さばげぶっ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さばげぶっ!
survival game club!
ジャンル ギャグ学園サバゲー
漫画
作者 松本ひで吉
出版社 講談社
掲載誌 なかよし
レーベル 講談社コミックスなかよし
発表号 2011年1月号 - 連載中
発表期間 2010年12月1日 - 連載中
巻数 既刊7巻(以下続刊)
アニメ
原作 松本ひで吉
監督 太田雅彦
シリーズ構成 あおしまたかし
キャラクターデザイン 工藤昌史
音楽 三澤康広
アニメーション制作 studioぴえろ+
製作 「さばげぶっ!」製作委員会
放送局 #放送局を参照
放送期間 2014年7月 -
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

さばげぶっ!』(survival game club!)は、松本ひで吉による日本漫画作品。『なかよし』(講談社)にて、2011年1月号より連載中。本作品は高校を舞台に、女生徒達が部活動としてサバイバルゲームに興じるギャグ漫画である。2014年7月現在、単行本は第7巻まで刊行されている。

2014年7月よりテレビアニメが放送中。これを記念して、同じく講談社の『モーニング』2014年32号および『週刊少年マガジン』2014年34号に「出張版」が掲載されている。

あらすじ[編集]

梧桐(あおぎり)学園高校[注 1]に転校した女子高校生・園川モモカはその初日、電車内で痴漢行為を働こうとした男に絡まれるが、同じ高校の先輩・鳳美煌に助けられる。実は彼女は「さばげ部」というサバイバルゲームの部活の部長で、モモカを大変気に入って無理やり部に加入させた。

かくして、モモカはサバイバルゲームに明け暮れる日々を送ることになる、かと思いきや、実際には、サバイバルゲームそっちのけでバカなことをやらかす[注 2]さばげ部の面々に振り回されるのだった。

登場人物[編集]

さばげ部[編集]

