三十年式歩兵銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三十年式歩兵銃 / 三十年式小銃
Arisaka Type 30.jpg
三十年式歩兵銃
三十年式歩兵銃 / 三十年式小銃
種類 小銃
製造国 大日本帝国の旗 大日本帝国
設計・製造 東京砲兵工廠
仕様
口径 6.5mm
銃身長 790mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 三十年式実包
装弾数 5発
作動方式 ボルトアクション式
全長 1,275mm
重量 3,850g
銃口初速 700m/s
歴史
設計年 1897年(明治30年)
関連戦争・紛争 日露戦争
バリエーション #派生型
製造数 554,000(小銃) 45,000(騎銃)
テンプレートを表示

三十年式歩兵銃(さんじゅうねんしきほへいじゅう)または三十年式小銃(さんじゅうねんしきしょうじゅう)は、1897年(明治30年)に採用された大日本帝国陸軍ボルトアクション式小銃

近代的な国産連発式小銃として日露戦争では帝国陸軍の主力小銃として使用された。開発者は有坂成章欧米では三十年式歩兵銃および三十年式歩兵銃を直接・間接的に母体とする小銃(三八式歩兵銃九九式小銃など)をまとめて「アリサカ・ライフル(Arisaka rifle)」と呼称する。

概要[編集]

帝国陸軍の小銃の系譜(日露戦争以降)
最上段1段目:三十年式歩兵銃
2段目:三八式歩兵銃
3段目:三八式騎銃
4段目:四四式騎銃
5段目:イ式小銃
5段目:九九式短小銃(中期型)
6段目:九九式短小銃(末期型)

帝国陸軍は日清戦争で単発式の十三年式・十八年式村田単発銃(開発・村田経芳)を主力小銃として使用した。一方、対戦相手の清国軍の一部では、ドイツから輸入した口径7.92mmの連発式ボルトアクション式小銃である、Gew88(1888年にドイツで採用。のちに清国が漢陽八八式歩槍として1895年から国産化)を装備しており、これは村田銃よりも優れていた。

既に1889年(明治22年)に日本初の連発式ボルトアクション式小銃である二十二年式村田連発銃が採用されてはいたが、同銃は管状弾倉式で、装填の手間や、特に平頭弾に由来する命中精度の悪さなどで難があり、実戦では使い物にならず主力小銃とはなりえなかった。そこで新型の連発式小銃の開発が急務となった。

三十年式歩兵銃は、村田銃を生んだ村田経芳の後を受けた有坂成章によって設計され、尾筒弾倉式で連発を実現することで装填を簡単にした。発射薬に無煙火薬を用い、口径を6.5mm(三十年式実包)と小さく抑え、高初速で優れた命中率の銃にまとめた。いずれもマンリッヘル小銃やモーゼル小銃(一説にはGew88の影響)など、外国の銃にあった要素を取り込んだもので、画期的新機軸はないが、完成品は当時の世界水準を越えた傑作になった。銃身炭素鋼であったが、要求される強度のを当時の日本では製造できず、輸入に頼った。

試作時に、6mm、6.5mm、7mmの各口径で試されたが、6mmでは当時の工作技術では困難であり、7mmでは反動が強いため6.5mmが採用された。これは当時の軍用銃では小口径の部類である。イタリアカルカノ M1891小銃のカルカノ弾(6.5mm×52)に倣ったという説もある。当時としては、資源に乏しい日本の国力にも、体格が貧弱な日本人にも最も適した口径であり、また、撃ちやすさ・命中率の高さを生んだ。しかしのちに6.5mm弾は、車輌相手などの対物威力の不足が問題になり、1930年代から帝国陸軍の銃火器は7.7mm弾仕様に徐々に更新されることになる。1945年(昭和20年)の第二次世界大戦終戦時にもこの更新は完了しておらず、明治期に6.5mmの小口径実包を採用したことは、のちに太平洋戦争大東亜戦争)時の日本軍の補給体系に余計な混乱をもたらすことになった。欧米諸国では、19世紀末~20世紀初頭の7~8mm弾をそのまま第二次大戦でも使用し続けたのでこうした補給の混乱は起こらなかった(ただし日本と同じ6.5mm弾を採用していたイタリアを除く)。

