雅-MIYAVI-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雅-MIYAVI-
}
基本情報
出生 1981年9月14日(32歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県
血液型 AB型
ジャンル ミクスチャー・ロック
オルタナティヴ・ロック
職業 シンガーソングライターギタリスト作詞家作曲家実業家
活動期間 2002年 -
レーベル EMI MUSIC JAPAN2010年 - )
事務所 J-glam Inc.
共同作業者 石原軍団ジャポン・KAVKI BOIZ
S.K.I.N.
Dué le quartz
亀田誠治2012年 - )
公式サイト myv382tokyo.com

雅-MIYAVI-(みやヴィ、1981年9月14日 - 、旧:雅-miyavi-)は、日本ミュージシャン兵庫県出身。主にヴォーカルとギターを演奏し、ギタリストとしては激しく、パーカッシヴなタッチのプレイスタイルを持ち味としている。血液型はAB型。

自身のファンの事を「Co-miyavi=仔雅(こみやび)」と呼ぶ。2009年に独立し、個人事務所 J-glam Inc,の代表取締役でもある。

来歴

1981年9月14日、日本人の母親と日本に帰化した元在日韓国人二世の父親の間に大阪市此花区西九条で生まれる。小学校でサッカーを始め、企業チームのジュニアユースに所属する。県選抜に選ばれ、プロのサッカー選手になることを夢見るも15歳の時に足を負傷。それをきっかけにチームを離脱し、サッカーを断念。高校を自主退学し音楽と出会いギターを始め、17歳のとき恩人の先輩の死にショックを受けそのまま上京。ライブハウスでヴィジュアル系ロックバンド・Dué le quartzのメンバーと出会い、そのまま一泊し、一晩で作曲を終えてたことがきっかけとなり加入することとなった。最年少ながら作詞・作曲・編曲のほぼ全てを手掛けた。

ギタリスト、コンポーザーを経て、2002年10月31日にファースト・アルバム『雅楽-gagaku-』より、ソロ活動を開始。翌2003年4月25日、渋谷公会堂にてファーストソロライブを行う。2003年12月2日セカンド・アルバム「雅-galyuu-流」発売。2004年6月23日シングル『あしタ、元気ニなぁレ。』はオリコン・インディーズチャートで連続1位という記録を作る。2004年8月31日にインディーズラストライブ「This is 王道」を日本武道館にて敢行。

2004年10月20日マキシ・シングル『ロックの逆襲』でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。「新堂本兄弟」マンスリーゲストミュージシャンとして出演し、さらに2005年5月4日セカンド・シングル『Freedom Fighter-アイスクリーム持った裸足の女神と、機関銃持った裸の王様-』発売。2005年6月1日メジャーで初となる、フルアルバム『雅-miyavizm-主義』を発売した。

その後2006年、シングル『君に願いを』をリリースした後単身ニューヨークに留学。ソロアーティストとしての腕を磨く約1年間の滞在期間を経て日本に帰国し、シングル『咲き誇る華の様に』で活動を再開し、またセッションバンドKAVKI BOIZを新たに結成した。2007年にはYOSHIKIの新ユニットS.K.I.N.のギターとして加入した。

2009年、元歌手であるMelody.と入籍。当時既にMelody.の妊娠が発覚していた。その後、同年7月に第一子が無事に誕生。

2010年、所属レーベルをEMIミュージック・ジャパンに移籍することを発表。また名前の表記を「雅-MIYAVI-」にすることも発表した。

2011年10月より、ジャンルの異なるアーティストたちとセッションするプロジェクト「SAMURAI SESSIONS」を始動[1]

2012年11月14日、トータル・プロデューサーに亀田誠治を迎え、さまざまなアーティストと“対戦”するコラボレーション・アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.1』をリリース。

2013年6月19日、プロデューサーにディーン・ギラードを起用したアルバム『MIYAVI』をリリース。世界進出を目的に制作されたアルバムであり、海外でもリリースされる。また、アーティスト表記もMIYAVIに統一した[2]

9月16日-10月14日、日本の6つの都市で、「MIYAVI "SLAP THE BEAT" TOUR 2013」を行う。[3]

演奏スタイル

サードシングル『結婚式の唄』以降はアコースティックギターを主とした楽曲が目立つようになり、スラップを中心とした独学の奏法と『Gigpig』という独自の楽器(ドラム、タンバリンなど様々な楽器が組み合わされている)を使った独奏のスタイルで話題となった。またライブでも様々なスタイルを取り入れるようになり、ラップ、タップだけでなく和太鼓やボディペイントなど様々なジャンルのパフォーマーと共演、音楽性をさらに広げている。

2010年からは、所謂ヴィジュアル系シーンからは距離を置き、サポートドラマーBOBO(54-71)と組み、エレアコドラムというシンプルなスタイルでライブ活動を展開している。

人物

自宅で録音、編曲を行ういわゆる宅録によって音源を製作している。ボーカル、ギターはもちろん、パーカッションやプログラミングも全て自分一人で行っている。

ギタリストとして尊敬しているのはLUNA SEASUGIZO。彼とはS.K.I.Nで同じバンドメンバーであった上、2008年にはシングル『陽の光さえ届かないこの場所で feat. SUGIZO』でコラボレーションを果たした。また他に、Gacktのことを「ガク兄ぃ」と呼び、慕っている。

石原軍団ジャポン

雅-miyavi-のツアーメンバー。

東京ドーム・台湾ライブ

  • Guitar:まぁやたん♪(現LM.C- maya)

