MIYAVI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雅-MIYAVI-から転送)
移動: 案内検索
MIYAVI
ニューヨークにて(2011年)}
ニューヨークにて(2011年)
基本情報
別名 雅-MIYAVI-
出生 1981年9月14日(33歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府
血液型 AB型
ジャンル ミクスチャー・ロック
オルタナティヴ・ロック
職業 シンガーソングライター
ギタリスト
作詞家
作曲家
俳優
実業家
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 2002年 -
レーベル Universal Music Japan
事務所 J-glam Inc.
共同作業者 Dué le quartz
KAVKI BOIZ
S.K.I.N.
亀田誠治2012年 - )
公式サイト myv382tokyo.com

MIYAVI(みやび、1981年9月14日 - )は、日本ミュージシャン大阪府出身。血液型はAB型。身長181cm。2009年に独立し、個人事務所・J-glam Inc,の代表取締役を務める。

エレクトリックギターピックを使わずに全て指で弾くという独自の“スラップ奏法”で世界から注目を集め、これまでに北米、南米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど約30カ国250公演以上のライブを行い、4度のワールドツアーを成功させている。その実績などから「サムライギタリスト」の異名を持つ。

来歴

1981年9月14日、日本人の母親と日本に帰化した元在日韓国人二世の父親の間に大阪市此花区西九条で生まれる。小学校でサッカーを始め、セレッソ大阪のジュニアユースに所属する。県選抜に選ばれ、プロのサッカー選手になることを夢見るも15歳の時に足を負傷。それをきっかけにチームを離脱し、サッカーを断念。高校を自主退学し音楽と出会いギターを始め、17歳のとき恩人の先輩の死にショックを受けそのまま上京。ライブハウスでヴィジュアル系ロックバンドDué le quartzのメンバーと出会い、そのまま一泊し、一晩で作曲を終えてたことがきっかけとなり加入することとなった。最年少ながら作詞・作曲・編曲のほぼ全てを手掛けた。

ギタリスト、コンポーザーを経て、2002年10月31日にアルバム『雅楽-gagaku』より、「雅-miyavi-」名義でソロ活動を開始。2004年10月20日、シングル「ロックの逆襲 -スーパースターの条件-/21世紀型行進曲」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。

2006年、シングル『君に願いを』をリリースした後単身ロサンゼルスに3カ月間留学。その後日本に帰国し、シングル『咲き誇る華の様に/歌舞伎男子』で活動を再開、またセッションバンド・KAVKI BOIZを新たに結成、ラップ、タップ、和太鼓やボディペイントなど様々なジャンルのパフォーマーと共演。YOSHIKIの新ユニット・S.K.I.N.にもギターとして加入した。

2009年、元歌手であるMelody.と入籍。当時既にMelody.の妊娠が発覚していた。その後、同年7月に第一子が誕生。翌年10月には第二子が誕生。

2010年、所属レーベルをEMIミュージック・ジャパンに移籍することを発表。またアーティスト表記を「雅-MIYAVI-」にすることも発表した。

2011年10月より、ジャンルの異なるアーティストたちとセッションするプロジェクト「SAMURAI SESSIONS」を始動[1]

2012年11月14日、トータル・プロデューサーに亀田誠治を迎え、さまざまなアーティストと“対戦”するコラボレーション・アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.1』をリリース。

2013年6月19日、プロデューサーにディーン・ギラードを起用したアルバム『MIYAVI』をリリース。世界進出を目的に制作されたアルバムであり、海外でもリリースされる。また、アーティスト表記も「MIYAVI」に統一した[2]

2014年7月16日リリース、日本男性アイドルグループSMAPのシングル「Top Of The World」の作曲を手掛ける。

9月10日、シングル「Real?」と2月~6月に行ったワールドツアードキュメント&ライブDVD『MIYAVI, the Guitar Artist-SLAP THE WORLD TOUR 2014』を同時リリース。

冬に世界公開予定のアンジェリーナ・ジョリー監督映画「Unbroken」で、俳優としてハリウッドデビューする予定。

演奏スタイル

激しくパーカッシヴなタッチのプレイスタイルを持ち味とし、ピックを使わないスラップ奏法で演奏している。このスタイルはベースチョッパー三味線に影響を受けている。

2010年からは、所謂ヴィジュアル系シーンからは距離を置き、サポートドラマー・BOBO54-71)と組み、ギタードラムというシンプルなスタイルでライブ活動を展開している。

人物

影響を受けたギタリストはスティーヴィー・レイ・ヴォーンロバート・ジョンソン、サンハウス、B.B.キング等、ブルースマンが多い。また、LUNA SEASUGIZOを尊敬している。彼とはS.K.I.Nで同じバンドメンバーであった上、2008年にはシングル「陽の光さえ届かないこの場所で feat. SUGIZO」でコラボレーションを果たした。また他に、Gacktのことを「ガク兄ぃ」と呼び、慕っている。

