うまい棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
お盆に乗せたうまい棒各種

うまい棒(うまいぼう)とは株式会社やおきん日本で販売している状のスナック菓子である。製造はリスカ株式会社。標準小売価格は1本10消費税別)。一部のコンビニスーパーでは1本9円又は11円(消費税込)で販売している場合がある。1979年7月発売開始。

なっとう味、めんたい味など種類が豊富でユニークなフレーバー(味)があり、値段も安価なことから子供や若者を中心に人気のある駄菓子である。元来儲からないと言われる駄菓子屋の相次ぐ閉店によりコンビニエンスストアやディスカウントストアスーパーマーケットの販路にシフトした結果、幅広い層の目に止まることとなった[要出典]

その人気により、やおきん公認の派生した展開も行われており、うまい棒をモチーフにしたリップクリーム入浴剤、キャラクターを使用した文房具やグッズ、「パチスロうまい棒」などが発売されている。 2009年の発売30周年を機に、ファンイベント「うまい棒大感謝祭」が毎年開催されており、司会ではうまい棒好き芸人としてHEY!たくちゃんや映画監督の河崎実のほか著名人も多数参加している[1]

生産・販売[編集]

10円という決まった価格の中で製造されているため、原材料費の価格変動に合わせその長さは常に予告無く変更されている。真ん中を貫く穴は、スナックの強度を上げ輸送中に製品が崩れる事を防ぐと同時に、見た目の容量アップと、中まで均一に熱を通すことで食感を良くするために空けられている[2]。内容量は種類によって異なる。2005年から内容量が公開され、2007年秋まで内容量7~9gで、原料費高騰による影響のため、2010年1月時点では内容量5~6gとなっている。

一部のコンビニや業務用スーパーでは、30個入りの袋も売られている。日本国外でも発売が行われており、台湾(現地名:同じ)や韓国(現地名:うまい棒または「마이봉」)にてコンビニエンスストアを中心に販売されている。価格は台湾が5元(台湾ドル)、韓国が300ウォン

姉妹品として、リング状にした袋スナック「うまい輪」が存在し、フレーバーはめんたい味、牛タン塩味、チーズ味、たこ焼き味、やさいサラダ味、オニオンサラダ味、黒糖リングとなっている。うまい棒全般は㈱リスカが製造していることもあって、パッケージにリスカのマークが入っているものもある。「うまい棒キャンディ」という飴バージョンも発売していた。

キャラクター[編集]

うまい棒のパッケージにはドラえもんに似た二頭身で丸い頭のキャラクターが描かれている。名前は特に決まっておらず[3][4]、「うまえもん」「ドヤエモン」「うまいBOY」などの愛称で呼ばれることがある[5][6]1978年9月13日生まれ、乙女座のA型で、遠い宇宙のとある星からやってきた異星人とされている。また、10年に1歳年をとり、趣味はコスプレとされている[3][5]

伊集院光は、TBSラジオ伊集院光のUP'S 深夜の馬鹿力』の企画(1999年8月23日放送分)のため生産工場を訪れた際に、キャラクターとドラえもんとの関連について質問したが、回答は濁されたと報告した。なお放送では“うまいもん”と呼称していた。後日、しつこく訊き過ぎたため担当にキレられたと語っている。TBSテレビがっちりマンデー!!』の取材を受けたやおきん社長は「ドラえもんのパクリではないか?」という質問にたじろいでいた。

漫画『カオスだもんね!』では、うまい棒の開発者である常務に制作秘話などを取材したものの、キャラクターについては触れなかった。これについて、作者の水口幸広はあとがきで「21世紀の現在で10円という価格で販売され続けているのは企業努力の結晶。それを知ったがゆえにあの微妙なキャラクターについて触れることができなかったことを読者にお詫びしたい」と述べている。

このキャラクターのぬいぐるみがアミューズからプライズとして発売されている。その際の商品名は「うまい棒のゆかいな仲間たち」となっている[7]

