奴らを高く吊るせ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奴らを高く吊るせ!
Hang 'Em High
監督 テッド・ポスト
脚本 レナード・フリーマン
メル・ゴールドバーグ
製作 レナード・フリーマン
出演者 クリント・イーストウッド
音楽 ドミニク・フロンティア
撮影 リチャード・H・クライン
レナード・J・サウス
編集 ジーン・ファウラー・ジュニア
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1968年8月3日
日本の旗 1968年5月31日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,600,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$6,800,000[2]
テンプレートを表示

奴らを高く吊るせ!』(原題:Hang 'Em High)は、1968年制作のアメリカ合衆国西部劇映画

主演のクリント・イーストウッドがイタリアに渡り、マカロニ・ウェスタンで世界的スターになって後のハリウッド凱旋作品であり、のちにテッド・ポスト監督とは『ダーティハリー2』でもコンビを組むこととなる。

あらすじ[編集]

保安官カウボーイのジェド・クーパーは、牛を輸送中に突如9人の男たちに襲われた。彼らはウィルソン元大尉他、牛泥棒を追ってきた男たちであった。ジェドは牛泥棒から盗品と知らずに牛を買ってしまっていたのだ。ウィルソンの指示の下、ジェドは釈明も無視され、私刑を受けた挙句、近くの木で縛り首にされてしまう。

吊るされて死にかけていたジェドは、たまたま通りかかったブリス連邦保安官に助けられ、護送中の囚人とともにフォート・グラントという、裁判所の前に見世物のように絞首刑台の並ぶ町に送られる。そこでジェドは、フェントン判事から冤罪を認められて釈放されるとともに、判事直属の連邦保安官に誘われる。フォート・グラントはオクラホマ準州に属していたが、その土地の広大さに反し、法の番人たる裁判所も連邦保安官も数少なくて犯罪が多発し、なかなか州に昇格できずに判事は苦しんでいた。

ジェドは、自分を私刑にかけたウィルソン達を合法的に探し出すために、フェントン判事の提案を呑むことにする。

やがて、自分を吊るした男たちが、一人、また一人とジェドの前に姿を現していく・・・

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジェド・クーパー クリント・イーストウッド 山田康雄
レイチェル インガー・スティーヴンス 平井道子
ウィルソン元大尉 エド・ベグリー 田中康郎
アダム・フェントン判事 パット・ヒングル 島宇志夫
ブリス連邦保安官 ベン・ジョンソン
カルフーン保安官 チャールズ・マッグロー
ソフィー ルース・ホワイト
ミラー ブルース・ダーン
予言者 デニス・ホッパー
ルーミス L・Q・ジョーンズ 内海賢二

その他、槐柳二徳丸完北村弘一渡部猛兼本新吾木原正二郎緑川稔今西正男清川元夢仲木隆司野島昭生若本規夫水鳥鐵夫

脚注[編集]

  1. ^ Hughes, Howard (2009). Aim for the Heart. London: I.B. Tauris. ISBN 978-1-84511-902-7. P18
  2. ^ Hang 'Em High, Box Office Information”. The Numbers. 2012年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]