数字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

数字(すうじ、: numeral)とは(数値、数量、number)を表現するための記号(figure, digit)および文字(character, letter)である。

ただし日本では、数字自身と混同されることが多いが、これによって問題を生じることもある。

また、企業によっては売上や顧客数・視聴率(放送業界)など、数値によって表わされる業績を「数字」と呼ぶことがある。

アラビア数字の 1, 2, 3, 4, 5, ... とローマ数字の I, II, III, IV, V, ... とは異なる数字だが、同じ数を表す。一方、数を表す数詞と呼ばれる。

欧米語では,数を表す数字の記号(figure, digit:例はアラビア数字)と文字(character, letter:例はローマ数字)とを区別している。

非常に多くの数字体系で、1 は 1 本の線あるいは点として表される。また、2, 3 などは 1 を表す記号を並べて表される。これは、もともと数の表記が数える対象物と記号との一対一対応であったことの名残であると考えられる。

おもな数字の体系[編集]

関連項目[編集]