園川 モモカ(そのかわ モモカ)
- 大橋彩香
本作の主人公。梧桐学園高校に転向してきた少女。15歳、1年C組。いて座、血液型はAB型。使用する銃は「Beretta 92F[M9]」。
一人称は「わたし」、美煌のことを「部長」、麻耶のことを「麻耶さん」、うららのことを「うらら」、かよのことを「豪徳寺さん」、からあげ☆レモンのことを「レモン」と呼ぶようになる。
表向きは良い子だが内面はかなりの毒舌家で、原作では転校早々同級生にいじめられた後に、美煌からそれを咎められた同級生がモモカに謝罪するシーンまでしか描かれていないのに対し、アニメ版ではその同級生へ報復する腹黒な一面が追加されている。また、ストーリーが進むごとに外道な一面を見せており、それに比例して身体能力(うららに対するツッコミ技)も上昇している。射撃の才能を見込んだ美煌の悪だくみにより強制的に入部させられ、自分には変態を寄せ付けるパワーがあるのかも知れないと漏らす。カマキリとブロッコリーが大の苦手。非常に耳がよく、地獄耳である。
鳳 美煌(おおとり みおう)
声 - 内山夕実
さばげ部部長。18歳、3年A組。(単位不足で留年中なので厳密には満19歳)。10月10日生まれのてんびん座で血液型はA型。使用する銃は、自動拳銃の中で世界最強の破壊力を誇る「Desert Eagle Mark VII」。これ以外にも「M134」を所持。
一人称は「わたし」、モモカのことを「園川」、麻耶のことを「麻耶」、うららのことを「うらら」、かよのことを「かよ」と呼ぶ。
変人ではあるが超美人で、女子生徒達の憧れの的。本人もそのことを自覚している。電車の中で痴漢に遭っていた転校初日のモモカを助けるが、その際に使用したエアガン[注 3]を見咎められ、「車内で物騒なものを振り回す不審者」として駅員に拘束される。モモカのママ曰く、「凛々しくて統率力がありそうでカリスマの中にも狂気が見え隠れするような子」。モモカいわく「最悪の独裁者タイプ」。18歳ゆえ、高校生にもかかわらず18歳用エアソフトガンを使用できる。また、部のマスコットとしてM67破片手榴弾をモチーフにした「グレネードん」をデザインしている。
大富豪の家庭で育ったため、器物破損などの不祥事をことあるごとに金で解決している。一般常識に欠けている面が幾つも見られ、そこを部員にからかわれることもある。10歳の頃はボーイッシュな外見をしており、モモカをうららの暴力から助けたことがあるため、当時のモモカにとって初恋の人となってしまった。記憶力が相当悪く幼少期のことはもちろん、転校初日のモモカとの出会いについても忘れ去っていた。
ペットにライオンを飼っている。
甘酒を数口飲んだだけで酩酊するほど酒に弱く、酒癖が悪い。
経堂 麻耶(きょうどう まや)
声 - Lynn
さばげ部唯一の良心。16歳、2年E組。使用する銃は「M4A1 Carbine」。
一人称は「あたし」、モモカのことを「モモカ」、美煌のことを「美煌」、うららのことを「うらら」、かよのことを「かよ」、佐倉のことは「さくちゃん」と呼び、タメ口で接している。
裏表の無いフランクな性格で浮いた噂もなく、部員の中では影が薄いくらいである。部活の傍ら、グラビアモデルのアルバイトもたしなむスタイル抜群の少女で、その点をモモカやうららに嫉妬されたこともあるが本人はスタイルの良さにあまり自覚がない。言葉づかいは少々男っぽい。原作では羞恥心に欠けた一面を持っているが、出張版やアニメ版では緩和されている。
納豆が嫌いで、CM出演のオーディションの際は顔を合わせた瞬間に決まったらしく、当日までに食べられるようになるよう克服を決意する。モモカの一方的な妬みとも取れる指導による1週間の特訓の末、大戦後の帰還兵のようになってしまうが、それでもモモカに感謝する。結局、CMはモモカが代わりに引き受けるが、彼女もそれが原因で納豆嫌いになってしまう。
女性にも人気があるようだが、特に世間でお嬢様学校として知られている「純白清純女子大学」のサバゲ部兼グラビアアイドル研究会は彼女の熱狂的マニア。さばげ部に雪山でのサバゲ勝負を申し込み、麻耶以外の4人を早々に片付けた上で彼女をなぶる様に苦しめ、その様子に興奮している姿は麻耶に「まるでうららの同類」と云わせしめる。
サバゲとなるといつも真っ先にやられてしまう。
春日野 うらら(かすがの うらら)
声 - 大久保瑠美
15歳、1年A組。12月25日生まれのやぎ座。使用する銃は「GLOCK 26C」で、二丁拳銃
一人称は「わたくし」、モモカのことを「モモカさま」、美煌の事を「美煌さま」、麻耶のことを「麻耶さん」、かよのことを「かよさん」と呼ぶ。
一見、おっとりとしたお嬢様タイプの少女だが、激昂すると口調もドスの利いた荒いものになる。美煌には及ばないもののそこそこ裕福な家庭に住んでいるが、昔はかなり貧乏であった(いわゆる成金)。美煌の幼馴染で、彼女を慕うあまり幼少の頃より美煌に近寄る者をことごとく排除しており、さばげ部の部員が増えない一因となっている。美煌に気に入られているモモカのことも最初は目の敵にしていたが、後難を恐れた彼女の優しさに惚れて以来、モモカのことを愛してやまない。メイクの腕は上級。モモカのママ曰く、「ロリっぽくて小さくて可愛らしい中にも毒を隠しているような子」。鍛えぬいた握力50kgを誇り、背筋力120kgと併せて徒手格闘術を得意とする。
本人曰く料理が得意らしいが、見た目は完璧でも味は「胃が食べ物と認識すらしない不味さ」で、一口食べただけで激しい吐き気を催す。
薄紫のロングツインテールと口元のほくろが特徴。このほくろは第10話までは口元の右側に描かれているが、第12話以降やアニメ版では口元の左側に変更されている。また、アニメ版ではドM設定が追加されており、自分を叩きのめしたモモカの暴力性の虜になっている。
豪徳寺 かよ(ごうとくじ かよ)
声 - 東山奈央
さばげ部事務会見担当。15歳、1年C組。第1話から登場しているが、まともな紹介は第13話とだいぶ遅め。使用する銃は「Ingram MAC M11」で、二丁拳銃。
一人称は「自分」もしくは「わたし」、モモカのことを「園川さん」、うららのことを「うらら」と呼ぶ。
サバイバルゲームには興味を持たず、コスプレ趣味なオタク少女。無口ではあるが毒舌。モモカとはクラスメイトだが、授業中でも赤い雪男のコスプレ(さばげ部員からは身を隠すギリースーツと認識されている)をしていたため、気づいたのは入部後だった。IQ160の天才で、成績は常に学年トップ。背丈は部内で最も低い。
コスプレについては、他人を一瞬のうちに着替えさせることにも長けており、情熱も人一倍熱い。アニメ版でのサバゲ時にはゾンビと戦う某女性主人公のような姿となる。

