九六式軽機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
九六式軽機関銃
Type 96 LMG with Type 99 shield.jpg
九六式軽機関銃と装弾器を装着した弾倉、
眼鏡、九九式重防楯
九六式軽機関銃
種類 軽機関銃
製造国 大日本帝国の旗 大日本帝国
設計・製造 南部銃製造所
仕様
口径 6.5 mm
銃身長 550 mm
使用弾薬 三八式実包
装弾数 30 発(箱型弾倉)
全長 1,075 mm
重量 10.2 kg
発射速度 550 発/分
銃口初速 735 m/s
最大射程 3,500 m
有効射程 800 m
歴史
設計年 1936年(昭和11年)
製造期間 1938年 - 1943年
配備期間 1938年 - 1945年
関連戦争・紛争 日中戦争ノモンハン事件太平洋戦争
製造数 約41,000 挺
テンプレートを表示

九六式軽機関銃(きゅうろくしきけいきかんじゅう)は、1930年代前中期に大日本帝国で開発・採用された軽機関銃

開発経緯[編集]

日露戦争から第一次世界大戦にかけて日本陸軍内での機関銃の重要性は高まりを見せた。当時の機関銃の形態は銃自体を三脚にのせ、重量も50kgはゆうに超えていたため機動戦には不向きであった(重機関銃)。また前線において設置や発射など手間がかかり扱いも非常に難しかった。また第一次大戦後、歩兵による戦闘も中隊規模から徐々に小隊規模へ変わっていき、それに伴い、陸軍は一歩兵が簡単に携帯できる軽機関銃の開発に着手した。

そして1922年(大正11年)に十一年式軽機関銃を制式採用し、翌1923年(大正12年)の春から各部隊に配備していった。当時において陸軍での軽機関銃の配備は諸外国に比べても早く、そのため各国ではその先進性は評価された。満州事変で初陣を飾った十一年式軽機であるが構造上砂塵に弱く、特に機関部に入り込んだ砂塵により故障が相次いだ。

開発[編集]

弾倉を外した九六式軽機関銃

十一年式軽機の不具合に対し、既に制式化された実包[1]を使用し、信頼性が高く性能良好な扱いやすい新型軽機関銃の開発が陸軍によって1931年(昭和6年)に着手された[2]

1932年(昭和7年)から開発が始まったが、当初は陸軍造兵廠小倉工廠および、東京瓦斯電気工業日本特殊鋼南部銃製造所(1936年に中央工業へ社名変更)の各社による競作であった。1933年(昭和8年)に各社の試作銃の比較審査を行い、その中から小倉工廠と南部銃製造所に試作銃の改良が指示された。

開発促進のため南部側に陸軍技術本部が加わり、前述の小倉工廠と南部銃製造所による各試作銃の長所を取り入れて改良設計したA号銃を南部が製作、B号銃チェコスロバキアZB26軽機関銃とよく似ており模倣・コピーとされる。ZB26と同じく機関部下部から排莢。事実、A号・B号両銃の試験資料において、参考として十一年式軽機と共に挙げられているチェッコ機銃(ZB26と思われる)の項目にある復座バネの詳元表記は「B号銃と同じ」となっている[3])を陸軍造兵廠が製作した。

両銃は1934年(昭和9年)11月までに納入され、同年11月より1935年(昭和10年)5月まで各種比較試験が繰り返された。南部銃製造所のA号銃(弾倉を除く総重量7,980g)の方が、B号銃(弾倉を除く総重量9,000g)より1,000g以上軽量かつ耐久性・機能性など技術的に優れていたため、同年8月の陸軍技術研究本部の審査会によりA号銃の採用が決定され、以降は南部銃製造所(中央工業)が主体となって、A号銃に更なる改良を加えた試製軽機関銃の開発が進められた。1936年1月に陸軍技術研究本部の審査会によりA号銃は試製九六式軽機関銃と命名され、1937年(昭和12年)7月に仮制式制定上申を経て、1938年(昭和13年)6月に九六式軽機関銃として制式制定された。なお採用されなかったB号銃は九七式車載重機関銃の開発へ繋がることになる。

