モシン・ナガンM1891/30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モシン・ナガンM1891/30
Mosin 1891 30 left.jpg
モシン・ナガンM1891/30
モシン・ナガンM1891/30
種類 軍用小銃
軍用狙撃銃
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計・製造

設計 セルゲイ・イバノビッチ・モシン
レオン・ナガン

製造 :トゥーラ造兵廠、イジェフスク造兵廠など多数
仕様
口径 7.62mm
銃身長 730 mm
使用弾薬 7.62mm×54R(ラシアン)
7.62mm×53R(フィンランド)
装弾数 5発(箱型弾倉・クリップ)
作動方式 ボルトアクション方式
全長 1,287 mm
重量 4 kg
銃口初速 ライフル 850 m/秒
歴史
設計年 1930年
製造期間 1930年 - 1944年
配備期間 1930年 - 1950年代(狙撃銃型は1960年代
配備先 ソ連軍
フィンランド国防軍
東側陣営
関連戦争・紛争 スペイン内戦
第二次世界大戦
国共内戦
朝鮮戦争
ベトナム戦争
その他多数の内戦・紛争
バリエーション バリエーションを参照
テンプレートを表示

モシン・ナガンM1891/30ロシア語Винтовка образца 1891/30-го года, винтовка Мосина (Vintovka Mosina))はソビエト連邦(以下「ソ連」と表記)で開発されたボルトアクション方式小銃ロシア帝国時代に開発されたモシン・ナガンM1891の改良型である。第二次世界大戦中に、ソ連軍の主力小銃として活躍し、狙撃銃としても使用された。

M1891/30から派生した騎兵銃型のM1938と、その改良型であるM1944、その他のバリエーションについても述べる。

開発[編集]

1930年代以前までのソ連軍の主力小銃は、ロシア帝国時代から製造されていたモシン・ナガンM1891であった。

この小銃は帝政ロシア時代のセルゲイ・モシン大佐とベルギー人エミール・ナガンレオン・ナガン兄弟によって開発されたボルトアクションライフルで、1891年に帝政ロシア軍に制式採用された。当時の小銃は単発後装が主だったが、M1891は5連発の弾倉を装備することで火力も格段に上がった。しかし銃の全長が長く、戦場で使うのにはいささか不便であった。

しかし、改良は行われており、1924年には、E.カバコフとI.コマリツキーが、剣留めをスプリング式リングに変更してグラつきを無くした。パンシンは照星覆いを開発し、装弾クリップも単純化し、照尺も頑丈なものに変更された。

だが、タンジェントサイトの距離表尺の標示に帝政ロシア独自の単位であるアルシン[1]を使用していたため、兵士の間では不評であった。赤軍部内でもM1891の陳腐化に伴い、新型小銃の開発が不可欠であると判断された。そこで1920年後半に入ってからM1891の改良型の開発に着手しはじめた。

1930年4月28日、それらの改良を総合したうえで、距離表尺の標示をメートル法にし、コストダウンを施したM1891/30が採用され、生産を開始した[2]

概要[編集]

M1891/30はM1891で問題があった点を改良している。機関部の構造や使用弾薬など基本的にはM1891と変わらない。

新規製造されたものと、既存のM1891からM1891/30相当に改修されたものの2種類存在する。

銃身長を10cm程短くし、M1891の騎兵用モデルであったドラグーン・ライフルとほぼ同じ長さになった。

リア・サイト(照門)の、距離表尺の標示を、アルシンからメートル法に変更。更にリア・サイトとフロント・サイトが強化され、フロント・サイトに筒状のカバーが付けられた。

生産簡略化のため、機関部前方にある銃身受部が、六角形から円筒形へ変更。M1891からの改修型は、六角形のままである。

木部については工場や製造時期によって単材製と合板製の2種類がある。

銃剣については、M1891と同じスパイク型を使用。第二次大戦中のソ連軍では、銃剣は着剣状態で携行するため、鞘が付属しておらず、銃剣状態で射撃することが基本とされていた。照準も着剣状態に合わせて調整しているため、銃剣を外して撃つ場合、改めて調整し直さなければならなかった[2]

