エトルリア数字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エトルリア数字(英語: Etruscan numerals)とは古代エトルリアで使われていた数字である。その記数法は、古代ギリシアアッティカ数字に適合し、後のローマ数字の発想の着眼点となった。

エトルリア数字 アラビア数字 記号 *
θu 1 Etruscan Numeral 1.svg
maχ 5 Etruscan Numeral 5.svg
śar 10 Etruscan Numeral 10.svg
muvalχ 50 Etruscan Numeral 50.svg
? 100 Etruscan Numeral 100.svg or C

エトルリア数字に関しては、ごく僅かの証拠しか残っていない。大きな数字に関しての記号遺跡より発掘されているが、各々の数字がどのような記号で表されるかは証拠が見つかっていない。しかしトスカーナで発見されたサイコロに書かれた数字のおかげで、zal, ci, huθ そして śa6の目の周りにある数(1と5以外の目)であるという事実が、確たる物になった。この割り当ては、エトルリアのサイコロも今日の物と同様、自分と反対側との目の和が7であるという疑問に対する解答に頼っている物である。実際の所、エトルリアのサイコロは、必ずしもこのパターンになっていない(自分と反対側との目の和が7でない)物も見つかっているのである。

エトルリア数字の命数法には、興味深い側面もある。例えばローマ数字のように、部分的に減法を用いる数字もある。一例として「17」は、ヒンズー・アラビア数字と同様の理由で、*semφ-śarとは表記されない。代わりに<ci-em zaθrum>と表記される(20から3を引いた物と言う意味)。17,1819は全て20から減法を用いるやり方で表記される。

一般的な適合表[編集]

エトルリア研究家の間では今日、以下の表で表される一般的なアラビア数字との適合表がある(但し、huθとśaに関しては4か6かで、絶えず新たな証拠が見つかるため、常に議論の的となっている)。

エトルリア数字 アラビア数字
θu 1
zal 2
ci 3
śa 4
maχ 5
huθ 6
semφ 7
*cezp 8
nurφ 9
śar 10
*θuśar 11
*zalśar 12
*ciśar 13
huθzar 14
*maχśar 15
*śaśar 16
ciem zaθrum 17
eslem zaθrum 18
θunem zaθrum 19
zaθrum 20
cealχ 30
*huθalχ 40
muvalχ 50
śealχ 60
semφalχ 70
cezpalχ 80
*nurφalχ 90

2011年10月、アルティオリと彼の同僚は93個のエトルリア・サイコロから「6が記号上でhuthと同じで、4がsaに相当する確たる証拠である」と発表した[1]

2006年には、S. A. ヤストレムスキーがzarśarと同義で、「12」を意味する証拠を発表した(cf. zalが「2」 であり、zaθrumが「20」である、一方でhalχは「10」を意味する)。彼の解釈によると、huθzarは「17」ではなく「16」として使われ、それ故huθが「4」で有る事を証明する形となった[2]

17,18,19を意味する言葉は、ラテン数字の命数法にduodeviginti(18)とundeviginti(19)と言う形で影響を与えている。これは、それぞれ「20より2少ない数」,「20より1少ない数」(エトルリア語-(n)em英語fromを意味する)という意味である。18と19の形態は、新ローマ語からは消えてしまったのである。

エトルリア数字がインド・ヨーロッパ祖語を起源とする形跡は、今の所見つかっていない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Artioli, G., Nociti, V., Angelini, I., "Gambling with Etruscan Dice: a Tale of Numbers and Letters", Archaeometry, Vol. 53, Issue 5, October 2011, pages 1031–1043 (Abstract(英語)).
  2. ^ Etruscan numerals: problems and results of research (PDF), S. A. Yatsemirsky

外部リンク[編集]