九六式軽機関銃。円形の物は照尺転輪

九六式軽機(A号銃)の開発には、中国国民党軍が使用していた「無故障機関銃」こと、ZB26や改良型ZB30を模倣したとされることがあるが、外見がよく似た面が多くあるものの銃床は右に張り出してオフセットされており、機関部はガス作動式であるがZB26系とは異なる点として、南部麒次郎が開発担当した多くの機関銃と同様にホチキス機関銃[4]の影響が強く[5]、ボルトロック機構など相違点が多い。また、B号銃やZB26系とは異なり機関部右側面より排莢する方式を採用しており、ZB26やイギリスブレン軽機関銃のコピーではない[6]

南部麒次郎は開発期間中の1935年2月にZB26系とは異なるボルトロック構造に関する特許[7]を、また1936年3月には安全装置に関する特許[8]などを出願し、これらは九六式軽機やのちの新型軽機の開発にも生かされている。

銃身は銃腔の磨耗対策としてクロームメッキ塗装が施され、レシーバー先端のラッチレバーを回して解放することにより簡単に銃身の交換が出来た。弾薬口径6.5mmの三八式実包を使用。装弾数はZB26が20発であるのに対し九六式軽機は30発の箱型弾倉を採用した。箱型弾倉の採用に加え薬莢蹴出窓・弾倉口に防塵用蓋板を備えたため、機関部に砂塵やゴミの混入が少なくなったことから銃本体の塗油装置は廃止された(設計要領では可能ならば装弾器に給油装置を設け、弾倉に実包を装弾する際に塗油されるよう要求していた[9][10])。弾倉の背面には丸い小窓があり、残弾が4発以下になると、射手に弾切れを予告する表示が出た。

また、点射による狙撃を主とする運用上必要な眼鏡(照準眼鏡、スコープ)をオプションとして装着できた。銃の真上に弾倉が配置されるため、照門・照星(アイアンサイト)は射手から見て弾倉の左にオフセットして設置される。一方眼鏡の本体・接眼部は弾倉の真後ろに装着されるが、対物レンズはプリズムを使うことで、射手から見て弾倉の右にオフセットされる。

実戦投入[編集]

九六式軽機関銃

日中戦争支那事変)に実戦投入された九六式軽機は、その後ノモンハン事件太平洋戦争大東亜戦争)を通して活躍した。帝国陸軍のみならず海軍陸戦隊でも使用され(海軍では九六式軽機銃として制式)、また満州国軍など同盟国軍にも供与されている。

粉塵対策を行った本銃は十一年式軽機に比べ信頼性が高くなり、第一線部隊では非常に好評であった。生産においては当時の日本は基礎工業力が低く、加工精度も諸外国に比べて劣っていたため最終調整は熟練工に頼った。そのためか射撃時においてはガタ付が少なく命中精度は非常に高かった反面、弱装薬実包故のガス圧不足による遊底後退量不足による排莢不良や、諸外国に比べて薬莢が僅かに薄いことにより膨張した薬莢が薬室内に貼り付き千切れること(薬莢裂断)による排莢不良、更にそこへ次弾を装填してしまういわゆる突込みといった故障を度々起こした。

日中戦争において中華民国ドイツやチェコなどから輸入装備していたZB26を鹵獲し調査したところ、微妙に薬室のテーパー値を変化させていることが分かり、のちの生産分の九六式軽機では薬莢の貼り付き問題が幾分解消された。またこの結果、三八式普通実包の使用が可能となり減装弾の使用は解消された[要出典]

その後、長年の懸案であった高威力の7.7mm弾薬を主力実包とすることとなり、九六式軽機に7.7mm弾を使用出来るように改良した九九式軽機関銃が開発され、1940年(昭和15年)に制式採用されても引き続き九六式軽機は生産が継続され、1943年(昭和18年)に打ち切られるまでの6年間で約41,000挺が生産された。

着剣装置[編集]

1940年、中国戦線で運用(混用)される九六式軽機関銃(左奥)と十一年式軽機関銃(手前)。十一年式は伏射で支援射撃に徹しているのに対し、着剣した九六式は小銃手とともに突撃ないし攻撃前進中

