シク教徒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シク教徒の巡礼者。インド・アムリトサルのハリマンディル・サーヒブにて。
シク教徒で編成されたインド陸軍歩兵連隊。制帽としてターバンを着用している。

シク教徒(Sikh)は、シク教の信者である。

インドではヒンドゥー教徒に比べて、圧倒的に少数派だが、富裕層が多く社会的に活躍する人が多い。

イギリスでは、ターバンをするため、バイクの運転の時、ヘルメットを免除されている。

ヒンドゥー教が生来から帰依するものであるのに対して、シク教は改宗宗教であることから、異教徒やインド人以外に対しても布教が行われる。アメリカにも教徒がいるが、これは3HOという団体がアメリカで布教しているためと思われる。

教徒はインド全域に分布しているが、特に総本山ハリマンディルの所在地であるパンジャーブ地方に多い。信徒数は約2300万人、日本には約1000人ほどが居住していると思われる。シク教成立時より裕福で教養があり教育水準の高い層の帰依が多かったことから、イギリス統治時代のインドでは官吏軍人として登用されるなど社会的に活躍する人材を多く輩出し、職務等で海外に渡航したインド人にターバンを巻いたシク教徒を多く見かける。ムガル帝国時代に武器を持って戦っていたためともされるが、それがターバンの着用はインド人の習俗であるとの世界的なイメージにつながった。技術的な事項に強い者が多く、インドのタクシー運転手にはシク教徒が多い。

関連項目[編集]