劇団イヌカレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

劇団イヌカレー(げきだんイヌカレー)は、2007年平成19年)に活動を始めた、日本アニメーション作家ユニット。元ガイナックス所属のアニメーターである2白犬(白石亜由美[しらいし あゆみ])と、元タント所属の仕上げオペレーター・泥犬(穴井洋輔[あない ようすけ])の2名によって構成される。

概要[編集]

自主制作および商業製作でアニメーションを手掛ける。作品を公表(主として放映)するにあたっては、表記等であえて「公演」という表現を用いる。

作品制作にはコラージュ手法を多用し、同時代の日本製商業アニメーションの中にあって極めて個性的な世界観を創出する。可愛いデザインキャラクターをベースに、幻想的(ファンシー等)で、表現次第では不気味さグロテスク等)を具えた絵柄および映像表現を持ち味としている。

代々木アニメーション学院福岡校時代の同級生で友人である宮本幸裕の紹介により、2008年(平成20年)リリースOAD獄・さよなら絶望先生』のオープニングアニメーションを製作し、以後は主としてアニメーション制作会社「シャフト」が手掛けるアニメーション製作に関わっている。2011年(平成23年)のダーク・ファンタジー系アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』では、主人公である魔法少女たちが対峙する魔女たちの設定をその背景となる倒錯的で危険な異空間の世界設定も含めて考案し、製作した(最終話における魔獣も同じく)。一方で、対極にあるとも言える心温まる無邪気な女児の世界観を、同じ年にオープニングアニメーションとエンディングアニメーションを担当したアニメ『うさぎドロップ』(※原作漫画あり)で創り出したが、コラージュの描法という面では両者は同一ジャンルである。

作品[編集]

テレビアニメ[編集]

漫画[編集]

その他[編集]

  • 坂本真綾ミニアルバム『30minutes night flight』のオリジナルアニメ『ユニバース』 (2007年) :オリジナルアニメーションショートフィルム。
  • 週刊ヤングジャンプ増刊『アオハルsweet』 (2012年) :スペシャルムービー。
  • Dormir1stアルバム『Petit March』 (2012年) :アートワーク。
  • 魔法少女まどか☆マギカ ポータブル (2012年) :デザイン協力。
  • BWHOOM TOKYO (PARCO GALLERY X、2014年) :グループ展。
  • ロックバンドPlastic Treeのシングル『マイム』 (2014年) :ジャケットデザイン。(泥犬)
  • 月曜美術倶楽部展(MSPC PRODUCT sort KYOTO STORE、2014年) :アート展。(泥犬)
  • 世界を変える魔法!アルゴリズミ子研究所 (NHK Eテレ、2014年) :アートディレクション。(泥犬)
  • 坂本真綾エッセイ『満腹論』(2015年) :イラスト。

劇場版アニメ[編集]

外部リンク[編集]

  • 犬宇宙結社”. (公式ウェブサイト). 劇団イヌカレー. 2012年6月15日閲覧。
  • 宮本幸裕 :専門学校時代の同級生で、現在も友人関係にある。シャフトを拠点に活躍する演出家。