PPSh-41

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PPSh-41
Пистолет-пулемет системы Шпагина обр. 1941.jpg
PPSh-41(後期生産型)
PPSh-41
種類 短機関銃
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計・製造 設計:G・S・シュパーギンロシア語版
年代 第二次世界大戦
仕様
種別 短機関銃
口径 7.62mm
銃身長 269mm
ライフリング 4条右転
使用弾薬 7.62×25mm トカレフ弾
装弾数 71発(ドラム形弾倉)
35発(箱形弾倉)
作動方式 シンプル・ブローバック方式
オープン・ボルト撃発
全長 840mm
重量 3500g
発射速度 900 - 1000発/分
銃口初速 488m/秒
有効射程 150m
歴史
設計年 1940年
製造期間 1941年 - 1950年代
配備期間 1941年 -
配備先 ソ連軍
東側諸国
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
国共内戦
朝鮮戦争
ベトナム戦争
カンボジア内戦
バリエーション バリエーションを参照
製造数 500万丁以上
テンプレートを表示

PPSh-41(ペーペーシャ・ソーラクアジーン、ロシア語Пистолет-пулемёт Шпагина (ППШ) (Pistolet-Pulemyot Shpagina))とは、第二次世界大戦時にソビエト連邦(以下「ソ連」と表記)で使用された代表的な短機関銃である。

正式名称は「7,62-мм пистолет-пулемёт образца 1941 года системы Шпагина (シュパーギン1941型7.62mm短機関銃)」。バラライカあるいはマンドリンの異名でも知られる。

開発[編集]

1939年11月、ソ連軍フィンランドに侵攻し、冬戦争が勃発した。だが、ソ連はフィンランド軍に大苦戦し、特に小部隊でスキー武装したフィンランド軍の補給部隊に対する一撃離脱戦法に悩まされる。彼らの装備していたKP/-31のような短機関銃は、近距離における瞬発火力が、小銃よりずっと高かった。また銃身が短い分、森林のような場所での取り回しも良かった。

この戦いにより近接戦闘時の短機関銃の有効性を再認識したソ連軍は、同年2月に生産中止になって兵器庫にしまい込まれていたPPD-34/38を慌てて引っ張り出し、同年12月にPPD-38の増産を決定した[1]

1940年、改良型のPPD-40を開発・生産するが、依然として非常に重く、鍛造部品を削り出す大量生産に不向きな製造工程は変わらなかった。そこでソ連軍は大量生産の可能な短機関銃の開発を求めた[1]

銃設計技師のシュパーギンはPPD系短機関銃を徹底的に分析し、これをより近代的な生産方式で製造することを考え、1940年9月にプロトタイプを軍に提出。同年10月に、シュピタルーニとの競争試作に勝利し、同年12月に砲兵総局局長のソ連邦元帥グリゴリー・クリークからPPSh-41として制式採用する旨が伝えられた[1]

概要[編集]

PPSh-41は依然としてPPDから使用されていたドラム型弾倉(後に箱型弾倉が登場)・木製ストックを採用しているものの、各所に新機軸が加えられている。

レシーバ(機関部)はドイツのMP18と同じく上下2分割構造であり、メンテナンス時には銃身基部にあるヒンジを軸に中折れ状態に分解できる。

銃身放熱カバーと上部レシーバ(機関部)は一体構造であり、鋼板プレス(高度な水準ではなく板金曲げ加工に近い)で製造され、銃身はカラーとともに放熱カバー内に挿入され、リベットで固定されている。

当時の短機関銃には低空で飛来する敵機への対空射撃能力も期待されていたため、ボルトは軽量化されて発射速度は900 - 1000発/分と格段に上がっていた。

また、銃身カバー先端を傾斜させ、発射時に噴出するガスの圧力で銃口を押し下げるマズルブレーキとして用いる工夫がなされ、以降のソ連製自動火器では様々なアイデアのマズルブレーキが装着されるようになった。

ドラム型弾倉については工場や製造時期によって、補強用の溝の半径が異なるものが数種類ある。

銃身については、「どうせホースの水のように弾丸をばら撒くのだから命中精度は問題ない」として、兵器庫で山積みになっていたM1891/30の銃身を切断して、2丁のPPSh-41の銃身として製造しようとする話があったが、実現していない[1]

改良[編集]

箱型弾倉。

PPDから採用されていたドラム型弾倉は、弾薬装填にゼンマイを使用し、ドラム内に均等に弾薬を並べることが大変だった。また装填中に弾薬が弾け飛び、ゼンマイで指を切断するといった事故もしばしば起きた。これは本銃のドラム型弾倉の構造が、銃弾送り用ゼンマイを巻いてから銃弾を装填していくためである[2]

1942年2月には国家防衛委員会から、PPSh-41の生産拡大には構造が複雑なドラム弾倉は不適であると指摘される。そこで35連発用の箱形弾倉を試作し、配備されたようになった。だが、今度は弾倉がへこむという苦情が前線から出るようになる。調べてみると厚さ0.5mmの鉄板では強度不足であることが判明し、1mm鉄板に変更してみると問題が解決された[1]

ドラム弾倉の問題以前から、照準器の簡略化が言われており、実験的に500mサイトを廃止し、100mと200mのみの近距離専用型にしてみたところ実用に問題がなかったため、この仕様で生産されることになった。同時に照星も溶接による単純固定式となった[1]。のちの改良で、照準器側面にはカバーが付けられたものが生産された。

その他の改良としては、弾倉受部が補強され、銃身内はクロムメッキを施し、緩衝材が厚さ18mmのファイバーから革製に代用されていった[1]