その他のキャラクター[編集]

カモ
かつては美煌のペットであった、凶暴かつ多芸なオス[注 4]カモノハシうまい棒が好物。外見・行動ともカモノハシとはとても思われない謎の生物であり、モモカはその正体を探るべくカモを尾行していたが、それを美煌に見とがめられたために苦し紛れに「かわいいからだ」と発言し、そのまま押し付けられてペットとして飼うはめになる。モモカのママ曰く、「ぬいぐるみっぽい癒し系の中にも鋭い眼光のあざとい生き物」。
園川 かず江(そのかわ かずえ)
声 - 井上喜久子
モモカのママ。娘を「モカリン」と呼んでとことん溺愛しているが、好き嫌いには厳しい。いざという時はS&W M500を手にし、アニメ版ではさらに戦場を知り尽くしたようなセリフを使う。身体能力はかなり高く、一人でさばげ部を手玉に取れるほどである。
佐倉 恵那(さくら えな)
声 - 堀江由衣
さばげ部顧問を務める教師で部員からは「サクちゃん」と呼ばれる。一人称は「わたし」。本人は無自覚だが、非常なドジっ子かつトラブルメーカーで、何かと災難に遭っては怪我をして休職することもしばしば。さばげ部でも厄介事を持ち込むことが多く、部内では「嵐を呼ぶ女教師」という異名で呼ばれており、部員全員から迷惑がられ、疫病神扱いされている。さばげ部の顧問ではあるものの本人はサバゲを行うことはほとんどない(原作初期には美煌たちと一緒にサバゲの装いをしていたこともあった)。
石動 やよい(いするぎ やよい)
声 - 松井恵理子
容姿端麗な梧桐学園高校生徒会長。学年については明らかになっていない。一人称は「わたし」。生徒会総選挙の際、立候補もしていない美煌に大差で敗れた末に会長になったという経緯から彼女をライバル視している。美煌と同じく10月10日生まれのてんびん座で血液型はA型。かなりの不運の持ち主で、状況はいつも望まぬ方向へと流れていく。その挙句に他の生徒達に美煌に惚れていると誤解され、彼女に憎まれ口を叩いても見ている女性徒達にツンデレと解釈されてしまう様になってしまった。
羽黒 露世理亜(はぐろ ろぜりあ)
声 - かないみか
茅野小学校女子サバゲクラブ代表。一人称は「わたし」。モモカが見惚れる(アニメでは性欲を匂わせる発言が在る)程の可愛さを持った少女だが、彼女を「ババア」と呼ぶ等口が悪い。2年前の夏祭りで、縁日の射的を行った際に自分が欲しかったクマのぬいぐるみを美煌に取られた過去があり、それ以降は彼女をライバル視している。露世理亜本人は悪徳屋台の主人に腹を立てた(様に見える)美煌がぬいぐるみを代わりに取ってくれるものだと思っており、それを無視されたために深く傷ついたとのことで彼女を恨んでいたのが原因だが、美煌は「私が私の金でとったものをなぜくれてやらねばならん?」と正論を言っている。
原作では美煌に本物の熊を嗾けられて終わりだったが、アニメ版では最後にモモカや美煌、森の動物と仲間達と一緒に露天風呂に入り、モモカの言動がきっかけで美煌と和解し打ち解けた場面が追加される。
ヤミー
国民的アイドルで麻耶とは事務所つながりの友達。とあることから激太りしてしまい、かつてモモカのダイエットを成功させた美煌のトレーニングを頼ってさばげ部へと訪れる。自分の悩みを一蹴したモモカの言葉によって結果的に立ち直った。
美崎 ジュン(みさき ジュン)
高校2年生。生徒会役員。さばげ部に「花子さん」退治を依頼しに来た。
花子さん
学校の女子トイレに棲みついた、人間ではない存在。夜の学校を屋内戦闘実践場としたさばげ部メンバーと遭遇し、美煌が神社の御手水に浸したBB弾に被弾したことにより、消滅した。
店長
声 - 玄田哲章
エアガン、ミリタリーショップ「サバゲ野郎ze」の店長。原作ではRPGの武器屋の様な風貌の薄毛のヒゲ男であるが、アニメ版では筋肉モリモリのマッチョマンな風格に変更されている。
アニメ版では担当声優がナレーションも務めており、その声がキャラクターたちにも聞こえることがある。そのため、モモカからは「どこかで聞いたことがある声」と思われている。
からあげ☆レモン
声 - 荒井聡太
ディープなおたく風の男性で、ガンシューティングゲーム『デッド・オブ・テラー』(通称 : DOT)の日本チャンピオン一人称は「拙者」で「デュフフ」と笑う。モモカのことを「モモカ殿」と呼ぶ。
また会話でも(笑)や(爆)などのネットスラングを多用している。原作では小太りだが、アニメ版ではさらに肥満体に描かれている。
ゲームセンターで「勝ったらモモカとのツーショットプリ」という条件で彼女に「DOT」での勝負を挑む。勝利の目前、心の中に現れた美煌のアドバイスを受けたモモカの直接的物理攻撃によって負けてしまうが、戦い終えた後に生まれた奇妙な友情によってモモカとのツーショットプリをゲットする。その後、モモカは自己嫌悪に陥り死にたくなった。その後も時折モモカと遭遇している。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

