12月17日/ニューオーリンズ 結成〜現在
ジョージ・ポーターJr. George Porter, Jr. b., vo. 1947年12月26日/ニューオーリンズ 結成〜現在
レオ・ノセンテリ Leo Nocentelli gt. 1946年6月15日/ニューオーリンズ 結成〜1994年
ジョー“ジガブー”モデリスト Joe "Zigaboo" Modeliste ds. 1948年12月28日/ニューオーリンズ 結成〜1977年
シリル・ネヴィル Cyril Neville perc., vo. 1948年1月10日/ニューオーリンズ 1975年1977年
ブライアン・ストルツ Brian Stoltz gt. 1994年2007年2011年〜現在
ラッセル・バティストJr. Russell Batiste, Jr. ds. 1965年12月12日/ニューオーリンズ 1994年〜現在
イアン・ネヴィル Ian Neville gt.  ?/ニューオーリンズ[6] 2007年2011年

※再結成後のオリジナル・ミーターズの活動は「在籍期間」に入れていない。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • 1969年 The Meters (Josie)
  • 1969年 Look-Ka Py Py (Josie)
  • 1970年 Struttin' (Josie)
  • 1972年 Cabbage Alley (Reprise)
  • 1974年 Rejuvenation (Reprise)
  • 1975年 Fire On The Bayou (Reprise)
  • 1976年 Trick Bag (Reprise)
  • 1977年 New Directions (Reprise)
  • 2003年 Fiyo at the Fillmore, Vol. 1 (ファンキー・ミーターズ名義)

編集盤など[編集]

関連項目[編集]

参照文献[編集]

外部リンク[編集]