ダーティハリー2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダーティハリー2
Magnum Force
監督 テッド・ポスト
脚本 ジョン・ミリアス
マイケル・チミノ
製作 ロバート・デイリー
出演者 クリント・イーストウッド
音楽 ラロ・シフリン
撮影 フランク・スタンリー
編集 フェリス・ウェブスター
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年12月25日
日本の旗 1974年2月9日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $39,768,000[1]
前作 ダーティハリー
次作 ダーティハリー3
テンプレートを表示

ダーティハリー2』(原題 Magnum Force)は、1973年製作のアメリカ映画ワーナー・ブラザーズ提供。

『ダーティハリー』シリーズの2作目。前作を超えるヒットを記録する。監督のテッド・ポストは1968年のイーストウッドの主演作『奴らを高く吊るせ!』の監督も務めている。


あらすじ[編集]

サンフランシスコ市警察ハリー・キャラハンはある事件を追っていた。それは法の網をかいくぐる売春組織や麻薬組織の大物ばかりを狙った殺人事件であった。当初、ハリーは酒びたりの同僚・チャーリーを疑って捜査を開始するが、逆に彼は事件に巻き込まれ殺されてしまう。

やがてハリーは私刑執行人と称して勧善懲悪のために犯罪組織の大物を狙っている交通係の新人警官4人の存在を掴む。

警察の射撃大会が開催され、ハリーと決勝戦で対戦したのは4人のうちの1人、デイヴィスであった。ハリーはわざと負け、彼の拳銃を借りて的を故意に外して撃ち、その弾を取り出す。同僚・チャーリーを撃った弾とデイヴィスの弾は一致し、犯罪組織の大物を狙っているのは4人の新人警官であることが確実になった。

4人の新人警官はハリーを仲間に引き込もうとするが、ハリーはその誘いを一蹴する。その日からハリーは彼らから命を狙われるようになる。自宅の郵便受けに爆弾が仕掛けられ、ハリー自身は爆弾を見破り、それを取り外し難なくことなきを得るが、ハリーの相棒のアールが同じように自宅の郵便受けに爆弾が仕掛けられ犠牲になる。

ハリーは爆弾の件について上司のブリッグス警部補に連絡し、一味の証拠として持ち出した。途中で4人の襲撃を受けるが、実はこの4人には裏で指揮している黒幕はブリッグスであった。

登場人物[編集]

ハリー・キャラハン

ハリー・キャラハンの周辺人物[編集]

アーリー・スミス
ハリーの相棒で妻帯者。パンチパーマが特徴的。ハリーとの会話で前の相棒であるチコ・ゴンザレスが学校の教師をしているとあるが、このことから前作からアーリー・スミスと組むまで相棒がいなかった、または現場から離れていたと思われる。スーパーマーケットを襲った強盗を迎え撃つために店員に変装したりもする。犯人が自宅の郵便受けに仕掛けた爆弾で死亡。
使用武器はコルト・パイソン。現実の警察官に高級品のパイソンが支給される事は殆どない(後述の白バイ警官も同様)。
チャーリー・マッコイ
交通課(恐らく)の白バイ隊員。ハリーの10年来の友人。犯罪者を殺してでも犯罪を無くすべきだという過激な考えによってハリーに疑いを掛けられる。ハリーは彼を犯人だと推理し上司に進言するが、その直前に真犯人に殺害されていた。エンディングロール3番目にクレジットされているが出番は2シーンで時間的にもほんの数分程度に留まっている。テレビ版ではそのうちの最初のシーンがカットされてしまい、唯一の出番が射殺されるシーンと言う扱いである。
フランク・ディジョージオ
麻薬元締めの殺害を目撃するシーンと射撃大会の発砲シーン以外は今回は出番があまり無い。
ニール・ブリッグス
市警の殺人課警部補拳銃は使わない主義らしく、物語冒頭から全編を通じてハリーと対立する。吹替えでは主任と呼ばれていて、警部と呼ばれているハリーとねじれが生じている。ファーストネームがニールであることは中盤のハリーとブリッグスのやり取りがされたオフィスのドアに書かれている。
サニー
ハリーと同じアパートの住人、で日系人。字幕ではソニーと呼ばれている。アパートに仕掛けられた爆弾で危うく死亡するところをハリーに助けられる。

[編集]

