ジャック・ロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ロード
Jack Lord
本名 John Joseph Patrick Ryan
生年月日 1920年12月30日
没年月日 1998年1月21日(満77歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ州
職業 俳優
配偶者 Marie de Narde
主な作品
ハワイ5-0

ジャック・ロード(Jack Lord、本名John Joseph Patrick Ryan1920年12月30日-1998年1月21日[1][2])はアメリカ合衆国の俳優。テレビドラマ『ハワイ5-0』のスティーブ・マクギャレット役で知られる。

来歴[編集]

ニューヨーク市ブルックリンに汽船会社の重役の子として生まれる[1][2]。フットボールの奨学金を得てニューヨーク大学で美術を専攻[1][2]。ロードの描いた絵画はメトロポリタン美術館に架かっている[2]。大学を中退して地中海で船員として働く[3]。ニューヨークに戻ると、ショールームでキャデラックを売りながら[1][3]、夜間にネイバーフッド・プレイハウスで演劇を学び[1][2]アクターズ・スタジオでもマーロン・ブランドポール・ニューマンと共に学んで[2]ブロードウェイで『熱いトタン屋根の猫』などの舞台に出演した[1]。1955年にロサンゼルスに移住[3]。テレビドラマや映画に出演し、『007 ドクター・ノオ』ではショーン・コネリー演ずるジェームズ・ボンドに協力するCIAフェリックス・ライターを演じた[2]

1968年から始まった刑事もののテレビドラマ『ハワイ5-0』では、主役のスティーブ・マクギャレットを演じた。このドラマはハワイが舞台で同地でオール・ロケが行われたため、ロードはハワイに居住した。同ドラマは12シーズンの長寿番組となり、80ヶ国以上で放映された。ロードは同番組で主演しただけでなく、制作にも深く関わり、何本かは監督も行った。1980年にドラマが終了した後もロードはハワイに住み続け、同地で死去した[1][2]

私生活[編集]

船員をしていたとき乗客と結婚し、妊娠を知らされるが、彼女がアメリカ合衆国での生活を望まなかったため離婚した。生まれた息子とは幼少のとき一度だけ会ったが、13歳のときに事故死した[3]。1952年にファッション・デザイナーをしていた[1]年上の Marie de Narde と再婚する[3]が、こちらは子供に恵まれなかった[1]

主な出演[編集]

映画[編集]

  • 軍法会議 - The Court Martial of Billy Mitchell(1956年)
  • 放浪の王者 - The Vagabond King(1956年)
  • 決断 - The Hangman(1958年)
  • 真昼の欲情 - God's Little Acre(1958年)
  • 西部の人 - Man of the West(1958年)
  • 007 ドクター・ノオ - Dr.No(1962年)
  • 縛り首の三人 - The Ride to Hangman's Tree(1967年)

テレビ[編集]

参照[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]