自身のファンの事を「Co-miyavi=仔雅(こみやび)」と呼ぶ。

ディスコグラフィ

シングル

リリース日 タイトル オリコン
チャート
最高
順位
登場
回数
インディーズ
1st 2002年11月30日 死んでもBoogie-Woogie - -
2nd 2002年11月30日 POP is dead - -
3rd 2002年12月18日 ジングルベル (仮) 40位 4回
4th 2003年4月16日 自分革命-2003- 30位 3回
5th 2003年6月25日 タリラリタララ♪ 42位 2回
6th 2003年9月3日 Coo quack cluck -ク・ク・ル- 43位 3回
7th 2004年6月23日 あしタ、元気ニなぁレ。 22位 4回
メジャー
1st 2004年10月20日 ロックの逆襲 -スーパースターの条件-/21世紀型行進曲 10位 7回
2nd 2005年5月4日 Freedom Fighters -アイスクリーム持った裸足の女神と、機関銃持った裸の王様- 10位 5回
3rd 2005年10月12日 結婚式の唄〜季節はずれのウエディングマーチ〜/Are you ready to ROCK? 6位 8回
4th 2006年1月18日 セニョールセニョーラセニョリータ/Gigpigブギ 10位 5回
5th 2006年4月12日 Dear my friend/愛しい人 6位 6回
6th 2006年7月5日 君に願いを 26位 4回
7th 2007年6月20日 咲き誇る華の様に/歌舞伎男子 12位 7回
8th 2007年11月14日 素晴らしきかな、この世界 -WHAT A WONDERFUL WORLD- 13位 4回
9th 2008年1月16日 陽の光さえ届かないこの場所で feat. SUGIZO 10位 4回
配信 2010年3月10日 Survive - -
10th 2010年9月15日 TORTURE 26位 3回
11th 2011年2月2日 WHAT'S MY NAME? e.p. 57位 3回
12th 2011年10月5日 STRONG[3] 22位 4回
13th 2012年7月11日 Day 1[4] 44位 2回
14th 2013年2月20日 Ahead Of The Light 21位 4回
15th 2014年9月10日 Real? 23位 TBA

アルバム

スタジオアルバム

リリース日 タイトル オリコン
チャート
最高
順位
登場
回数
インディーズ
1st 2002年10月31日 雅楽-gagaku - -
2nd 2003年12月2日 雅-galyuu-流 44位 2回
メジャー
1st 2005年6月1日 雅-miyavizm-主義 10位 4回
2nd 2006年8月2日 MYV☆POPS 15位 3回
3rd 2006年9月13日 雅-みやびうた-歌 〜独奏〜 25位 2回
4th 2008年3月19日 雅-THIS IZ THE JAPANESE KABUKI ROCK- 25位 5回
5th 2010年10月13日 WHAT'S MY NAME? 26位 3回
6th 2012年11月14日 SAMURAI SESSIONS vol.1 21位 12回
7th 2013年6月19日 MIYAVI 8位 13回

その他のアルバム

リリース日 タイトル オリコン
チャート
最高
順位
登場
回数
2007年7月18日 7 SAMURAI SESSIONS -We're KAVKI BOYZ- 44位 3回
2008年8月27日 AZN PRIDE-THIS IZ THE JAPANESE KABUKI ROCK 44位 2回
2008年12月24日 雅-miyavi- Remixx album 【Room No.382】 Remixed by TeddyLoid 127位 2回
2009年4月22日 VICTORY ROAD TO THE KING OF NEO VISUAL ROCK -SINGLES- 65位 5回
2010年3月24日 FAN'S BEST 212位 1回
2011年5月2日 LIVE IN LONDON 2011 - -

映像作品

リリース日 タイトル
インディーズ
2003年7月23日 デーブーイデー“下剋上”
2004年8月21日 一人芸
2004年12月1日 雅-miyavi-インディーズ・ラスト LIVE in 日本武道館(ってそのままやんけ。)〜「This is 王道。」編
2005年1月12日 雅-miyavi-インディーズ・ラスト LIVE in 日本武道館(タイトル長いな、しかし!!)〜「のり子の一日」編
メジャー
2005年12月7日 一人芸2 〜帰ってきたMr.ヴィジュアル系〜
2007年1月17日 一人芸3
2007年5月2日 25周年記念公演・東京芸術劇場5days 〜独奏〜
2008年5月7日 The Beginning Of NEO VISUALIZM Tour 2007-下克上-Live at 渋谷公会堂(C.C.Lemon Hall) 2007年12月25日
2008年12月24日 THIS IZ THE ORIGINAL SAMURAI STYLE-雅的二十一世紀型世界見聞録+歌舞伎男子的近代浮世動画集
2009年11月4日 VICTORY ROAD TO THE KING OF NEO VISUAL ROCK -CLIPS-
2010年3月24日 NEO TOKYO SAMURAI BLACK WORLD TOUR vol.1
2014年9月10日 MIYAVI, the Guitar Artist-SLAP THE WORLD TOUR 2014

参加作品

リリース日 アーティスト タイトル 収録作品
2011年2月9日 LIL BLACK WALL feat.雅-MIYAVI- Synchronize
2011年9月28日 土屋アンナ Master Blaster UNCHAINED GIRL

楽曲提供

リリース日 アーティスト タイトル 収録作品
2013年9月11日 山下智久 Stand Alone A NUDE
2014年7月16日 SMAP Top Of The World Top Of The World/Amazing Discovery

出演

映画

  • おれさま

CM

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 雅-MIYAVI-×亀田誠治、“侍”アルバムに込めた熱い思い”. ナタリー (2012年11月14日). 2012年12月20日閲覧。
  2. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2013年6月号、MIYAVI 世界デビュー盤完成、EDMサウンドを飲み込み破格の進化を果たした新作とは、 p27
  3. ^ 「MIYAVI vs KREVA」名義
  4. ^ 「MIYAVI vs Yuksek」名義

関連項目

外部リンク