ジョン・デイヴィス、マイク・グライムズ、フィル・スイート、レッド・アストラカン
新人の白バイ警官。法の網を掻い潜ってのさばる悪党たちを問答無用で殺害していく。「似たような捜査をしている」からとハリーに仲間になるよう要求するが、彼らの考えに同意できないハリーはそれを断る。スイートは犯罪組織との銃撃戦で殉職(彼らに言わせれば「必要な犠牲」らしいが)、グライムズはハリーの自動車による体当たりで死亡、アストラカンは肉弾戦で首を折られ、デイヴィスはハリーを深追いして白バイごと海に転落し自滅した。
全員コルト・パイソンの4インチを使用。一部では消音器を装着していた(実際には効果は無い)。他にもS&W M76サブマシンガン)を使用していた。
ニール・ブリッグス
市警の殺人課捜査員として犯罪者連続殺人事件を捜査していたが、実は彼こそがデイヴィスらを動かしていた黒幕だった。最後は「法廷に引き据えて死刑判決を受けさせる」といってデイヴィス達を殺したハリーを見逃し車で帰途に着いたが、ハリーが車内に忍ばせた(そもそも最初はハリーを殺すため彼のアパートに仕掛けられていた)時限爆弾で爆死した。
使用武器はS&W M19コルト・パイソン。パイソンは恐らくグライムズのものを拾ったと思われる。

犯罪者[編集]

カーマイン・リッカ
犯罪組織の首領。 デイヴィスらの『処刑』の最初のターゲットとなり、保釈されたばかりのところを弁護士、運転手もろとも射殺される。
JJウィルソン
売春の元締であり、売り上げを誤魔化したホステスを苛性ソーダで殺害したものの、後日真犯人に至近距離からマグナムを6発撃たれて射殺されている。役名はJJウィルソンだがこの名前は予告編でナレーターが呼んでいるだけであり、実際ホステスからはシドニーと呼ばれている。エンドクレジットで役名はpimp(ポン引き)になっている。演じているのは前作(ノンクレジット)で冒頭に銀行強盗し、ハリーから名台詞『well do you punk !』を投げかけられたアルバート・ポップウェルが演じている。
ルー・ガズマン
麻薬組織の首領。情婦とともにコンドミニアムにいたところを射殺された。
フランク・パランシオ
輸入食品会社を装った犯罪組織の首領。リッカと敵対していたためブリッグスの誘導によりリッカ殺しの嫌疑をかけられたうえ、部下とともにペントハウスにいたところを「偽警官による襲撃がある」との電話を受けたため、逮捕状を執行しに来たスイートを射殺してしまい銃撃戦となる。車で包囲網の突破を図ったが、ハンドル操作を誤り道路脇のクレーンに突っ込み死亡した。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
フジテレビ テレビ朝日
WOWOW追加録音)
ハリー・キャラハン クリント・イーストウッド 山田康雄 山田康雄
多田野曜平
ニール・ブリッグス警部補 ハル・ホルブルック 井上孝雄 仲村秀生
大川透
アーリー・“アール”・スミス フェルトン・ペリー 山田昌人 井上和彦
(同上)
ジョン・デイヴィス デヴィッド・ソウル 野沢那智 仲木隆司
木下浩之
マイク・グライムズ ロバート・ユーリック 津嘉山正種 幹本雄之
レッド・アストラハン キップ・ニーヴェン 小川真司 屋良有作
フィル・スウィート ティム・マシスン 中尾隆聖 堀川りょう
チャーリー・マッコイ ミッチェル・ライアン 小林勝彦 伊井篤史
シドニー アルバート・ポップウェル 内海賢二 飯塚昭三
フランク・パランシオ トニー・ジョージオ 阪脩 池田勝
キャロル・マッコイ クリスティーン・ホワイト 松金よね子 つかせのりこ
サニー アデル・ヨシオカ 小宮和枝 溝口綾
斉藤恵理
カーマイン・リッカ リチャード・デヴォン 加藤精三 清川元夢
高岡瓶々
ウォルター ジャック・コスリィ 藤本譲
売春婦 マーガレット・エイブリィ 柴田清子 高木早苗
ナット・ウィインステイン モーリス・アージェント 長堀芳夫 加藤正之
浦山迅
フランク・ディジョージオ ジョン・ミッチャム 西村知道 石森達幸
ルウ・ガズマン クリフォード・A・ペロー 笹岡繁蔵 広瀬正志
タクシー運転手 ボブ・マーケリング 宮村義人 増岡弘
リッカの運転手・ティノ ラス・モロ 増岡弘 徳丸完
青山穣
エスタ・ブロック ボブ・マーテ 丸山詠二 稲葉実
翻訳:飯嶋永昭、演出:小林守夫
その他の声の出演:谷津勲池田勝黒部鉄中村秀利
その他の声の出演:山口健目黒光祐
演出:春日正伸、翻訳:鈴木導、調整:中村修、効果:南部満治/大橋勝次、選曲:河合直、制作:ザック・プロモーション

Blu-ray Discのダーティハリー アルティメット・コレクターズ・エディションには吹き替えキャストがフジテレビ版が表記されているが、実際はテレビ朝日版が収録されている。

シリーズ作品[編集]

注釈[編集]

余談[編集]

  • 当初映画では空母でのアクションシーンの予定は無かった、1973年の撮影時点にサンフランシスコ港の一角に退役後も解体されずに存在していた、退役空母「シボニー」を使い、空母でのアクションシーンを追加した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]