狙撃銃型[編集]

1930年代になるとソ連軍は狙撃銃に興味を持つようになり、1937年頃からM1891/30の狙撃銃型を登場させている[2]。名称は小銃型と同じM1891/30である。

狙撃銃型は主力小銃型と比べて、精選された銃身が使用され、装弾するとき直線型ボルトハンドルとスコープが干渉するため、ボルトハンドルが垂れ下がった形状に変更されている。

使用するスコープについては、1930年代にカール・ツァイス の工場設備を購入して、開発に着手している[2]

最初に、銃身へブラケットを付け、倍率4倍のPEスコープを装着した狙撃銃型を登場。PEスコープは、アイ・レリーフ(眼とレンズの間)が10cmで、上下左右の調節機能が内蔵されている。銃とスコープの間は8cm近くあり、そこでメタリックサイトを使用することができた[2]

次に、レールタイプのベースにVPスコープを載せた狙撃銃型が使われ、最終的には既存のスコープより小型である、倍率3.5倍のPUスコープを架装するようになった。PU型スコープは、トカレフM1940半自動小銃にも使用されたスコープだが、PEスコープに取って代わることはできなかった[2]

また、サプレッサーを付けた狙撃銃型も使用されている。サプレッサーは全長232mm、直径32mmの円筒で、直径15mmのゴム2枚で発射ガスを捕捉して減音する仕組みだった。150.5グレインの弾頭を使用したパルチザン実包(減装弾)を使った[2]

騎兵銃型[編集]

1939年2月26日には、M1891/30の騎兵銃型であるM1938が制定された[2]

M1938は基本構造はM1891/30と変わらないが、全長101.6cm・銃身長50.8cm・重量3,470gと小型化された。しかし、M1891伝統のスパイク型銃剣は装着できなかった。主に騎兵、通信兵、砲兵で使用された。

ソ連軍は第二次世界大戦で実戦を経験すると、平原だけでなく、森林や塹壕、市街地などでも戦闘が行われ、障害物を越える戦闘もあったため、全長123cm(着剣状態では166cm)もあるM1891/30では不便であることに気付いた。また、白兵戦を重視する観点から、M1938に折り畳み式の銃剣を備え付けることが検討され、1943年5月に8種類がテストされた。そこで、セミンのシステムが採用された[2]

1944年1月に、M1938に折り畳み銃剣を備えた改良型のM1944が、歩兵・騎兵・補給部隊用として交付され、これをもってM1891/30・M1938の生産は中止された[2]

M1944は、スパイク型銃剣を銃口右側に装着し、普段はこれを側面へ折り畳んで収納する。全長102cm・銃身長51.5cm・重量3,900gで、交戦時に白兵戦への切り替えが容易となり、狭い戦場でも取り回しが便利になった。300 - 400mでの命中率は、M1891/30とそれほど劣らなかったという[2]

運用[編集]

M1891の後継小銃としてようやく登場したM1891/30は、第二次世界大戦を通してソ連軍にとって代表的な小銃となった。

主力小銃として開発されたM1891/30であったがソ連の広報、プロパガンダでは狙撃銃型の写真がよく使用された。そのため一般にはM1891/30は狙撃銃として認識されることが多かったようである。

1940年、M1891/30の後継小銃としてトカレフM1940半自動小銃が登場した。だが、不具合が多くてまともに使用できなかったため、置き換えに至らず、M1891/30は現状維持のまま戦線で使用され、1944年まで生産が続行されている。

