ブールバール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブールバール: Boulevard)は街路樹や側道などを備えた広い道路。通常は片側2車線以上の広さがあり、自転車や歩行者のための側道などを備え、街路樹など景観にも配慮がされる。元々は19世紀パリで構築されシャンゼリゼ通りを代表例とするスタイルだが、都市計画上の手本とされるようになり、こうした高規格の大通りをブールバールと呼ぶ例がフランス各地や世界各国にも存在している。英語圏ではブールバードのように発音し、しばしばBlvdと省略表記される。

フランス[編集]

マルセイユの路地Boulevard de Magallon

元来Boulevardは城壁上の通路を指す語であったが、パリではルイ14世が城壁を壊して跡地を道路としたことから大通りを意味するようになった。19世紀ナポレオン3世治下のセーヌ県知事ジョルジュ・オスマンが取り組んだパリ改造によって、城壁とは無関係に新たな大通りが作られ街路樹などが整備された。

パリでは1860年以降、環状街路にBoulevard、放射状街路にAvenueと名付ける規則になっているが、それ以前に作られた大通りには例外もある。なお南仏のマルセイユトゥーロンなどでは、街路樹のないような小さな街路にもBoulevardと名付けられている例がある。bvdまたはbdと省略表記される。

英語圏諸国[編集]

イギリスではブールバードという語は通りの名に使われないし、そう呼べるような高規格な街路自体があまり一般的ではない。たとえばオックスフォード・ストリートロンドンを代表する大通りであるが、道幅は狭く街路樹も一部にしか存在しない。ロンドンでは1666年の大火事の後に大規模な街路整備が計画されたものの実現しなかったのである。ノッティンガムミルトン・キーンズなどで規模の大きな例を見ることができる。アイルランドでも同様であるが、ダブリンにはブールバール式の巨大な街路があり、また近年の住宅開発にともなってブールバードと名付けられた通りが増えてきている。

アメリカ合衆国カナダでは通りの名称として非常に普及している。シカゴシアトルは大規模な街路で構成された都市として著名な例である。しかしカリフォルニア州でのように、大通りだけではなく山間へ続く2車線道路にまで名付けられている場合もある。

オーストラリアではBoulevardeと綴る例が多いほか、ブールバール式の街路が各地に存在している。

その他ヨーロッパ諸国[編集]

ロシアモスクワには、パリ同様に城壁の跡地を整備した環状の大通りБульва́рное кольцо́がある。オーストリアウィーンリングシュトラーセイタリアフィレンツェの環状道路 (Viali di Circonvallazione) も城壁の跡地を大通りとして整備したものである。

ドイツベルリンのカール・マルクス通り (Karl-Marx-Allee) はブールバール式の巨大街路として有名である。

ラテンアメリカ[編集]

スペイン語圏ではBulevarと呼ばれ、Blvrと省略表記される。ポルトガル語でもBulevarとなるのだが、ブラジルではBoulevardと綴る場合が多い。

アジア[編集]

イスラエルテルアビブは当初ブールバール式の街路を用いて計画された都市であり、現在でもそうした街路がテルアビブを印象づけている。中でもロスチャイルド・ブールバード (Rothschild Boulevard) は目抜き通りとして有名である。これはロスチャイルド家のエドモンド・ジェイムス・ロスチャイルドの功績をたたえて命名された。 台湾では、高雄市のMRTの駅に、美麗島 (Formosa Boulevard) という駅がある。

日本[編集]

ブールバール(東広島市)

広小路大通りに相当するが、日本にもこの名称をもつ道路がいくつかある。

関連項目[編集]