なおこのキャラクターは、うまい棒の前身商品である「うまいうまいバー」(1979年終売)の時代に既にパッケージに登場しているが、「うまいうまいバー」の詳細に関する情報が既にやおきん社内に残っていないため、キャラクター誕生の経緯も不明となっている[8]

ノベルティ・コラボレーション[編集]

オリジナルの外装パッケージが製作可能であるため[9]、各社のグッズやノベルティ用途(非売品)としても作成されている。うまい棒大感謝祭でもホリエモンオン・ザ・エッジ時代にプロモーションツールとしてオリジナルのうまい棒を制作したというエピソードが報告されている。オリジナル味の企画も一応可能ではあるが開発に長期間掛かることなどから[9]、通常は既存の味が使用されている。

2002年には、初めてノベルティにうまい棒自体が使用され、「Yahoo!BB無料体験キャンペーン」の一環でYahoo!BB仕様のうまい棒が登場し、以後は各方面でキャラクターが活用している[10]。2003年にはLindowsによってノベルティが製作されており、このうまい棒が初のイラスト入りノベルティだった。

2006年に、オンラインゲーム「ホーリービースト」とのタイアップが期間限定で行われた[11]。キャラクター(「うまえもん」名義)もインゲームに登場し、特定の手順を踏むことでインゲームアイテムとしてうまい棒を入手できた。

2008年プロ野球の球団とコラボレーションした「タイガースうまい棒」「ジャイアンツうまい棒」が発売。キャラクターは使用されていないが、現役投手がパッケージに採用され、これが好評につき毎年シーズン限定で様々な球団のパッケージを販売されるようになった。現在ではドラゴンズ、タイガース、ジャイアンツ、ファイターズ、ホークス、ベイスターズ、イーグルス、カープの計8球団のうまい棒が製作され、球団のマスコットキャラクターのパッケージやユニフォーム姿のうまい棒のキャラクターも起用されている。

2009年2月にはうまい棒のキャラクターを使用したパチスロ・「うまい棒V」がエマから発売されている。

アニメーションやゲームなどのキャンペーンでも使用されており、ナムコのアミューズメントスポットナムコ・ナンジャタウンや同社直営のゲームセンターではコラボした景品として投入されている。2011年2月4日に『マクロスF[12]が初登場し、同年10月7日には『侵略!イカ娘』、2012年3月3日『輪るピングドラム』、同年5月26日『化物語』『偽物語』、同年10月5日『魔法少女まどか☆マギカ』、2013年8月8日『とある科学の超電磁砲S』、同年10月25日『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』、2014年2月8日『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』といった話題作とタイアップしたものが出回った。

2012年2月28日、キャラクターを使用したスマートフォン用のアプリが登場している[13]。ジグノシステムジャパンによるアプリで名称は「うまい棒をつくろう!」。うまい棒の種を畑にまき栽培、出荷を行うというもので本来の精製の方法よりも簡単にデジタル上にうまい棒を作り楽しむことができる。当初の種類はレアなものも合わせて36種類用意され、収穫したうまい棒のデータは「うまい棒図鑑」に記録されいつでも閲覧が可能である。配信直後より人気を集め、その日のうちに、無料アプリダウンロードランキングで1位を獲得。配信から6日間連続で1位を獲得したこともある[14]

2014年3月20日には3DS用ソフト「ヒーローバンク」とのコラボレーションが行われ、作中のアイテムショップで入手できた。

2014年にはセガのプライズとしてオンラインゲーム艦隊これくしょん -艦これ-』とのコラボが予定され、ワンダーフェスティバル2014夏のセガブースや、2014年8月23日より一部のセガゲームセンター店舗で先行配布された[15][16]

イベント[編集]