こうして生産効率を第一にした改良により単純な構造となって、過酷な気象状況でも手入れしなくとも確実に動作するため、信頼性が向上した[1]

運用[編集]

スターリングラードで鹵獲したPPSh-41を使用するドイツ兵(1942年)
ハンガリー労働者民兵の団章。

PPSh-41は制式採用後、1941年に98,664丁造られ[1]ドイツ軍の侵攻に間に合う形になった。1942年には1,499,269丁造られ[1]、1941年元旦の部隊交付数は55,147丁[1]だったのが、1942年元旦には298,276丁[1]、1943年元旦は678,068丁[1]、1944年で1,427,085丁[1]が部隊で使用されるまでになり、終戦までに500万丁以上[1]という大量生産が行われた。

このため、どの歩兵中隊にもSMG小隊は存在し、ソ連海軍歩兵から、偵察部隊や空挺部隊などの特殊部隊まで幅広く使用され、戦車跨乗大隊では全員が装備している部隊もあったほどである[1]。まさにソ連軍を代表する短機関銃となった。

しかし、大量に配備されたからと言って、不満がなかったわけではなく、偵察兵と戦車兵、工兵や通信兵などから重量や携帯性から使いづらいと批判があり[1]、また、軍当局もPPSh-41の生産が軌道に乗ると、少し材料を浪費していると考えるようになる[1]

1942年、ソ連軍はPPSh-41よりコンパクトで生産効率が良い新型短機関銃の開発を要求する。シュパーギンはPPSh-2をデザインするも不採用となり、スダエフのPPSが採用されるが、既に本銃が前線に大量配備されていたことから生産は抑制され、1945年までに100万丁近く製造されるに終わった。また、PPSが採用されていても、PPSh-41は1945年まで生産され続けた。

PPSh-41は通称ドイツ兵からは「バラライカ」、また日本兵からは「マンドリン」などいろんな俗称で呼ばれた。また、装弾数の多さや堅牢な構造が好まれたのか、ドイツ軍鹵獲した本銃に「MP717(r)」という名称を与えて使用した。

第二次大戦後、AK-47の採用でソ連軍から退役したPPSh-41が東側諸国に供与された。また、中国(50式衝鋒槍)と北朝鮮(49式衝鋒槍)でライセンス生産がなされ、しばらくは東側諸国の主力短機関銃として、朝鮮戦争ベトナム戦争などで使われていた。北ベトナム軍では、「K-50M」という改良型も使用している。

また、第二次大戦直後に、 武力によって独立を勝ち取った国や政権を奪取した政府にとって、戦乱で使用したPPsh-41は革命の象徴とされることが多く、様々なもののモチーフにされている。例を挙げると、ハンガリー労働者民兵の組織の団章(団旗)には、PPsh-41の図柄を取り入れられている。

バリエーション[編集]

PPSh-41
第二次世界大戦でソ連軍が使用したオリジナルタイプ。改良の項目にあるように、生産時期によって仕様に差異がある。また、生産工場によって部品形状など、細かい箇所での差が多く見られる。
戦後は東側諸国に広く供与された。
MP717(r)
ドイツ軍鹵獲したPPsh-41の呼称名。戦地でそのまま使用したり、自国の主力拳銃弾である9mmパラベラム弾を使用しているMP40の箱形弾倉を使用出来るように改造して使用した。
50式衝鋒槍
中国でライセンス生産されたPPsh-41。箱型弾倉を使用する。
北ベトナム軍も中国から供与された本銃を使用した。
49式衝鋒槍
北朝鮮でライセンス生産されたPPsh-41。ドラム型弾倉を使用する。
M49短機関銃
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国で設計された短機関銃。1949年から、ツァスタバ・クラクヤベク兵器廠で製造された。
PPsh-41に強い影響を受けており、ドラム型弾倉・箱型弾倉は互換性があるものの、内部構造は異なる。PPsh-41とは、銃身放熱カバーとコッキング・ハンドルの形状、薬莢口が左に空いている点、レシーバが木部からはみ出している点などの外見上の差異から区別できる。 照星を保護するカバーはKar98kとよく似た形をしている。
ユーゴスラビアで撮影されたいくつかの戦争映画にはPPSh-41の代役として登場している。
K-50M
北ベトナム軍が使用した50式衝鋒槍の改良型。
50式衝鋒槍は木製曲銃床だったが、本銃は木製の銃把と鉄製のパイプ状の銃床となっている。銃床は前後にスライドさせて長さを変えられる。50式衝鋒槍より3in短く、銃身放熱カバーの形状も変更され、外観は50式衝鋒槍と大きく異なっている。グリップはAK-47、照星はMAT 49のものを流用している。

登場作品[編集]

PPSh-41を装備するポーランド兵(1951年)
49式衝鋒槍を装備する北朝鮮兵のモニュメント(祖国解放戦争勝利記念館)

映画・テレビドラマ[編集]

第二次世界大戦のソ連軍・戦後の共産陣営軍を扱った作品の多くに登場する。

漫画・アニメ[編集]

ゲーム[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r ガリレオ出版『グランドパワー』1月号別冊 第2次大戦 ソ連軍陸戦兵器
  2. ^ 米国のトンプソン・サブマシンガンもドラム型弾倉を使用するが、こちらは銃弾装填後にゼンマイを巻く仕組みだったので同様の事故は起こっていない模様。
    尚、この事故については、大量生産を優先した戦時急造態勢の結果、品質が著しく低下したものが多かったことも一因とされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]