大沼心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大沼 心(おおぬま しん、1976年3月8日 - )は、日本のアニメ監督・演出家、アニメーター。東京都出身。血液型O型[1]

来歴[編集]

千代田工科芸術専門学校を卒業後、オフィス蒼に動画マンとして入り、アニメーターとして活動を始める。やがてフリーとなり原画マンとして活動後、演出に転じる。

演出として駆け出しの頃、新房昭之監督作品に参加。その際、新房が演出に求めるデジタル処理の要望に応えられたことがきっかけとなり、新房監督の主力スタッフとして数多くの作品に関わることとなる[1]

2007年、『ef - a tale of memories.』の監督を務め、これが事実上の初監督作品となる[2]。その後、2009年放送の『夏のあらし! 〜春夏冬中〜』を最後に新房作品から離れ、『ef - a tale of memories.』を含めたシャフト作品の下請けを行っていたSILVER LINK.で監督を任されるようになる。

人物[編集]

自らAfter Effectsを習得し、『月詠 -MOON PHASE-』のオープニングなど自身で撮影処理も行う。

「ゲーム世代」を自認しており[1][3]、ゲーム的なセンスを匂わせる演出が劇中に見られる。美少女ゲームを好み、美少女ゲーム原作のテレビアニメーション『ef - a tale of memories.』の監督には自ら立候補した[4]。当初ゲーム業界を志向していたにもかかわらず、アニメ業界に入った動機は、ゲーム制作における絵の重要さを考えてのことだったという[1]。漫画やアニメへの興味は、漫画家でのちにイラストレーターに転向した母の影響も大きいと語っている[1]

シルエットを用いた描写や光枠を用いた独特な演出やパステルカラーを使ったオープニングエンディングが特徴。演出には新房昭之の影響が多く見受けられる。

ぱにぽにだっしゅ!』『ネギま!?』で2ちゃんねるネタ、『ef -a tale of memories』や『夏のあらし!』では東方Projectネタなど本編に関係ないネタを仕込むのも特徴である。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「この人に話を聞きたい 第106回」『アニメージュ』vol.357、2008年3月号、徳間書店2008年
  2. ^ 監督としてクレジットされたのは『ネギま!?』のOVAが初出だが、実質的な監督者は総監督の新房昭之である。
  3. ^ 「公式ガイドブック ぱにぽに2 試験に出るぱにぽにだっしゅ!」スクウェア・エニックス2005年、92頁。
  4. ^ 【ぷらちな】新房監督作品の奥にアニメ表現の最先端を見た!『さよなら絶望先生』シャフト《後編》2/3 ぷらちな 2007年10月17日閲覧