駄菓子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

駄菓子(だがし)とは、茶席や贈答にも使われる高級菓子に対し、おもに子供向けに製造販売される、安価な菓子のことである。

歴史[編集]

元は江戸時代雑穀水飴などを材料に使って作り上げ、庶民の間食として食べられていたので、安さから一文菓子と呼ばれていた[1]

地方においては常備食として蓄えていた「(ほしいい)」の払い下げを行っていたことから、それを材料とした駄菓子を作り上げ、今も売られる伝統的な郷土菓子として定着した地方もある。特に東北地方の仙台藩会津藩鶴岡藩南部藩などは有名。

駄菓子という名称は、高級な上菓子の対照としてつけられたもので、関西地方では雑菓子(ざつがし)とも称されている。この頃の駄菓子は製造に用いる材料が制限され、高価な白砂糖などを用いることは許されなかった。伝統的な駄菓子に「干し柿の甘さ」という言葉が残されているが、これは当時の様子を示す言葉だったとも考えられている。

現在、駄菓子として売られているものは、明治時代からの流れを受け、戦後に発達したものがほとんどで、その種類も豊富である。パッケージに児童に人気のスポーツ選手やアニメキャラクターを使用する、物によってはクジ引きが出来、当りが出ればおまけが貰えるなど、顧客の子供たちを飽きさせない工夫がなされている。

流通経路として、昭和期には駄菓子屋が全国の街角に見られ一時代を築いたが、社会事情の変化で現在は少なくなり、近年はコンビニエンスストアや大型ショッピングセンター、スーパーマーケットなどに販売の中心が移った。しかし少子化などで、駄菓子業界も淘汰の時代を迎え、中小駄菓子メーカの廃業がニュースなどでしばしば報道されている。

現在も売られている伝統的な駄菓子[編集]

  • 仙台駄菓子
  • 穀煎甘々棒 - 飛騨駄菓子
  • かりんとう - 播州駄菓子としてのルーツも持つ
  • 黒棒 - 黒砂糖風味の棒状の菓子
  • カルメ焼き - 南蛮菓子
  • 金平糖 - マルタ食品など製造。ザラメに溶いたグラニュー糖をかけつつ数日大釜で転がすだけであの形になるが、その回転の加減でまん丸になってしまうため熟練の大技がなす形状

現在売られている駄菓子の種類[編集]

カッコ内は備考。

ふ菓子

出典[編集]

  1. ^ 中島久枝『人と土地と歴史をたずねる 和菓子』柴田書店 2001年 ISBN 4-388-05882-3

関連項目[編集]