九六式軽機は、軽機関銃としては珍しく銃身下に銃剣の着剣装置を持つ。このことは同じ特徴を持つ九九式軽機と同様にたびたび論争の的になっている。

着剣装置が設計に追加された時期は現時点で定かではないが、1937年(昭和12年)の改正歩兵操典草案が編纂される経緯を追っていくと、おそらくは1935~1936年前後であると見られる。これ以前の1928年(昭和3年)の歩兵操典では、軽機関銃は専門の独立した分隊編成し、小隊内の他の小銃分隊の火力支援を行う編制を採っている。従って、この配備運用方式に基づいていた1932年の開発当初段階では軽三脚架での使用が主であると考えられていた。当然、最初の要求仕様や開発経緯に着剣装置の文言は出ていない。むしろ歩兵用には肩付銃床は不要(騎兵用には必要)であるとまでされており、実際に九六式軽機が完成した姿とはかなりの隔たりがある。いわばアメリカ軍M1919機関銃と類似するような形状が要求されており、満洲事変以降の実戦をまだ経験していない、この時点での陸軍の軽機関銃運用の方針は未だ固まったものとはなっていない様子が窺える。

これが1937年歩兵操典草案になると軽機関銃は小銃分隊に編合配備され、一般によく知られている軽機関銃運用法に進化し、小隊内の第1~3分隊に軽機関銃1挺ずつの装備が定数となった。ここに至り、軽機関銃は従来と異なり小銃手と全く行動を共にしなければならなくなった。

つまり、確固とした技術上や用兵上の理由があって追加したわけではなく、もしかしたら使うかもしれないから、大した手間でもないし取り敢えず付けてみたという程度のものだったという可能性もある。だからこそ、制式制定審査経緯にも着剣装置の追加に関する記述がないとも考えられる。

なお、銃剣を付けた状態だと命中精度が上がるとの旧軍兵士や元アメリカ軍人の証言があり、2000年代初頭に須川薫雄ら米国在住の研究グループが行った射撃実験でも、着剣状態の方が命中精度が上がっている事が確認された[11]。このことを考慮すると、重心が後ろに傾いている九六式軽機・九九式軽機のバランサー、銃身部のウエイトとして振動抑制の役目と、駐屯地や検問所などでの威圧が目的であるとも考えられる。当時の分列行進を写した写真には、機関銃手が着剣した九六式軽機関銃または九九式軽機関銃を「担え銃」の姿勢で保持しているカットが残されている。

登場作品[編集]

映画・テレビドラマ[編集]

ゲーム[編集]

アニメ[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1931年当時、航空機関銃を除いて7.7mm級実包は制式化されていない
  2. ^ 『研究審査現況調書提出の件』
  3. ^ 『新様式軽機関銃(2)審査原簿』
  4. ^ 須川薫雄「日本への機関銃導入と開発」
  5. ^ フランスのアンヴァリッド軍事博物館に展示されている九六式軽機の説明文には「ホチキスの派生」と解説されている。
  6. ^ 田中義夫編 『日本陸戦兵器名鑑 1937~45』
  7. ^ 特許文献「特明112691」
  8. ^ 特許文献「特明117662」
  9. ^ 『九六式軽機関銃外3点仮制式制定の件』
  10. ^ 九六式軽機用装弾器では給油装置は採用されなかったが、後に九九式軽機用装弾器で実装された。
  11. ^ 「一〇〇式短機関銃と九六式軽機関銃」の実射 - 日本の武器兵器.net

参考文献・サイト[編集]

  • 田中義夫編『日本陸戦兵器名鑑 1937~45』コーエー、2006年。 ISBN 978-4775804681
  • 須川薫雄「日本への機関銃導入と開発」『銃砲史研究』360号、日本銃砲史学会、2008年。(日本の武器兵器
  • 『九六式軽機関銃外3点仮制式制定の件』、アジア歴史資料センター。 レファレンスコード:C01001629700
  • 『研究審査現況調書提出の件』、アジア歴史資料センター。 レファレンスコード:C01007539000
  • 『新様式軽機関銃(2)審査原簿』、アジア歴史資料センター。 レファレンスコード:A03032172200
  • 特許文献「特明112691」(特許電子図書館
  • 特許文献「特明117662」(特許電子図書館
  • 佐山二郎『小銃 拳銃 機関銃入門』光人社NF文庫、2008年。ISBN 978-4-7698-2284-4

関連項目[編集]