渋谷公会堂

東京脱走

  • Guitar:けんけん(ex.メテム
  • Guitar:マサルちん(ex.メテム)
  • Guitar:裕輔(ex.メテム)
  • Bass:ゆちのすけ
  • Drums:みなちょ(ex.R*A*Pサポート- MINAMI)

アダルト石原軍団

KAVKI BOIZ

2007年のシングル『咲き誇る華の様に』から雅-miyavi-のサポートメンバーとして登場した。2006年以前のライブで何度か共演したメンバーが中心になって構成されている。

メンバー

  • Human Beat Boxer:TYKO
  • Tap:SARO
  • Turntable:DJ HANGER
  • Bass:hige-chang
  • Drums:Ryo Yamagata
  • Painter:YORKE
  • Rap(?):STING a.k.a 池田

ディスコグラフィ

インディーズ

シングル

  1. 死んでもBoogie-Woogie (2002年11月30日)
  2. POP is dead (2002年11月30日)
  3. ジングルベル(仮) (2002年12月18日)
  4. 自分革命-2003- (2003年4月16日)
  5. タリラリタララ♪ (2003年6月25日)
  6. Coo quack cluck―ク・ク・ル― (2003年9月3日)
  7. あしタ、元気ニなぁレ。 (2004年6月23日)

アルバム

  1. 雅楽-gagaku (2002年11月30日)
  2. 雅-galyuu-流 (2003年12月2日)

映像作品

  • デーブーイデー“下剋上” (2003年7月23日)
  • 一人芸 (2004年8月21日)
  • 雅-miyavi-インディーズ・ラスト LIVE in 日本武道館(ってそのままやんけ。)〜「This is 王道。」編 (2004年12月1日)
  • 雅-miyavi-インディーズ・ラスト LIVE in 日本武道館(タイトル長いな、しかし!!)〜「のり子の一日」編 (2005年1月12日)

メジャー

シングル

  1. ロックの逆襲 -スーパースターの条件-/21世紀型行進曲 (2004年10月20日)両B面シングル
  2. Freedom Fighters -アイスクリーム持った裸足の女神と、機関銃持った裸の王様- (2005年5月4日)
  3. 結婚式の唄〜季節はずれのウエディングマーチ〜/Are you ready to ROCK? (2005年10月12日)
  4. セニョールセニョーラセニョリータ/Gigpigブギ (2006年1月18日)
  5. Dear my friend/愛しい人 (2006年4月12日)
  6. 君に願いを (2006年7月5日)
  7. 咲き誇る華の様に/歌舞伎男子 (2007年6月20日)
  8. 素晴らしきかな、この世界 -WHAT A WONDERFUL WORLD- (2007年11月14日)
  9. 陽の光さえ届かないこの場所で feat. SUGIZO (2008年1月16日)
  10. Survive (2010年3月10日)[デジタルシングル]
  11. TORTURE (2010年9月15日)
  12. WHAT'S MY NAME? e.p. (2011年2月2日)
  13. STRONG (2011年10月5日)MIYAVI vs KREVA
  14. DAY 1 (2012年7月11日)MIYAVI vs YUKSEK
  15. Ahead Of The Light (2013年2月20日)

アルバム

  1. 雅-miyavizm-主義 (2005年6月1日)
  2. MYV☆POPS (2006年8月2日)
  3. 雅-みやびうた-歌 〜独奏〜 (2006年9月13日)
  4. 7 SAMURAI SESSIONS -We're KAVKI BOYZ- (2007年7月18日)
  5. 雅-THIS IZ THE JAPANESE KABUKI ROCK- (2008年3月19日)
  6. 雅-miyavi- Remixx album 【Room No.382】 Remixed by TeddyLoid (2008年12月24日)
  7. VICTORY ROAD TO THE KING OF NEO VISUAL ROCK (2009年4月22日)
  8. FAN'S BEST (2010年3月24日)
  9. WHAT'S MY NAME? (2010年10月13日)
  10. LIVE IN LONDON 2011(2011年5月2日)
  11. SAMURAI SESSIONS vol.1 (2012年11月14日)
  12. MIYAVI (2013年6月19日)

映像作品

  • 一人芸2 〜帰ってきたMr.ヴィジュアル系〜 (2005年12月7日)
  • 一人芸3 (2007年1月17日)
  • 25周年記念公演・東京芸術劇場5days 〜独奏〜 (2007年5月2日)
  • The Beginning Of NEO VISUALIZM Tour 2007-下克上-Live at 渋谷公会堂(C.C.Lemon Hall) 2007年12月25日 (2008年5月7日)
  • THIS IZ THE ORIGINAL SAMURAI STYLE-雅的二十一世紀型世界見聞録+歌舞伎男子的近代浮世動画集 (2008年12月24日)

テレビ

映画

  • おれさま

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 雅-MIYAVI-×亀田誠治、“侍”アルバムに込めた熱い思い”. ナタリー (2012年11月14日). 2012年12月20日閲覧。
  2. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2013年6月号、MIYAVI 世界デビュー盤完成、EDMサウンドを飲み込み破格の進化を果たした新作とは、 p27
  3. ^ “MIYAVI、世界デビューアルバム『MIYAVI』のジャケット写真&トラックリストを発表”. ロッキング・オンの音楽情報サイト アールオーロック. http://ro69.jp/news/detail/82172 2014年7月19日閲覧。 

関連項目

外部リンク