スタッフ
原作 松本ひで吉講談社なかよし」掲載)
監督 太田雅彦
シリーズ構成 あおしまたかし
キャラクターデザイン
総作画監督
工藤昌史
総作画監督 桜井正明、一居一平(第6話 - )
伊部由紀子(第9話 - )
プロップデザイン 秋篠 denforword 日和
キーアニメーター 野澤吉樹
美術監督 河合泰利
色彩設計 阿部みゆき、川上善美
撮影監督 後藤健男
CGディレクター 秋元央
編集 小野寺絵美
音響監督 えびなやすのり
音楽 三澤康広
音楽プロデューサー 伊藤善之
音楽ディレクター 大久保隆一
音楽制作 ランティス
プロデューサー 加戸裕子、藤枝修一、高見正人、木皿陽平
北吉弘樹、田畑孝之、藍谷厚史
アソシエイトプロデューサー 仲吉治人、川添千世(第1話・第2話)
→山谷奈久留(第3話 - )、福井洋平
竹中聖子
アニメーションプロデューサー 小澤一由
アニメーション制作 studioぴえろ+
製作 「さばげぶっ!」製作委員会[注 5]

2013年9月3日にテレビアニメ化が発表され[1]2014年7月より放送中。

製作[編集]

みつどもえ』『ゆるゆり』『琴浦さん』に一貫して関わってきた監督の太田雅彦、副監督の大隈孝晴、シリーズ構成のあおしまたかし、音楽の三澤康広などに加え、本作ではアームスが親会社のstudioぴえろ+名義でアニメーション制作を担当しており[2]、エンディングアニメーション作画監督を担当した宮澤努などアームス所属者も実名で参加している。また、エフェクト監修として同職で知られるアニメーターの橋本敬史、銃器・装備監修としてイカロス出版の『MC☆あくしず』などで知られるイラストレーターの大藤玲一郎[3]、銃器監修協力としてホビージャパンの『月刊アームズマガジン』編集部がそれぞれクレジットされている。

ナレーションは俳優アーノルド・シュワルツェネッガーの吹き替えを務めている玄田哲章が担当し、作中にもシュワルツェネッガー映画オマージュが盛り込まれている[注 6]。また、このナレーションは作中のサバゲ描写のいい加減さ(眼の負傷を防ぐためのゴーグルを着けずに発砲するなど)のフォローや、発砲による出血描写が登場人物たちの妄想によるものであることの強調も担っている。