1944年、M1891/30小銃とM1938騎兵銃を統合したM1944騎兵銃が登場し、戦後も1946年まで生産された。

交戦したドイツ国防軍も多数鹵獲し、それぞれの型に独自の名称を与えた。ドイツ軍は特に狙撃銃型を「7.62mm ZielGew256(r)」の名称で盛んに使用した。M1891/30は「Gew254(r)」の名前で、現地仕様以外にも親独ロシア人部隊やドイツ側保安部隊でも使用され、1944年には国民突撃隊にも交付されている。M1938は「Kar453(r)」として、警備隊や警察部隊が使用していた。M1944も若干数鹵獲していたようで「Kar457(r)」の名称を付けている[2]

第二次世界大戦終結直前の1945年に、半自動カービンのSKSがソ連軍の主力小銃として採用され、置き換えが開始された。1949年には、革新的な自動小銃であるAK-47への更新が進められ、1950年代になるとSKS共々、第一線の歩兵部隊では使用されなくなっていった。

M1891/30の狙撃銃型は、戦後もソ連軍の制式狙撃銃として使用され続け、1960年代にSVDライフルが登場して以降、順次置き換えられた。

独ソ戦以前のM1891/30の生産数は、1930 - 1935年で1,216,290挺だったが、1937年には560,545挺、1938年は1,124,664挺、1939年に1,396,667年、1940年に1,375,822挺であった。狙撃銃型は1932年で749挺、1933年で1,347挺、1936年で6,637挺、1937年で13,130挺、1938年で19,545挺と斬増していった。ドイツ軍が侵攻して来た1941年で1,292,475挺(うち騎兵銃は419,084挺)、1942年で3,714,191挺(うち騎兵銃687,426挺)、1943年で約340万挺製造されている。第二次大戦の間にソ連軍は、約1200万挺の小銃と騎兵銃を納入しており、主にイジェフスクで生産された[2]

民間での使用[編集]

ボルトアクション銃の常として狩猟ライフル・スポーツライフルとしても使用されている。

後継となったAK-47の成功、そして世界的なアサルトライフルの一般化で、ボルトアクションの小銃は軍用としては著しく旧式となり価値を失った。1960年代のフィンランドが国外に輸出したモシンナガンは西側のコレクター・骨董収集家などの手に渡っている。またソ連崩壊後、ロシアのモロト社がКО-91/30としてM1891/30のレプリカを製造している。また古くから製造していたトゥーラ社(旧トゥーラ造兵廠)も民間向けにモシン・ナガンの改良型やモシン・ナガンをベースにした銃を製造する。

その他ベルリンの壁崩壊に伴い東側に多数存在したモシン・ナガンが外貨獲得手段として一斉に西側に流出した。資料的価値のみならず、スポーツライフル・猟銃用ライフルとしても安価といえた。

大量に製造されたうえ、旧ソ連諸国から海外へ多数流出しているため、現在でも武装ゲリラ等の手に渡って、紛争で使われている。

備考[編集]

第二次世界大戦中にソ連軍で使用されていたPPSh-41短機関銃の逸話として、「どうせホースの水のように弾丸をばら撒くのだから命中精度は問題ない」として、兵器庫で山積みになっていたM1891/30の銃身を切断して、2挺分のPPSh-41の銃身として製造しようとする話があった[2]

バリエーション[編集]

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

M1891/59
  • M1891/30
    最も多産なバージョン。1930年から1945年まで全てのソ連歩兵連隊に配備された。小銃型と狙撃銃型の2種類が存在。1930年から1944年まで製造。
  • M1938 - M1891/30の騎兵銃型。銃剣は装着できない。1939年から1944年まで製造。
  • M1944 - M1891/30とM1938の統合型。折り畳み式の銃剣を装備。1944年から1946年まで製造。1948年まで配備。
  • M1891/59 - M1959とも表記される。M1938の再生産型。

ロシアの旗 ロシア

  • КО-91/30 - モロト社が製造するM1891/30のレプリカ
  • КО-91/30M - モロト社が製造するM1891/59のレプリカ
  • OTs-48 - KBPの子会社のTsKIB SOOが製造スポーツ、狩猟用のモシン・ナガン

