ドリームハンター麗夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドリームハンター麗夢』 (ドリームハンターレム) は、1985年から1992年にかけて発売された、OVA(原作・総監督: 奥田誠治)を主体とするメディアミックス作品、及びそのシリーズ。OVAは全6巻(リメイク作品1巻を含む)。

概要[編集]

眠っている間にの中に入ることができるドリームハンターの綾小路麗夢が、人々を悪夢で苦しめる夢魔と戦う。ストーリーは正統派のホラー物をベースとしつつ、アクションシーンにウエイトが置かれた作品である。

1作目『ドリームハンターレム(麗夢)』は1985年6月にサイ・エンタープライズのレーベル「オレンジビデオハウス」より18禁作品としてリリースされた後、18禁シーンを差し替えた一般作品にリメイクされ、第2話を追加したスペシャルバージョンとして再リリースされるという異例の経過をたどった。

『ドリームハンター麗夢スペシャルバージョン 惨夢、甦る死神博士』には、OVAとしては世界で初めてドルビーサラウンド方式の立体音響が採用されている。

1986年9月には2作目『ドリームハンター麗夢 聖美神(せいびしん)学園の妖夢』が、1987年2月には3作目『ドリームハンター麗夢 夢隠(ゆめがくし) 首なし武者伝説』がいずれも一般作品としてキングレコードからリリースされた。3作目のリリース直前には制作元のサイ・エンタープライズが倒産し、シリーズ展開は休止となったが、1988年以降にはオリジナルドラマを含むCDや小説などが相次いで発売されている。1990年には別会社でビデオプロジェクトが再開され、OVA2巻やCDによるメディアミックス展開が行われた。

2000年以降も、漫画雑誌に複数回連載されたりカプセルトイが発売されるなどコンテンツの展開が続いており、2006年から2007年にかけては既発作品が2セットのDVD-BOXにまとめられ、発売された。

2013年現在は、原作:奥田誠冶、作画:火浦Rによる漫画での新作展開が中心となっている。

主要登場人物[編集]

綾小路 麗夢(アヤノコウジ レム)
- 松井菜桜子
他人の夢の中に入る超能力を持っている少女。夢の中から人の命を蝕んそでいく悪魔「夢魔」を退治する事を使命とする「夢守の民」(ドリームガーディアン)の末裔であり、ドリームハンターと名乗っている。外見は中学生程度に見えるが実年齢、家族構成など、プライベートなことについては一切不明。ただし年齢に関しては作品中に学生時代を懐かしむ描写がある。職業は私立探偵。青山の裏通りに「綾小路探偵事務所」を構え、ここを活動の拠点としている。自称「何でも屋探偵」。広告などは出さず、依頼は口コミによる紹介が主である。その事もあり、実際には取り扱う事件は怪奇現象を伴った物が多い。愛車は青のホンダシティ カブリオレ(AA型)。『殺戮の夢幻迷宮』及び原作となった小説『フロイト城幻夢譚』では赤のプジョー205GTI輸出仕様(右ハンドル)をカブリオレに改装したものに乗り換えている。いずれもゼペットじいさんの手により改造が施されておりミサイルランチャー等の火器が内蔵搭載されている。『ドリームハンター麗夢XX 蒼の機関騎士』ではハマーH2が愛車となっており従来のミサイルランチャーなどの火器に加えステルス機能も搭載されているようである。
依頼者や被害者、あるいは円光の前では理性的な態度を取っているが、体重計数字に一喜一憂したり、激昂して拳銃を乱射したりするシーンもある。夢の中での戦闘時にはビキニアーマーを着用するがそれ以外では着用しない。
アルファ
声 - 後藤真寿美深雪さなえ
麗夢のペットで、サポート役の子猫。巨獣化できる。
ベータ
声 - 龍田直樹
麗夢のペットの子犬。アルファと同様に巨獣化できる。生霊と死霊を嗅ぎ分ける能力を持つ。
円光(エンコウ)
声 - 速水奨
謎の修行僧。夢に入ることはできないが、法術や念力を使って、夢の外から夢魔の行動に干渉する能力を持っている。また現実世界においては、その能力に加え、人間離れした体術を駆使し、夢魔と戦う。麗夢に恋している。
榊警部(サカキケイブ)
声 - 内海賢二
本名、榊 純一郎(サカキ ジュンイチロウ)。警視庁警部のゆかりが死夢羅博士に悪夢を見せられた事件で麗夢と知り合う。その事件が解決した功績が認められたためか、以降は解決不能と思われる怪奇事件を担当させられることが多い。喫煙家で銘柄LarKを吸う。『ドリームハンター麗夢alternative』では捜査第8課、通称「超常課」創設に伴い責任者(課長補佐)に就任。
鬼童海丸(キドウウミマル)
声 - 池田秀一
超心理学研究している元城西大学助教授で、コンピューターエキスパート。円光とは恋敵。
鬼堂海丸の名の読み方については、ビデオ版、コミック版ではキドウウミマル、 CD版ではキドウカイマルとなっている。
死神博士(シニガミハカセ)
声 - 大木民夫 / 永井一郎超ヒロイン戦記
本名、死夢羅(シムラ)。別名、メフィストフェレスともルシファーとも二つ名を持つ悪魔とも云われている。麗夢と同じく夢守の民の末裔だが、麗夢とは反対に夢を介して猟奇殺人を繰り広げる。
豪徳寺 美雪(ゴウトクジミユキ)
声 - 吉田美保
榊 ゆかり(サカキユカリ)
声 - 鷹森淑乃
榊 純一郎(榊警部)の娘。
ゼペット
声 - 峰恵研
表向きは自動車修理工を営んでいるが裏ではあらゆる武器を売買する死の商人の顔を持つ。麗夢とは昔から顔馴染みのようであり麗夢の愛車ホンダシティ カブリオレプジョー205GTIの特注改造を請負ったりしている。