太田は本作以前での作品実績から女子ものの作品を依頼されることに考えるところがあったが、本作については少女漫画でサバゲという内容がいつかアクションものをやりたいと思っていた太田の嗜好と合致し、依頼を快諾した。そのため、本編にはアクション映画のオマージュが多く盛り込まれている。なお、主人公のモモカが原作以上に腹黒い外道と化すシーンが描かれたり、物語の舞台となる梧桐学園が原作では共学なのに対してテレビアニメ版では女子高となっているが、こういった設定変更については太田が本作をBD購入者への深夜アニメとして原作を壊さない範囲で調整し、視聴者の年齢層を上げようと考えた結果である。本作が太田との初仕事となるキャラクターデザインの工藤昌史についても、彼の絵にコンペで惹かれるものを感じた太田による起用である[4]

基本的に原作からのギャグが内容の大半を占めるが、アニメオリジナルのものも織り交ぜられているほか、第7話Aパート「しゅりょうぶっ!」では農作物を食い荒らす野生動物による食害や、それを防ごうと奮闘する猟師の高齢化による減少などの社会問題を取り上げるといった、真面目寄りの内容も盛り込まれている。同話では大日本猟友会の会員にして東京都猟友会武蔵村山地区に所属する脚本家の鴻野貴光が脚本を担当しており、取材協力として大日本猟友会以外にも東京都猟友会[5]武蔵村山地区長や、三進小銃器製作所[6]立川店長がクレジットされている。

プロモーション[編集]

2014年3月23日AnimeJapan 2014のオープンステージでスペシャルトークショーが開催され、同年3月22日に発表された主要声優陣5人[7]に加えてカモの着ぐるみが登壇した[8]。また、同年6月28日にはスペースFS汐留で第1話の先行上映イベント「TVアニメ『さばげぶっ!』7月まで待てない!できたて第1話をみんなで見ようの会っ!」が開催され、こちらにも主要声優陣5人に加えてカモの着ぐるみが登壇した[9]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「YES!!
作詞 - こだまさおり / 作曲・編曲 - 高田暁 / 歌 - 大橋彩香
第1話ではエンディングテーマとして使用。
エンディングテーマ「ぴてぃぱてぃサバイバード」
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 木下智哉 / 歌 - ゲスかわ☆ガールズ[園川モモカ(大橋彩香)、鳳美煌(内山夕実)、春日野うらら(大久保瑠美)、経堂麻耶(Lynn)、豪徳寺かよ(東山奈央)]
第1話では未使用。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 原作話
MISSION 1 入部!
入部と言ったな? あれは嘘だ
本当はリアルなサバゲをやるつもりでした
あおしまたかし 太田雅彦 荒井省吾 塚田ひろし、仁井学
Chang Bum Chul
第1話 - 第3話
MISSION 2 ツインテールのワナ
精神トレーニング
沈黙のKILL or DIE
子安秀明 大隈孝晴 福本潔 Chang Bum Chul 第4話・第27話
MISSION 3 ヤツが来る! 嵐を呼ぶ女登場!!
ヤツも来る! ヘルズチルドレンの挑戦!!
杉原研二 矢花馨 Lee Jong Gyeong 第10話・第11話・第16話
MISSION 4 運命(笑)のボーイミーツガールwww
痩せる意志を嗤う豚よ
カモなマイハウス
あおしまたかし 太田雅彦 矢野孝典 大田謙治 第5話・第15話・第21話
MISSION 5 昇天!?しずかなるサバイバル
死にぞこないのツインテ
聖戦――天使と悪魔のラグナロク
子安秀明 大久保政雄 松本マサユキ Kim Hyon En
Lee Jong Gyeong
Kim Jong Heon
MISSION 6 生徒会長石動やよいの復讐!
呆れるほど仁義なき戦い
杉原研二 大隈孝晴 荒井省吾 Chang Bum Chul
MISSION 7 しゅりょうぶっ!
オトコってやつは
HENTAI
鴻野貴光 福島利規 柊蜻蛉 Kim Bo Kyung
Kim Hyou Eun
竹内アキラ、吉岡敏幸
MISSION 8 純白防衛線
白銀の狩人たち。――麻耶、散る
子安秀明 誌村宏明 矢花馨 Lee Jong Gyeong
MISSION 9 犬かも物語
天国に一番近いプール
MAD爺婆X
杉原研二 朝倉カイト
太田雅彦
荒井省吾
太田雅彦
Chang Bum Chul

