バレット・ファイアーアームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M82A1

バレット・ファイアーアームズ: Barrett Firearms)は、ロニー・バレット(: Rodney Barrett)によって1980年に創設されたアメリカメーカーである。主力商品はM82A1アンチ・マテリアル・ライフル(対物狙撃銃)である。

歴史[編集]

バレットはM82を1982年に開発したが、1989年スウェーデン軍に納入するまで大きな販売契約を取り付けることができなかった。この後、高い破壊力と射程距離がアメリカ軍の大きな注目を引き、湾岸戦争に投入された。現在ではM82はアメリカを始めとして世界40カ国以上で運用されている。

M82A1の成功により、バレット・ファイアーアームズはM95M99そしてM99-1といった.50口径ライフルを次々と開発していった。これらの派生型の作動方式はボルトアクションであり、セミオートで発射することができないが、M82と比べて民間人や政府機関にとっては手の出しやすい値段であった。

バレット・ファイアーアームスは現在2つの大きなプロジェクトを抱えている。一つ目が、6.8mmレミントンSPC弾を使用するAR-15/M16/M4用のM468(REC7)アッパーレシーバー(銃身と遊底のセット)の開発製造である。この6.8mm弾は現在アメリカ軍を始めとした西側各国で使用されている5.56mm NATO弾よりも破壊力のある弾であり、特殊部隊による試験運用においてその威力が評価されている。二つ目がXM109と呼ばれる大口径狙撃銃である。これはバレットM82の25×59mm弾を使用するモデルであり、これも特殊部隊に一部先行導入されている。M82と違い成形炸薬弾が使用可能で、一部の主力戦車でも主装甲以外なら貫通可能となっている。

バレットはまた弾丸の新規開発も行っており、米国で規制の厳しくなった.50BMG弾に変わって同弾を小型化した.416バレット弾を開発した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]