バナナ炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バナナ炎
ジャンル バラエティ番組
放送時間 毎週火曜23:30 - 24:00(30分)
放送期間 2009年4月7日 - 2013年3月26日
放送国 日本の旗 日本
制作局 バナナ炎パートナーズ[注釈 1]
企画 テレバイダーエンターテイメント
製作総指揮 宮原匡彦[注釈 2]
演出 椎葉宏治
プロデューサー 相沢直
北詰由賀
扇京子[注釈 3]
出演者 バナナマン設楽統日村勇紀
外部リンク 公式サイト

特記事項:
ナレーター:落合隼亮
テンプレートを表示

バナナ炎』(バナナファイア)は2009年4月7日から2013年3月26日までTOKYO MXほかで放送されていたバラエティ番組バナナマンのテレビ初冠番組である。

ソニー・ミュージックエンタテインメントが2009年4月よりTOKYO MX、テレビ神奈川でスタートさせたテレビプロジェクト『E!TV』のうちの一番組である[1]

2012年6月5日からは番組をリニューアルし、タイトルを『バナナ炎炎』(バナナファイアファイア)へと改題した。その後、2013年3月26日をもってバナナ炎から数えて4年の歴史に幕を閉じた。

概説[編集]

バナナマンが観客を前にトークライブ形式でトークを行う。曰く「ダウンタウンさん、さまぁ〜ずさん方式」[2]。タイトルの由来は「火曜日だから炎」とのこと[3]

収録は主に番組の公式HPで募集した一般観覧者を集めて行われる。応募条件は「18歳以上、必ず収録に来てくれる人」である。録音機器、カメラ類の持ち込みは禁止で学生服での観覧も断っている。

ハイビジョン制作で地上波アナログ放送に関してはレターボックス放送で16:9画面に準じたテロップ装飾がされている。また、「E!TV」では初めてハイビジョン制作が取り入れた番組である。

2010年5月18日放送分からオープニングと番組セットは2代目となっている。

2012年6月5日放送分から『バナナ炎炎』へリニューアルするのに合わせて番組ロゴが2代目、スタジオセットは3代目に変更され、公式Facebookページが開設された。

企画・コーナー[編集]

バナナマンの答え[編集]

  • バナナ炎炎にリニューアルに従いスタートしたメインコーナー。視聴者から寄せられた質問にバナナマンが答えを導き出す、1回の放送で3つ程度の質問に答える。

ノープランロケ[編集]

  • 2009年8月から不定期に行われる企画。番組制作費10万円とレンタカーがバナナマンに支給され、どこへ行くのかはバナナマン次第で完全ノープランで進行される。少なくとも3週分の撮れ高を目指し、バナナマンが好き勝手にロケを進行する。また第1弾のみ3時間ごとにバナナマンのベスト3を行うというルールがあった。このロケ企画は番組の総合演出を担当している椎葉と番組の構成を担当しているオークラもバナナマンと同様出演者として旅に同行している。

終了したコーナー[編集]

バナナマンのベスト3[編集]

  • バナナマンが世の中のありとあらゆるモノのベスト3を独断と偏見で決定。バナナマンの2人が分からないことをインターネット検索で素早く調査する「パソコン隊」がいる[4]
  • 2009年9月から「バナナん家」が放送されなくなり、実質この番組のメインコーナーとなっていた。
  • バナナ炎炎にリニューアルに従い終了。

バナナん家[編集]

  • コーナー名の読みは「ばななんち」。世の中、気になって仕方がない話題を持っているゲストがスッキリ解決を求めてバナナマンの部屋を訪れる。セットはアパートの一室のようになっており、ゲストは毎回窓から入ってくる。バナナマンの2人はゲストが登場するまで他愛もない世間話をしている。2009年7月14日放送分からは「バナナマンさんコレ知ってますか?」と題してホリプロコム所属の若手芸人が自ら検証してみたい疑問に挑み、その検証結果をVTRで紹介するコーナーも行っていたが2010年10月をもって自然消滅した。

放送リスト[編集]

バナナ炎[編集]

バナナ炎炎[編集]

エンディングテーマ[編集]

バナナ炎炎[編集]

2012年
  • SMJ全日本スキマ音楽『歌うほどでもないさようなら』(6月・7月度)

