ハリー・キャラハン (架空の人物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハリー・キャラハン(Harry Callahan)は、映画ダーティハリー』シリーズの主人公である。シリーズを通してクリント・イーストウッドが演じている。


人物[編集]

1930年サンフランシスコ生まれ。作中で具体的に描写されることは少ないが、気質や風貌、名前からアイルランド系とされる。サンフランシスコ市警察刑事部殺人課(日本の刑事部捜査第一課相当)に所属する刑事。階級はInspector(一般には警部、警視、警視長クラスの高級幹部のことだが、ハリーの属するサンフランシスコ市警察本部では、巡査・巡査部長クラスの刑事の階級・職名。ただし第2作目と、4作目で吹替えでは警部と呼ばれている。一般のDetectiveにあたる。アメリカ合衆国の警察#階級)。バッジナンバー2211。普通は他人が嫌がる汚れ仕事ばかりしているので仲間内から「ダーティハリー(汚れ屋ハリー)」とあだ名されている。

捜査の手段を選ぶ事は無く、時に暴力に訴える場合もある。法律が完全ではないため、自身が望む捜査が行えない事や時に犯罪者が野放しにされる状況を歯痒く思う事はあるが、「誰かが正してくれるまでは」法律を守る主義であり、逸脱は自らが(辞職などによって)責任を負う覚悟の上である。したがって、正体を隠しての私刑などに対しては断固反対であり、シリーズ第2作で警察内の秘密処刑集団に勧誘された際には、激しい怒りを見せてこれを拒絶している。

犯罪被害者の立場を尊重する傾向が強く、シリーズ第4作のラストではその心情と上記の信念が微妙なバランスを見せ、それまでにない判断で事件を決着させた。犯罪者も舌を巻く抜け目のなさを持ち、社会のありようそのものに深い絶望を見せながら、警察官であり続ける理由は「言っても信じないだろ」。

皮肉屋で、人間嫌いのひねくれ者を装っており、特に新米の同僚、マスコミ関係者に厳しい態度を取って見せる。が、一旦相手を認めれば信義に厚く、優しい面を見せることもある。上司、上役など上の人間にとっては極めて扱いにくい人間であり、市長ほどの権力者に対しても、決して主張を曲げない意地の持ち主である。

劇中では独身。シリーズ第3作で自身の結婚について問われた際、「まともな女はみんな逃げ出してるよ」と自虐的な言い回しで否定している。妻を事故で亡くしている。映画では私室ベッド脇の写真やハリーの台詞でわずかに触れられる程度だが、警察官としての彼の思想に影を落としている事は十分考えられる[要出典]。しかし、妻への愛に縛られるでもなく、女性関係はわりと奔放。事件関係者でもご近所さんでも、気が合えば簡単にベッドを共にする。

射撃、特に拳銃を使ったコンバットシューティング(実戦射撃)には超一流の腕を誇っており、市警の射撃コンテストでは長年チャンピオンの座を維持した。疾走するバスの屋根に陸橋から飛び乗る運動神経、自分より若手の刑事に負けない体力の持ち主。

煙草は吸わず、酒はビールのみ(これはハリー・キャラハンを演じるクリント・イーストウッド本人に共通する)。朝は行きつけのダイナードーナツとブラックコーヒー。昼と夜は、「ジャフィーの店」(Jaffy's)でホットドッグを食する事が多いらしい。

服装はアメリカン・トラッド(ツイードジャケットにパイプド・ステム(服飾用語。“細身”)のウールスラックス)、靴はプレーントウ(爪先が丸く平らで全く飾りのない革靴)と決めている。サングラスを手放さない。

キャラクター創造はハリー・ジュリアン・フィンクリタ・M・フィンク夫妻による合作。

使用武器[編集]

スミス&ウェッソンM2944マグナム」6.5インチ銃身長のブラックモデルを愛用。1970年代当時のS&W社の最高級モデル。口径.44S&Wマグナム、6連発。

シリーズ第1作での「これは世界一強力な拳銃だ」の台詞が有名。 シリーズ第2作では「弾薬はライトロードスペシャルを使っているから、.357マグナムより扱い易い」と火薬の量を減らした特別装薬弾を使用している旨の台詞がある。またシリーズ第3作では「貫通力を高めるために使用している[1]。と劇中で語っているため、弾薬を2回変更している模様。

シリーズ第2作では犯人の乗った車と共に爆発し、シリーズ第4作では暴漢に襲われた時に海に落としている。そのためM29の代わりに.44オートマグを使用していた。これは、かつて命を助けた鉄砲鍛冶から贈られた特注品で、市販モデルより銃身が1インチ長く、表面が磨き仕上げになっている。シリーズ第5作では再度M29を使用。つまり買い替えており、.44マグナムM29は3代目という事になる。  第一作目では、世界一強力な銃であるとセリフがあり、二作目では冒頭に最高のパワーを持ったピストルと紹介されている。三作目以降では強力な銃というセリフは影を潜める。三作目では、相棒のムーア刑事に『なぜ大口径をもつの?』を尋ねられ「狙った獲物を逃したくないから」と語り357マグナムや38口径よりこの町に向いているとも言っている。四作目以降は威力については触れられなくなっている。同作ではギャング組織の車で襲撃を受けた際、44マグナムで反撃するものの防弾ガラスに阻まれ窮地に追い込まれる。結果的にこれがオートマグ登場の伏線になった。同作では上記にあるように44マグナムを紛失し、クライマックスでのアクションシーンは44オートマグに譲っている。五作目では銃の威力については全く触れられていない。終盤では人質をとられたためやむなく犯人に銃を渡している。クライマックスでは捕鯨銃で犯人を仕留めている。この捕鯨銃は中盤に一度使われている。ラストで使用する武器は序盤から中盤に掛けて一度使用するという鉄則は三作以降は踏襲されている。

参考資料[編集]

ダーティハリー5・映画パンフレット

関連項目[編集]

  1. ^ シリーズ第2作では遮蔽物で身を守る敵を遮蔽物ごと撃ち抜いて倒すシーンがある。