用語[編集]

夢魔(ムマ)
本作品における敵性存在の総称で、夢の中に現れ、人間に対して危害を加える魔物。エクトプラズムで擬似的な肉体を構成し、現実世界で活動することもある。通常は魔界に存在しており、人間(生者、死者は問わない)のネガティブな感情が呼び水となって、人間界に呼び出される。なお、本作品には悪霊なども登場するが、それらは夢魔とは別物とされている。
コルト44マグナム(コルトフォーティフォーマグナム)
麗夢の得物で対魔物(夢魔)、対モンスター用に設計された銃である。弾丸はシルバー(銀)製で先端に十字の切れ目が入れてある(本人談:吸血鬼も狼男も倒せる)。コルトパイソンの機動力(軽さ)と44マグナム弾の威力を兼ね備えた銃である。実在しない銃であるが、コルトパイソン(357マグナム)をベースに44マグナム弾に対応したカスタム銃だと思われる。レムの作品発表は1985年であるが、1990年にはコルト社からアナコンダ(44マグナム)が実際に発売された。
綾小路探偵事務所(アヤノコウジタンテイジムショ)
青山にある麗夢の本拠地。繁華街から離れた地区にひっそりと存在している、非常に古いプレハブ風アパートの、2階の一室が事務所となっている。雑居ビルがアパートの敷地全体を包囲するように建っており、外部と繋がる道路は路地同然の細い道しかないという、隠れ家のような立地条件になっている。建物の規模に対して、周囲の土地はかなり広く空いているが、何のためのスペースなのかは不明。麗夢の使用する車両は、この建物の地下にあるガレージに駐車している。このアパートに、麗夢以外の住人がいるかどうかは不明。
夢の戦士(ユメノセンシ)
麗夢が夢の中で変身した姿を指す。露出度の高いビキニアーマーを纏い、光り輝く剣を持ち、常人を超越した身体能力で夢魔と戦う。胸の部分に布地を使用しているなど、一見防御面で不安があるがREM睡眠の波動で守られ無敵状態となる。変身後の等身サイズも若干ながら変化する。「夢隠 首なし武者伝説」では盾を装着する。
夢守りの民(ユメモリノタミ)
かつて日本に存在していたという民族。麗夢同様、他人の夢に入る能力を持っており人々の夢を悪夢から守ったと伝えられている。麗夢はこの末裔ではと言われており、麗夢自身もある程度のことは知っているようではあるが、詳細は不明。諸外国にも、同様の存在を伝える伝承が残っており、ドリームガーディアンと呼ばれることもある。

主題歌[編集]

ドリームハンター麗夢
だきしめてもう一度
やさしい恋ドロボウ
3曲すべて 作詞:いつか、作曲:後藤英雄、演奏:琴路BAND、唄:松井菜桜子

スタッフ[編集]

映像ソフト・関連商品[編集]

映像ソフト[編集]

