一式重機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一式重機関銃
Japanesetype1heavymachinegun.JPG
概要
種類 重機関銃
製造国 大日本帝国の旗 大日本帝国
設計・製造 日立兵器
性能
口径 7.7mm
銃身長 58.9cm
使用弾薬 7.7mm 九九式普通実包
装弾数 30発(保弾板)
全長 107.7mm
重量 36.8 kg(三脚含む)
発射速度 550発/分

一式重機関銃(いっしきじゅうきかんじゅう)は、大日本帝国陸軍1942年(昭和17年)に制式採用した重機関銃である。

開発経緯[編集]

一式重機関銃採用以前の日本陸軍では、九二式重機関銃を主力重機関銃としており、重機関銃用弾薬は九二式実包を使っていた。しかし、1939年(昭和14年)に採用された九九式軽機関銃および九九式小銃は、九二式実包とは異なる九九式実包が使用されることとなった。この九九式実包は外形上九二式実包と完全な互換性を持っていたが、軽機関銃用に反動を抑える目的で装薬を減らしてあるため、威力が低下していた。弾道特性が変化して照準器も不適合となるため、九九式実包は九二式重機関銃に最適な弾薬とは言えず、今後の弾薬の生産・補給上で不都合が生じることになった。

また、日本陸軍の部隊戦闘単位が大隊を基準にした火力運用から、大隊火器を各歩兵中隊に分派しての中隊を中心としたものへと移行した結果、大隊火器の中核を担ってきた重機関銃は、激しい運動をする中隊用機関銃へと変化を余儀なくされていくこととなった。大隊には速射砲や歩兵砲にも対応した充実した行李があり、重機関銃中隊にも日本軍にしては非常に充実した弾薬小隊も付いていたため、従来は密度の高い後方支援が重機関銃に与えられていた。ところが、歩兵中隊に小規模で分派すると、このような密度の高い支援体制は期待できなくなるのである。そこで、大隊の重機関銃中隊はそのままに、新たに各中隊にも最初から重機関銃を配備する構想が生じた。

新構想に応じた急速増産を考えた場合、既存の九二式重機関銃は、製造工程が他銃に比べ多く大量生産に向かない構造という問題があった。各中隊での運用を考えると、運動性は九二式重機よりも更に高い必要があった。歩兵中隊向けに照準器のみ九九式実包に合わせた九二式重機関銃を新たに製造することはオーパースペックで不経済であるばかりでなく、運用上も混乱を招くことが予測された。

そこで、日本陸軍は、主に九九式実包で運用するに十分な程度の、九二式重機関銃よりも軽く安価で量産向きの重機関銃の開発を開始した。1942年(昭和17年)に試作型が完成し、一式重機関銃の名称で陸軍に制式採用された。制式採用時期は皇紀で2602年なのだが、二式とせず一式と命名されている。

構造[編集]

外見は九二式重機関銃を参考にしていたため余り変化はないが、主用弾薬を九九式実包に改めたことや各部品を簡略化している。その結果、九二式に比べて20kgほどの軽量化に成功した。銃架には運動性の考慮から四脚式も試されたが、最終的には従来の三脚式が選ばれた。それ以外の構成は九二式とは変更はなく、依然として保弾板による給弾機構のままだった。

なお、従来からの九二式実包も射撃できるが、その場合は反動の強さから集弾性が若干悪くなる他、銃本体に装着されている距離照尺では照準できない。

生産と運用[編集]

中隊運用を目的として開発された一式重機関銃であったが、実際には戦争拡大に伴う部隊増設に生産が間に合わず、また装備改編・訓練の時間的余裕も無く、歩兵中隊への配備は実施されなかった。単に九二式の代用として重機関銃中隊で用いられるに終始した。

そもそも、中隊用機関銃としても一式重機関銃は過渡的なものであり、中隊運用コンセプトに更に適合した三式軽機関銃が開発されるに及んで、実質的にその意義を喪失してしまった。

本来の使いどころを失った一式重機関銃は限定的な生産にとどまり、各戦線ではごく少数しか出回ることがなかった。結果として余り目立った活躍も残されていない。

関連項目[編集]