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送時間 放送系列 備考
東京都 TOKYO MX 2014年7月6日 - 日曜 22:30 - 23:00 独立局
日本全域 バンダイチャンネル 2014年7月7日 - 月曜 0:00 更新(日曜深夜) ネット配信
兵庫県 サンテレビ 月曜 23:30 - 火曜 0:00 独立局
日本全域 BS11 2014年7月8日 - 火曜 0:00 - 0:30(月曜深夜) BS放送 ANIME+』枠
京都府 KBS京都 火曜 1:00 - 1:30(月曜深夜) 独立局
日本全域 ニコニコ生放送 2014年7月9日 - 水曜 23:00 - 23:30 ネット配信 アーカイブ配信なし[注 7][注 8]
AT-X 2014年7月11日 - 金曜 23:30 - 土曜 0:00 CS放送 リピート放送あり
GyaO! 2014年7月14日 - 月曜 0:00 更新 ネット配信

関連商品[編集]

BD[編集]

発売日 収録話 規格品番
1 2014年9月24日予定 第1話 - 第2話
OVA SPECIAL MISSION 1
BCXA-0912
2 2014年10月29日予定 第3話 - 第4話
OVA SPECIAL MISSION 2
BCXA-0913
3 2014年11月21日予定 第5話 - 第6話
OVA SPECIAL MISSION 3
BCXA-0914
4 2014年12月25日予定 第7話 - 第8話
OVA SPECIAL MISSION 4
BCXA-0915
5 2015年1月28日予定 第9話 - 第10話
OVA SPECIAL MISSION 5
BCXA-0916
6 2015年2月20日予定 第11話 - 第12話
OVA SPECIAL MISSION 6
BCXA-0917

CD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2014年8月6日 YES!! LACM-14264(彩香盤)
LACM-14265(さばげぶっ!盤)
2014年8月20日 ぴてぃぱてぃサバイバード LACM-14266

関連番組[編集]

同時期開始のテレビアニメ『スペース☆ダンディ』(第2シーズン)との合同事前宣伝番組『さばげぶっ!&スペース☆ダンディアワー 〜今夜はWコメディでいくじゃんよっ!〜』が、2014年6月29日 23:00 - 23:30にTOKYO MXにて放送された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 原作では共学だが、アニメでは女子校。
  2. ^ そのせいか、アニメ第1話のアバンでモモカは「こんなタイトルだけど、リアルなサバゲを期待してるなら無駄なんで、テレビ消して寝たほうがいいよ。見てから文句言っても一切聞かないから」と吐き捨てている。
  3. ^ 原作ではベレッタM92F、アニメ版ではデザートイーグル50AE
  4. ^ カモノハシのオスだけが持っている毒針が後ろ足にあるため。なお、実際のカモノハシはワシントン条約により国際的な商業取引が禁止されているため、個人がペットとして飼うことはできない。
  5. ^ バンダイビジュアル講談社ぴえろ、ランティス、バンプレストキュー・テック日本ナレーション演技研究所
  6. ^ 例えば第1話Bパートのサブタイトル「入部と言ったな?あれは嘘だ」は映画『コマンドー』での台詞「最後に殺すと約束したな。あれは嘘だ」から、次回予告の最後に使われるナレーション「じゃあまた次回に、戻ってくるぜ」はシュワルツェネッガーの映画で多く用いられている台詞「また戻ってくる」からの引用。
  7. ^ 2014年6月28日に第1話の先行配信を実施。また、同年8月11日から8月17日には第1話から第6話までのアーカイブ無料配信を実施。
  8. ^ 開始前と終了後にミニ番組『さばばんっ!』を配信。

出典[編集]

外部リンク[編集]