Ak 5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ak 5
BasicAk5.jpg
Ak 5を携行するスウェーデン軍水陸両用連隊隊員
Ak 5
種類 軍用小銃
製造国 スウェーデンの旗 スウェーデン
設計・製造 FNハースタル/ボフォース
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.56mm
銃身長 450mm, 350mm(Ak 5C)
ライフリング 6条右転
使用弾薬 5.56x45mm NATO弾
装弾数 30発(箱型弾倉
作動方式 ガス圧利用方式
全長 1,010mm(750mm)
852-914mm(667mm)(Ak 5C)
重量 3,900g, 4,000g(Ak 5C)
発射速度 650-700発/分
銃口初速 930m/秒
有効射程 500m
歴史
設計年 1981年
配備期間 1986年-現代
バリエーション Ak 5, Ak 5B, Ak 5C, Ak 5Dなど
製造数 約190,000(Ak 5)
約5,200(Ak 5B)
約40,000(Ak 5C)
テンプレートを表示

Ak 5(automatkarbin 5)は、ボフォース社が製造するスウェーデンアサルトライフルである。

概要[編集]

Ak 5は、スウェーデン軍の主力小銃Ak 4(H&K G3ライセンス生産)の後継小銃として、ベルギーFN社製アサルトライフルFN FNCスウェーデンの気候条件に合わせて改良した銃である。5年間のFNCからの設計変更作業ののち、1986年から軍に正式配備が開始された。2006年以降は大規模な近代化改修が実施され、現在は完了している。また、Ak 5はAk 4の完全な置換を目的として配備されているわけではなく、郷土防衛隊は現在も以前と同様にAk 4を改修したAk 4Bを使用し続けている。

FNCからの主な変更点は以下の通りである。

  • 耐腐食性を伴うグリーンの塗装
  • 前部アイアンサイトの形状変更
  • ハンドガードの形状変更
  • レール取り付け式フォアグリップの装備
  • 3点バースト射撃機能の廃止
  • ボルトの改良
  • マガジンリリースボタンの大型化
  • トリガーガードの大型化
  • FNC型ストックと形状変更されたストックの併用

バリエーション[編集]

Ak5[編集]

Ak 5シリーズの基本モデル。

Ak 5B[編集]

マークスマン・モデル。チークパッド付き銃床と取外し可能なアイアンサイトを持ち、4倍率SUSAT L9A1トリチウムサイトを装備する。一般的には分隊長が装備していた。

Ak 5CF/Ak 5C[編集]

Ak 5C

Ak5シリーズの近代化モデル。ボルトストップ機能の追加やピカティニー・レールの装備、各部の両利き化など近年のアサルトライフルの特徴を取り入れている。

Ak 5CF
近代化モデルを大量生産に移行する前に作られた試作モデル。Fはförsök(「試作」の意)の頭文字。
Ak 5C
F型でのトライアルを経て正式採用されたモデル。2006年以降、アフガニスタンなど危険度の高い海外派遣部隊のAk 5から優先的に順次C型化改修を受けた。現在は全Ak 5の改修を完了している。
Ak 5からの主な変更点は以下の通りである。
  • 信頼性の向上
  • フラッシュサプレッサーの形状変更
  • スリングスイベルの形状変更
  • 前部アイアンサイトのフリップアップ化
  • ピカティニー・レールとライトなどのリモートスイッチの挿入部を備えた新型ハンドガードの装備
  • レール取り付け式フォアグリップの装備
  • アッパーレシーバーのピカティニー・レールの装備
  • ドットサイトの標準装備
  • ボルトストップ機能の追加
  • 射撃モードセレクターの両利き化
  • グリップの形状変更
  • プラスチック製シースルーマガジンの導入
  • 伸縮機能付き銃床の装備
  • ナイロン製タクティカルスリングの導入

Ak 5D[編集]

Ak 5D

銃身とハンドガードを切り詰めたカービンモデル。レンジャー隊員や市街地での戦闘要員、車両搭乗員のために開発されピカティニー・レールを装備している。警察用にフルオート機能を廃したCGA5Pなどがある。現在はAk 5Cと同内容の改修を受けたものが使用されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]