バナナ炎 レギュラー放送局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時期 放送時間 備考
東京都 TOKYO MX 独立UHF局 2009年4月7日 - 2012年5月29日 火曜 23:30 - 24:00
神奈川県 tvk 2009年4月7日 - 2010年3月30日 MXと同時ネット
大阪府 テレビ大阪(TVO) テレビ東京系列 2009年7月10日 - 2011年9月25日 日曜 25:05 - 25:35[1] ほぼ5ヶ月遅れ
香川県・岡山県 西日本放送(RNC) 日本テレビ系列 2009年10月6日 - 2009年12月29日 火曜 25:49 - 26:19
2011年10月3日 - 2012年11月 月曜 25:34 - 26:04 レギュラー放送再開
中京広域圏 メ〜テレ(NBN) テレビ朝日系列 2010年1月7日 - 木曜 25:25 - 25:55
北海道 北海道テレビ(HTB) 2010年1月10日 - 2013年5月21日 火曜 25:50 - 26:20 約1年1ヶ月遅れ
宮城県 東北放送(TBC) TBS系列 2010年1月14日 - 2011年10月21日[注釈 9] 金曜 25:25 - 25:55[2]
大分県 大分朝日放送(OAB) テレビ朝日系列 2010年7月26日 - 2011年3月28日 月曜 25:20 - 25:50
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS) TBS系列 2010年10月1日 - 2011年6月17日 金曜 26:00 - 26:30 不定期→レギュラー[3]
福岡県 TVQ九州放送(TVQ) テレビ東京系列 2009年10月8日 - 2010年4月8日 木曜 25:53 - 26:23
2013年1月8日 - 2013年3月25日 火曜 26:05 - 26:35 放送再開[4]
備考
  1. ^当初は金曜25:23 - 25:53、2010年4月〜9月までは金曜26:00 - 26:30、2010年12月までは土曜26:15 - 26:45、2011年3月までは火曜 26:00 - 26:30、6月までは火曜 26:05 - 26:35に放送。
  2. ^2010年4月16日までは木曜25:34 - 26:04枠、2010年4月24日〜9月24日までは金曜26:00 - 26:30枠で放送。
  3. ^2010年8月13日に不定期で放送開始。放送時間は金曜25:25 - 25:55。
  4. ^#147バナナマンのベスト3『牛乳とシェイクしたらバナナミルクより美味しい!新しい●●ミルク』」から再開。ほぼ1年遅れ。

バナナ炎炎 レギュラー放送局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時期 放送時間 備考
東京都 TOKYO MX 独立UHF局 2012年6月5日 - 2013年3月26日 火曜 23:30 - 24:00
長野県 信越放送(SBC) TBS系列 2012年7月3日 - 2013年5月21日 火曜 24:20 - 24:50
熊本県 熊本放送(RKK) 2012年7月5日 - 2013年5月23日 木曜 25:03 - 25:33[5] 「バナナ炎」放送時の事は
不定期放送局欄を参照。
大分県 大分放送(OBS) 2012年7月20日 - 金曜 25:15 - 25:45
宮城県 東北放送(TBC) 2012年8月14日 - 2013年6月18日 火曜 25:10 - 25:40
福島県 テレビユー福島(TUF) 2012年11月1日 - 木曜 25:20 - 25:50
香川県・岡山県 西日本放送(RNC) 日本テレビ系列 2012年11月6日 -2013年6月4日 火曜 26:00 - 26:30 69日遅れ
福岡県 TVQ九州放送(TVQ) テレビ東京系列 2013年4月2日 - 火曜 25:00 - 25:30 約11ヶ月遅れ
北海道 北海道テレビ(HTB) テレビ朝日系列 2013年5月28日 - 火曜 25:50 - 26:20 約1年遅れ

不定期放送局[編集]

  • 福島放送(KFB・テレビ朝日系)- 『金曜ナイトセレクション』内で放送。
  • 北陸放送(MRO・TBS系) - 主に穴埋めに放送。
  • あいテレビ(ITV・TBS系) - 主に穴埋めに放送。
  • 熊本放送(RKK・TBS系) - 2010年3月13日・20日・27日の午前11時に放送後、同年4月3日から毎週土曜25:43 - 26:13にレギュラー放送開始。同年5月から、再び土曜日午前11時に不定期で放送。 稀に深夜でも不定期放送していた。
  • 長崎放送(NBC・TBS系) - 主に穴埋めに放送。