2009年には、発売30周年と、キャラクターの誕生日を記念し、ファンイベント「うまい棒大感謝祭」2009が開催された。当イベントはファンによるうまい棒ファンのためのイベントとしてゲストも招かれたが[17]、開催した「うまい棒実行委員会」には株式会社やおきんは一切関与していない。同イベントでは、リアル「うまえもん」達(着ぐるみ「うまえもんズ」)が登場し誕生日会が行われた[18]

種類(味)[編集]

  • 最もコストのかかる商品は、製造過程で唯一、二度の味付けが必要な「たこ焼き味」[要出典]

現行[編集]

レギュラー[編集]

地域限定味[編集]

販売終了[編集]

  • パンチ味
  • さきいか味
  • ちょいからパンチ味
  • カニチャンコ
  • オムライス
  • ギョTHE
  • チョコピー味
  • カニシューマイ
  • 豆リカン味
  • 梅おにぎり
  • レッドロブスター
  • アメリカンホットドッグ
  • マリンビーフ味
  • カレー
  • サラダ味
  • 元祖さすがたこ焼き味
  • かばやき味
  • ココア
  • キャラメル味
  • バーガー
  • ソース味
  • デラックスうまい棒 めんたい味
    • デラックスシリーズは20円での販売で長さは約2倍、どの味にも中心の穴にクリームが入っていた。
  • デラックスうまい棒 チーズ味
  • デラックスうまい棒 カニ味
  • デラックスうまい棒 テリヤキビーフ味
  • デラックスうまい棒 ホルモン味
  • デラックスうまい棒 抹茶クリーム味
  • デラックスうまい棒 デラックスチョコクリーム味
  • デラックスうまい棒 キャラメルクリーム味
  • マーボー
  • なっとう
    • 粉末納豆を使用しており、表面に納豆特有の粘り気があった。
    • 販売を終了した後、2012年12月3日に再度販売を開始。数回、販売終了と再開を繰り返している。
  • 黒糖
    • 2011年11月2日発売。他のうまい棒より一回り小さい。やおきんの2014年版カタログから消え、販売終了。
  • ぶたキムチ
    • 黒糖味と同様、2014年版カタログから消え販売終了。

限定復刻版[編集]

2005年夏にセブンイレブンにて先行発売されたもので、5種×各3本の計15本のセットで販売された。

  • ピザ味
  • さきいか味
  • ギョッ!the味
  • カニシューマイ味
  • 梅おにぎり味

復刻版[編集]

  • たこ焼き味
    • 2008年9月15日にやおきん公式サイトで先行発売、その後順次発売された。同年6月に発生した工場火災事故の影響で、他の種より手の込んだ製造工程を要するたこ焼きの生産が出来なくなり他のラインを用い代役として発売された。前述のたこ焼き味よりも色が薄く、パウダーがまぶしてあるだけのため柔らかく酸味がやや強い。

企画中[編集]

  • キャラメル味
  • ココア味

関連楽曲[編集]

うまい棒のうた
  • 作詞:架神恭介+うまい棒祭り実行委員、作曲:THE SHINNO!、歌:やおきんトリオ
  • 2007年開催の「うまい棒祭り」テーマ曲。非売品CDが制作された[19]
うまい棒のうた
  • 作詞・作曲:THE SHINNO!、歌:ザ・コングリッツ
  • 2011年11月11日発表。非売品CDが制作されたほか、2013年10月現在、やおきんの公式サイトからも楽曲の一部が試聴可能[20]

関連商品[編集]

  • お菓子なパズル うまい棒 - ハナヤマから発売。パッケージを模したパズル。
  • うまい棒にょっきりストラップ - 2005年・バンダイ
  • うまい棒ラッピング都営バス - 2007年・トミカ第478弾
  • うまい棒入浴剤 - 2007年・バンダイ
  • おかしなうまい棒 スティックパーティー - 2011年12月・タカラトミーアーツより
  • おかしなうまい棒 ワイルドパーティー - 2012年6月・タカラトミーアーツより

類似品[編集]

