MG08重機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Maschinengewehr 08
Maschinengewehr 08 1.jpg
MG08重機関銃
概要
種類 重機関銃
製造国 ドイツの旗 ドイツ帝国
設計・製造 DWM
性能
口径 7.92mm
銃身長 721mm
使用弾薬 7.92x57mmモーゼル弾
装弾数 250発(布ベルト)
作動方式 ショートリコイル
全長 1,190mm
重量 62kg(全備重量)
発射速度 300-450発/分
銃口初速 900m/秒

MG08重機関銃(MG08じゅうきかんじゅう、Maschinengewehr 08)は、ハイラム・マキシム1884年に設計したマキシム機関銃を基に設計された、第一次世界大戦時のドイツ軍の標準的機関銃である。

概要[編集]

MG08は、1908年ドイツ帝国軍に制式採用された。銃身を4リットルの冷却水が入る冷却水入れで筒状に覆うなど基本形状はマキシム機関銃とほぼ同一であり、250連発の布製ベルトにつなげた弾丸を400発/分の速度で連射する性能を有していた。

DWM(ドイツ武器弾薬製造会社)のほかにもベルリン市シュパンダウ区のシュパンダウ造兵廠でも製造されたため、シュパンダウ機関銃とも呼ばれる。

派生型[編集]

この機関銃は、第一次世界大戦中に様々な派生型が登場したことでも知られている。

MG08/15[編集]

MG08/15重機関銃

MG08の軽量化型であるMG08/15(1915年に追加制式)は、三脚を廃して二脚とし、銃床とピストルグリップを装着して伏射を可能にしており、18kgにまで軽量化したこともあって戦場での利便性を大幅に向上させた。塹壕の縁に据え付けるなど陣地戦にも対応しており、一部は航空機搭載機銃として使用された。

lMG08/15[編集]

戦闘機のプロペラ同調式機銃として開発された派生型で、航空機の固定機銃用に1915年秋に開発。二脚銃床、ピストルグリップ、冷却用のウォータージャケットを排除している。バレルジャケットに冷却用空気を通すための多数の穴が開いており、プロペラから受ける風によって冷却する。フォッカー E.IIIフォッカー Dr.I などのドイツ製戦闘機に装備された。

なお、最初の1文字目は"小文字のL"であって"大文字のI"ではないことに注意。

LMG08/15[編集]

レシーバー(本体)を軽量化したlMG08/15の改良型。フォッカー D.VII などが搭載。

MG08/18[編集]

MG08/15を空冷化して、さらに軽量化(約15kg)を進めて戦場での機動力を高めたタイプ。1918年の"Kaiserschlacht"(ルーデンドルフ攻勢)において、MP18などと共に浸透戦術を取る突撃部隊独語Stoßtrupp英語Stormtrooper)が使用したと思われる。

運用[編集]

第一次世界大戦においては地上部隊の主力機関銃であると共に戦闘機用の機関銃としても幅広く使われていた。

第二次世界大戦が勃発したころにはドイツ国防軍の主力機関銃の地位は MG34汎用機関銃に取って代わられていたが、MG34の生産と供給が需要に追いつかなかったために一時的に二線級部隊に配備されたケースも見られる。そして生産性を向上させたMG42の登場と量産化により1942年には陸軍からはいったん退役した。しかしその後も武装親衛隊の一部では使用が続いており、兵器不足が深刻化した大戦末期には陸軍も再び倉庫から引っ張り出し、一部の国民擲弾兵師団に配備、末期の戦場で使用された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]