この三十年式実包は、村田連発銃の弾頭重量15.5gに対して10.4g、装薬量は2.4gから2.1gと省資源化がなされており、初速は逆に612m/sから700m/sと高速化されている。この6.5mm×50SR弾を挿弾子(ストリッパークリップ)を用いて5発ずつにまとめて小銃に装填した。

1897年(明治30年)に採用された本銃は、1903年(明治36年)に全野戦軍(部隊)への配備を完了した。後備役などの二線級部隊(後備連隊)でなお旧式の村田連発銃が用いられる状況での日露戦争開戦であったが、三十年式歩兵銃がこの戦争の主力小銃であった。

のちに有坂成章の後を受けた南部麒次郎により、本銃をベースに一部を改良した三八式歩兵銃が開発・採用されるが、この改良は機関部の部品点数削減による合理化・防塵用遊底覆(ダストカバー)の付加・弾頭の尖頭化(三八式実包)がなされたぐらいであり、基本となった三十年式歩兵銃の設計思想は非常に的を射たものであった。

三八式歩兵銃は日露戦争後の日本軍(陸海軍)主力小銃として使用され、これに更新され旧式となった三十年式歩兵銃は菊花紋章の上に二重丸の刻印を押されて、旧制中学校以上では必修科目の教練敬礼に始まる基本動作から、小隊もしくは中隊規模の集団行動まで教える科目)用に払い下げられた。

派生型[編集]

三十年式騎銃(三十年式騎兵銃)[編集]

三十年式歩兵銃の全長を300mm短くした騎兵用の騎銃(騎兵銃)。短くされたのは銃身の部分で、歩兵式の 790mm に対し、480 mm の長さである[1]。騎銃には銃剣がついていない[1]

三十五年式海軍銃[編集]

三十年式歩兵銃をベースに、改良をおこない、「三十五年式海軍銃」として制定[2]、少数配備された[3]海軍陸戦隊向けの小銃(旧来はヘンリー小銃が用いられた)。南部麒次郎が小改良を行った銃式で、照準器の表尺板をスライド式から扇転式に、また遊底覆(ダストカバー)を追加している。ただし、三八式歩兵銃と異なり、遊底覆はボルトアクションと連動しないので、射撃の前後に手で遊底覆を動かす不便がある[3]

北支一二式小銃[編集]

三十年式歩兵銃をベースとした民間製造製品である。生産数は不明ながら、米国に比較的状態の良いものが残されている。三十年式歩兵銃とはデザインに一部相違点があり、レシーバーに型式番号は刻印されておらず、桜の紋章が刻まれているのみである。生産も日本本土ではなく日本軍占領下の中国・北平(北京)で行われた。欧米圏では後の三八式歩兵銃#北支一九式小銃の「North china type 19」に対して、本銃にはNorth china type 12 rifleを与えている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 不明 『三十年式歩兵銃及騎銃保存法』 武揚堂、1903年、1-2頁。 NDLJP:844324(56pp)
  2. ^ 海軍砲術史刊行会 (1975) (snippet). 海軍砲術史. p. 780. http://books.google.co.jp/books?id=bqbSAAAAMAAJ. "三十年式歩兵統を改良して三十五年式海軍銃を制定" 
  3. ^ a b Key. “三五年式海軍銃”. Keyのミリタリーなページ. 2013年2月閲覧。
  • 大江志乃夫『日露戦争と日本軍隊』、立風書房、1987年、ISBN 4-651-70035-7
  • 兵頭二十八『有坂銃』、四谷ラウンド、1998年、ISBN 4-946515-15-1

関連項目[編集]