ビデオ
  • ドリームハンターレム(麗夢) (1985年6月10日、オレンジビデオハウス
  • ドリームハンター麗夢スペシャルバージョン 惨夢、甦る死神博士 (1985年12月5日、オレンジビデオハウス)
  • ドリームハンター麗夢II 聖美神女学園の妖夢 (1986年9月5日、サイ・エンタープライズ) 販売:キングレコード
  • ドリームハンター麗夢III 夢隠 首なし武者伝説 (1987年2月5日、サイ・エンタープライズ) 販売:キングレコード
  • NEWドリームハンター麗夢 夢の騎士達 (1990年12月16日、メルダック
  • NEWドリームハンター麗夢 殺戮の夢幻迷宮 (1992年8月21日、サイクロン))
ビデオ(再発売)
  • ドリームハンター麗夢II 聖美神女学園の妖夢(廉価版) (1992年4月22日、キングレコード)
  • ドリームハンター麗夢III 夢隠 首なし武者伝説(廉価版) (1992年4月22日、キングレコード)
LD
第1作にあたる「オレンジアニメーション ドリームハンター麗夢」は、LD化はされなかった。
「スペシャルバージョン」「II」「III」は、それぞれの発売から約1年後、「夢の騎士達」「殺戮の夢幻迷宮」は、ビデオの発売とほぼ同時期にLDが発売されている。また、IIとIIIは一度絶版になった後、パッケージデザインを変更した廉価版のビデオと、IIとIIIを1枚に収録したカップリングLDが再発されている。
収録内容については、「II」にはLD化に際してセリフが変更された個所が確認されている。変更といっても、語尾の微妙な言い回しの変更などであり、よくある禁止用語の入った個所の音声が消されたというような類のものではない。
  • ドリームハンター麗夢スペシャルバージョン 惨夢、甦る死神博士 (1986年12月10日、オレンジビデオハウス)
  • ドリームハンター麗夢II 聖美神女学園の妖夢 (1987年6月21日、キングレコード)
  • ドリームハンター麗夢III 夢隠 首なし武者伝説 (1987年7月21日、キングレコード)
  • ドリームハンター麗夢II・III カップリングバージョン (キングレコード)
  • NEWドリームハンター麗夢 夢の騎士達 (メルダック)
  • NEWドリームハンター麗夢 殺戮の夢幻迷宮 (サイクロン)
DVD
オンリー・ハーツよりリリース。BOX 1はアダルト版である1作目を除くサイ・エンタープライズ製作の初期3部作を、BOX 2はNEWシリーズの2部作に加え、CDドラマ集と大塚あきらの漫画が収録されている。
  • ドリームハンター麗夢 DVD-BOX 1 (2006年11月22日)
  • ドリームハンター麗夢 DVD-BOX 2 (2007年5月23日、オンリー・ハーツ)

サントラ・CDドラマ[編集]

レコード / CD(サントラ)
キングレコードから発売。
  • ドリームハンター麗夢音楽集 LP
  • ドリームハンター麗夢 SONGS & MUSIC (1987年) LP
  • ドリームハンター麗夢SPECIAL (1987年12月21日) LP/CD
  • ドリームハンター麗夢SPECIAL (1993年1月9日) 上記の再発売CD
  • Tight Beatで 呼び出して c/w Boy シングル
CDドラマ
下記2作品はキングレコードよりオリジナルCDドラマとして発売。
  • ドリームハンター麗夢 電脳空域の迷路 (1988年10月21日)
  • ドリームハンター麗夢 南麻布魔法クラブ (1989年4月21日)
下記2作品の発売はメルダック。
  • NEWドリームハンター麗夢 夢の騎士達 (1990年11月21日) 同名OAVの先行イメージアルバム
  • NEWドリームハンター麗夢 夢の騎士達 VOICE MOVIE (1991年1月21日) 同名OVAのCDドラマ版
下記2作品の発売はサイクロン。
  • NEWドリームハンター麗夢 総統のメルセデス (1992年4月25日) オリジナルCDドラマ
  • NEWドリームハンター麗夢 殺戮の夢幻迷宮 (1992年9月25日) 同名OVAのCDドラマ版

書籍[編集]

小説
  • ドリームハンター麗夢V 夢サーカス美少女地獄篇 (1989年11月10日発行、徳間コミュニケーションズ
  • ドリームハンター麗夢 フロイト城幻夢譚 (1992年1月30日発行、勁文社
漫画(雑誌掲載作品)
単行本
  • ドリームハンター麗夢XX 蒼の機関騎士(キルタイムコミュニケーション刊) 火浦R・隈崎悟(脚本)(2009年)(スレイブヒロインズにて連載されたドリームハンター麗夢XXの単行本)
  • ドリームハンター麗夢alternative(キルタイムコミュニケーション刊)原作:奥田誠冶 作画:火浦R(2012~2013年)コミックヴァルキリーに連載された同名作品の単行本、全2巻)
アンソロジーコミックス
ラポートより発行。
  • ぱあてぃ おぶ 麗夢 (1991年1月20日発行)
  • ふぇすた おぶ 麗夢 (1992年8月20日発行)
ムック
徳間コミュニケーションズより発行。
  • ドリームハンター麗夢I (1987年12月10日発行)
  • ドリームハンター麗夢II (1988年4月10日発行)
  • ドリームハンター麗夢III (1988年7月20日発行)
  • ドリームハンター麗夢SP (1990年3月31日発行)

このほか、デジタルギャルズパラダイスフィギュアコレクションでフィギュアが販売されている。

実写版[編集]

DVD-BOXの企画を行ったオフィス・ファンタム[1]の「天海麗☆オフィス・ファンタム Blog」では、『麗夢』のDVD化情報の告知や『麗夢II』で初めてOVAで作画監督を務めた逢坂浩司へのインタビューなども行っており[2]、2005年には所属のAV女優天海麗主演でオリジナルビデオの企画が進行との記述があったが[3]単独で製作はされず、麗夢と同じ世界観の新作オリジナルビデオ「D.D.ブレイカー」のプロモーションとしてマイウェイ出版のムック「ヒロイン凌辱クラブvol.01」の付録DVDに収録された「ドリームハンター天海麗×D.D.ブレイカー姫咲りりあ」が製作された。

出典[編集]

外部リンク[編集]