ナチス・ドイツの旗 ドイツ国- ドイツ軍は鹵獲した銃に独自の名称を与えている。

  • Gew254(r) - M1891/30小銃型
  • 7.62mm ZielGew256(r) - M1891/30狙撃銃型
  • Kar453(r) - M1938
  • Kar457(r) - M1944

フィンランドの旗 フィンランド

フィンランドのM39
  • M91/35 - M27の代替モデル。M28 M28/30などと共に置き換えられた。
  • M39 - 軍の提案により若干変更点があるM28/30を元に作られたモデル。初期生産型はモシン・ナガン特有である直線型グリップを採用しているが、以後のモデルは握り込み型であるピストルグリップを採用。冬戦争終盤までに僅か10丁のみが納入されたが、後の継続戦争には96,800挺が納入された。
  • M56 - 7.62x39弾使用モデル。実験用に開発。
  • M39/60 - M39に暗視光学装置を搭載したモデル。
  • M28/57 - バイアスロン向け7.62x54R弾使用。
  • M28/76 - 選抜射手/競技射撃向けモデル。フィンランド陸軍で改造・製作された。
  • Tkiv 85 - 選抜射手/狙撃手向けモデル。

エストニアの旗 エストニア

  • M1933
  • M1938
  • KL300
  • M1935

ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国

ハンガリーのM/52
  • M/52 - M1891/30狙撃銃型のコピー品。
  • M44 Pattern

ルーマニアの旗 ルーマニア

  • M44 Pattern
  • M91/30 Pattern

ポーランドの旗 ポーランド

  • wz. 1891/30 - wz.1891の近代改修型。

チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア

  • VZ91/38 カービン
  • VZ54 スナイパーライフル

中華人民共和国の旗 中国

53式
  • 53式 - ソビエト製M1944カービン銃のライセンス生産モデル。ストックには「チュー木」を使用している。


登場作品[編集]

ソ連軍の制式小銃・狙撃銃だったため、第二次世界大戦を題材とした作品などで、ソ連兵が出てくる場面にて多く登場する。

映画・テレビドラマ[編集]

主人公、ヴァシリ・ザイツェフが使用。ターニャ・チェルノワもM38を使用
反体制派のアジトにあったものを使用。ベケットは作中にモシン・ナガンを「モーゼル7.92」と言っており、これがシナリオ作家の勘違いか、それともトム・ベレンジャーの勘違いかは定かではない。ちなみに相手もブルパップ改造したものを使っている。
要人警護任務でスナイパー対策として任務地の博物館にあったものを使用。

漫画・アニメ[編集]

  • 鋼の錬金術師‐アエルゴ軍の制式銃として登場。
  • ザ・コクピット‐「天使の徹甲弾」
  • 黒執事
  • 神さまのいない日曜日 - 村人またユリー・サクマ・ドミートリエビッチが使用。

ゲーム[編集]

ボス敵の一人ジ・エンドが麻酔銃として使用。主人公も使用可能。この作品に登場するのは、ピストルグリップと折り畳み式ストックが装着されたものである。
麻酔銃としてドレビンショップで購入可能。
マザーベースで開発可能。麻酔銃。
狙撃銃扱いの武器として登場。麻酔銃。
狙撃銃扱いの武器として登場。麻酔銃。
ソ連兵がプレイヤーキャラクターとなる初代UOFH2WaWBOで登場。
主人公やソ連軍兵士が使用。
ベトナム兵が使用

小説[編集]

  • 強行偵察‐鳴海章の長編バトルアクション小説。主人公の元陸自隊員が使用。

脚注[編集]

  1. ^ 1アルシンは約71.12cm
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n ガリレオ出版『グランドパワー '07 1月号別冊 第2次大戦 ソ連軍陸戦兵器』

M1891/30を使用した有名な狙撃手[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]