  • 「酢漬けイカ」のよっちゃん食品工業類似品として「うまい象」という駄菓子を販売していた。パッケージは少年が手乗りサイズの象を、象の鼻をつまんで持ち上げて一口で食べるというデザインだった。
  • ニッポー株式会社の製造する「もろこし棒」は、コーンスナックとしての外観がそっくりである。また、パッケージのデザインも似ている。
  • 株式会社グッディの「おいしい棒」はその名前の通り、パッケージのデザインから味までそっくりである。原産国は中華人民共和国
  • 東鳩東京製菓(当時)からも80年代前半に「百点満点」という商品名として10本入り100円で販売されていた。こちらは短命に終わっている。
  • 株式会社明治が販売している「うまか棒」は、アイスキャンディーのためうまい棒とは全く異なる商品であるが、名前が酷似している。

事故[編集]

2008年6月27日14時15分頃、茨城県常総市鴻野山にある、主にうまい棒たこ焼味を製造していたリスカ株式会社の製造第3課工場の大乾燥機から出火し、工場が全焼した[21]。工場内のうまい棒を乾かす大乾燥機から煙が出ているのを従業員が発見し119番通報したが工場内の製造機がほとんど焼失し、菓子の原料となるトウモロコシや食用油なども燃えてしまった。事件当時、工場内には20人ほど従業員がいたが無事避難したため怪我人は出なかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ オピ研 vol.55 やおきん(1)」 オピネット、2005年12月6日。
  3. ^ a b オピ研 vol.55 やおきん (3)」 オピネット、2005年12月20日。
  4. ^ 百識〜百で知るひとつの知識〜』の「昔懐かしの駄菓子がスタジオ大集結中」コーナー。フジテレビ2008年1月22日放送分。
  5. ^ a b 駄菓子探偵」 駄菓子タウン、2009年3月1日閲覧。
  6. ^ がっちりマンデー!!(TBS系)2006年3月26日放送「永遠のロングセラー商品・お菓子編 その(2)うまい棒」
  7. ^ [2]
  8. ^ うまい棒の原型「うまいうまいバー」を知っている? - 週プレNEWS・2013年11月11日
  9. ^ a b 激レア「うまい棒」を人気ラーメン店で入手! エキサイトニュース 2005年9月23日
  10. ^ ロングセラーブランドのコミュニケーション戦略―やおきん「うまい棒」【前半】(宣伝会議2012年4月1日号 NO.834 、2012年4月2日)
  11. ^ ファミ通.com 2006年12月15日付の記事より
  12. ^ マクロスFが「うまい棒」とコラボ シェリルとランカが衝撃の姿に…?」(はてなブックマークニュース、2011年2月7日)
  13. ^ iPhone アプリ「うまい棒をつくろう!」配信開始(インターネットコム、2012年2月28日)
  14. ^ iPhoneアプリ「うまい棒」1位記念で本物のうまい棒1000本が当たる! マイナビニュース、2012年3月15日
  15. ^ KanColle_STAFFのツイート (471456617137840128)
  16. ^ 【速報!】『艦これ』の艦娘がうまい棒に!? 赤城どんぶりやエラー娘ぬいぐるみなど、『艦これ』セガプライズの新情報が多数発表!”. アニメイトTV. 2014年5月28日閲覧。
  17. ^ HEY!たくちゃん司会「うまい棒大感謝祭」開催」(お笑いナタリー、2010年9月3日)
  18. ^ 「うまい棒」30周年記念イベントレポート! リアル「うまえもん」や「ホリエモン」が登場 アキバ総研、2009年9月5日
  19. ^ 【トレビアン】非売品CD『うまい棒のうた』がヤフオクに出品されていた!!、トレビアンニュース(livedoor NEWS)、2009年01月26日12時00分。
  20. ^ うまい棒のうた、やおきん、2011年11月11日。
  21. ^ 「うまい棒」丸焼け 茨城の菓子製造工場火災 MSN産経ニュース、2008年6月27日

外部リンク[編集]