コール オブ デューティ ファイネストアワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コール オブ デューティシリーズ > コール オブ デューティ ファイネストアワー
コール オブ デューティー
ファイネスト アワー

Call of Duty: Finest Hour
ジャンル FPS
対応機種 プレイステーション2Xbox
開発元 Spark Unlimited
発売元 アメリカ合衆国の旗 アクティビジョン
日本の旗 カプコン
人数 プレイステーション2
1人
Xbox
1人 (オンライン時 2人~16人)
メディア DVD-ROM
発売日 アメリカ合衆国の旗 2004年11月16日
カナダの旗 2004年11月16日
欧州連合の旗 2004年12月3日
日本の旗 2005年10月27日
対象年齢 CERO: C 15才以上
ESRB: Teen (T)
PEGI: 16+
テンプレートを表示

コール オブ デューティ ファイネストアワー』(Call of Duty: Finest Hour)は、第二次世界大戦を題材としたファーストパーソン・シューティングゲームであるコール オブ デューティシリーズのひとつ。 日本ではxboxプレイステーション2で発売され、国外ではニンテンドーゲームキューブでも発売された。北米のPS2では『コール オブ デューティ2 ビッグ レッド ワン』とカップリングした、ダブルパック『Call of Duty: Legacy』も発売されている。

このゲーム内の音楽はマイケル・ジアッキーノによるもの[1]。 また、ナレーションにはデニス・ヘイスバートが起用され[2]AC/DCメンバーであるブライアン・ジョンソンがイギリス軍指揮官役で参加した。

概要[編集]

ステージとなるのは歴史的有名な場所で、ロシアスターリングラードアフリカ砂漠、オランダライン川レマーゲン鉄橋など。

本作『コール・オブ・デューティ:ファイネスト・アワー』はシリーズ1作目である『コール オブ デューティ』のコンシューマー・アレンジ的な位置づけにあったが、完成度の高さや独自のシナリオなどによって完全なる別物である。しかしロシア編の冒頭など、初代作品の雰囲気を受け継いでいるのも事実である[3]

本作はPCで大ヒットしたゲームの続編ということと、当時のコンシューマー・ゲームとしてはハイクオリティなグラフィックが話題となった作品である[4]

ステージ一覧[編集]

Not one step back! - スターリングラード
激戦化のスターリングラードに送られたソコロフ。彼は政治将校が取り仕切る小さなボートで、スツーカ爆撃機の機銃掃射と砲弾が降り注ぐヴォルガ川を横断していた。
その政治将校の一歩も引き下がるな! (Not one step back!)という言葉に後押しされて上陸したソコロフを待ち受けていたのは、砲弾や銃撃によってドミノ倒しのように倒れるソビエトの同志たちであった。
Flag mustfall - 占領の証
敵を撃退し、なんとか公園までたどり着くソコロフ。だがここまで先導してくれた軍曹がソコロフを庇いドイツ軍のスナイパーの餌食となってしまう。
直後にタニアと名乗る同志が現れ、敵スナイパーを始末。彼女によると公園の天辺にドイツ軍の司令部があり、そこを陥落させない限りスターリングラードは取り戻せないとのこと。
『占領の証』として、敵司令部の旗は降ろさねば(Flag Mustfall)ならない。
Dead in her sights - 死の照準
公園での戦いの後、ソコロフとタニアは共に行動していた。
Defend Factory - 最後の戦車
ソコロフとタニアは市内のトラクター工場にいた。
レマーゲン鉄橋もといルーデンドルフ橋

登場人物[編集]

シリーズのほか作品の主人公達がほとんど喋らないのに対し、本作の主人公たちは全員に台詞があるのが特徴である。

ソ連軍[編集]

アレクサンドロ・ソコロフ(Alexsandr Sokolov)
ソ連編主人公のひとり。プレイヤーが最初に操作するキャラクターである。
若く未熟な兵士だが祖国を守るために戦う覚悟は出来ており、彼はナチス・ドイツの侵攻により陥落寸前の都市スターリングラードに派遣された。
タニア・パヴェロヴナ(Tanya Pavelovna)
ソ連編主人公のひとり。ドイツ軍の侵攻により故郷と両親を失う。ソ連軍の女性狙撃手であり、スターリングラードの戦闘に参加。公園での攻防戦ではソコロフを援護し、以後行動を共にする。
プレイヤーがソコロフの次に使用するキャラクター。モシン・ナガン狙撃銃を扱う。
モデルは女性スナイパーのリュドミラ・パヴリチェンコとされる。
CODシリーズ唯一の女性主人公でもある(2013年時点)。
ニコライ・バダノフ(Nikolai Badanov)
ソ連編主人公の一人。軍に入る前は工場で働いていたため、それに影響してか軍でもエンジニアとして従事。後に戦車乗りになる。
ドイツ軍に最後の戦車がある工場を包囲されているところを、ソコロフとタニアの援護により救われ脱出に成功する。
プレイヤーがタニアの次に使用するキャラクター。T-34戦車を駆る。

イギリス軍[編集]

エドワード・カーライル(Edward Carlyle)
イギリス編の主人公。本国に居る彼の妻は、彼が安全なところでデスクワークをしていると思い込んでいるが、彼の所在はオフィスなどではなくドイツ・アフリカ軍団が展開するアフリカ砂漠であった。

アメリカ軍[編集]

チャック・ウォーカー(Chuck Walker)
アメリカ編の主人公。所属はアメリカ陸軍の『ビッグ・レッド・ワン』。本編では回想に出てくるだけだが、ノルマンディー上陸作戦にも参加した。
後半にはライン川に架かる『レマーゲン鉄橋』。 "最後の橋" の確保を命じられる。
サム・リバース(Sam Rivers)
アメリカ編主人公の一人。M4中戦車(シャーマン戦車)を駆る黒人の戦車兵。
後半にはチャック編にも登場するが、彼がプレイヤーキャラクターになるのは1回のみ。

マルチプレイ[編集]

Xbox版ではXboxLiveとシステムリンクによるマルチプレイが可能。

登場する武器/車両/航空機[編集]

武器
M1ガーランド・ライフル
M1トンプソン
ブローニング・オートマチック・ライフル(BAR)
モシン・ナガンM1891/30
PPSh-41短機関銃
ブレン軽機関銃
カラビナー98k・ライフル(Kar98k)
MP40短機関銃
MG42(機関銃)
パンツァーシュレック
車両
M4中戦車
M12自走榴弾砲
ジープ
T-34
IV号戦車
航空機
スツーカ爆撃機

PS2版の不具合について[編集]

一定の動作をするとロード画面のまま停止してしまう。"プレイステーション2用ソフト「コール・オブ・デューティ」に関するお詫びとお知らせ"

脚注[編集]

関連項目[編集]