スタッフ[編集]

  • 総合演出:椎葉宏治
  • ナレーター:落合隼亮
  • 構成:オークラ、寺田智和、興津豪乃、永井ふわふわ
  • TD:石毛雄己
  • CAM:五十嵐陽
  • VE:柳沼修
  • AUD:目野智子
  • PA:橋本淳志
  • 美術プロデューサー:関口美千代
  • 美術進行:佐藤政之
  • デザイン:ヨシマルシン
  • スタイリスト:渡辺光
  • ヘアメイク:ファーストステップ
  • 編集:真野公宏
  • MA:杉山勉
  • 音効:上口昭雄
  • AP:妹尾こずえ
  • 協力:ソニー・ミュージックエンタテインメント、ホリプロコムスウィッシュ・ジャパンミッククリエーション、シアターエンジニアリング、トゥ・ミックス
  • ディレクター:鳥越一夫、好田康智、加用裕紀
  • プロデューサー:北詰由賀、相沢直、扇京子
  • エグゼクティブプロデューサー:宮原匡彦
  • 企画:テレバイダー・エンタテインメント[注釈 10]
  • 製作著作:バナナ炎パートナーズ

DVD[編集]

発売元・販売元ともにアニプレックス、収録は放送順ではなくランダムである。2010年5月24日付けのオリコン週間DVDランキングバラエティ/お笑い部門で、Vol.3が1位、Vol.4が2位、Vol.5が3位になり、番組DVDがトップ3を独占した。バナナマンが同ランキングのお笑い部門の1位を獲得するのは、これが初である[6]

DVD-BOX[編集]

また、DVD発売と連動したイベントが断続的に開催されている。

  • 「日村ハッピーバースデイ」公開番組収録(2010年5月12日 東京都タワーレコード渋谷店)
  • トーク&握手会(2010年6月15日 宮城県HMV仙台一番町店)
  • ノープランロケDVD-BOX発売記念トーク&握手会(2010年10月24日 東京都HMVルミネ池袋店)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この名義は2009年10月7日放送分から、以前は「バナナ炎製作委員会」でクレジットされていた。
  2. ^ 宮原はバナナマンが所属する芸能事務所ホリプロコム代表取締役社長である。
  3. ^ バナナマンをデビュー当時から担当しているチーフマネージャーである。
  4. ^ 同じE!TV枠で放送されている『バカヂカラ』のDVD宣伝ため出演。
  5. ^ Vol.3-5には特典映像として未公開部分が収録されている
  6. ^ 番組DVD発売記念公開収録のため、タワーレコード渋谷店STAGE ONEにて収録。
  7. ^ 10月4月放送回は諸事情でバナナマンが出演できず、代役で児島と高橋が登場。10月11日では、バナナマンが戻り4人でコーナーを進めた。
  8. ^ 番組DVD9、10、11巻発売記念イベント「1万本いきたいのです!皆さん買ってください!!「バナナ炎」DVD Vol.9,10,11発売記念イベント」(公開収録)の為、タワーレコード渋谷店で収録。
  9. ^ レギュラー放送は2011年10月7日までであるが、翌週から同曜日別時間(24:55 - 25:25)に穴埋めとして放送され、実質2週分延長となっている。
  10. ^ MXTVで放送された『テレバイダー』のスタッフ陣が独立して作られた制作会社。今までTVKでの放送が中心だったがこの番組で再びMXTVで放送することになった。

出典[編集]

  1. ^ “E!TV”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. http://www.sonymusic.co.jp/etv/ 
  2. ^ 2009年4月11日放送回『つぶやきシローのバナナヂカラな鼎談』(テレビ神奈川)出演時に発言
  3. ^ 2009年4月7日放送回『バナナマンのバナナムーン』にて発言
  4. ^ 第2回放送で判明
  5. ^ 2013年3月までの放送時間帯は、木曜 24:55 - 25:25だった。
  6. ^ “結成17年バナナマン、DVDランキングで「初めての1位」”. オリコン. (2010年5月19日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/76367/full/ 

外部リンク[編集]

TOKYO MX 火曜23:30枠
前番組 番組名 次番組
バナナ炎 (2009.4-2012.5)

バナナ炎炎 (2012.6-)
2PM&2AM Wander Trip
※再放送