サクマ式ドロップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐久間製菓 サクマ式ドロップス
サクマ製菓 サクマドロップス

サクマ式ドロップス(サクマしきドロップス)は、佐久間製菓株式会社から発売されているドロップの商標である。本項では、サクマ製菓株式会社から発売されているサクマドロップスについても解説する。

サクマ式ドロップスとサクマドロップス[編集]

1908年(明治41年)、佐久間惣次郎商店(後の佐久間製菓株式會社[1])が「サクマ式ドロップス」の発売を開始し、1913年(大正2年)には入りでの発売を始めた。それまで日本で作られていたドロップと異なり、クエン酸を使ったこの商品には「夏でも溶けにくい」「見た目に透明感がある」等の特徴[2]があった。同社では創業経営者が逝去した後、不況のため経営が傾いたが、取引先から人材を招聘して役員に据え再建を果たした。この人物は1937年(昭和12年)、社長に就任している。

太平洋戦争により砂糖の供給が止まると同社は廃業へ追い込まれ、終戦後

  • 同社で番頭の立場にあった人物が、豊島区池袋にて会社を興し
  • 1937年から社長を務めた人物の三男が、渋谷区恵比寿にて会社を興した。

この2社が裁判で争った結果、池袋の会社は「サクマ式ドロップス」の商標を使うことが認められ、恵比寿の会社は「サクマ製菓株式会社」を名乗ることが認められた。

サクマ式ドロップス(Sakuma's Drops)
池袋の「佐久間製菓株式会社」から発売されている。容器には赤色の缶などが使われており、マークには菱形にヨットの絵が描かれている。
サクマドロップス(Sakuma Drops)
恵比寿の「サクマ製菓株式会社」(後に目黒区へ移転)から発売されている。容器には緑色の缶などが使われており、マークには王冠とヨットの絵、「サクマ製菓」「しぶや」の文字が描かれている。

[編集]

サクマ式ドロップス
イチゴ、レモン、オレンジ、パイン、リンゴ、ハッカ、ブドウチョコ
サクマドロップス
イチゴ、レモン、オレンジ、パイン、リンゴ、ハッカ、メロンスモモ

関連商品[編集]

ここでは、サクマ式ドロップスと同じ缶入りの商品について扱う。

佐久間製菓株式会社[編集]

  • 非常・携帯用 サクマ式ドロップス
  • サクマ式 かんきつ ドロップスビタミンC入り
  • サクマ式 ハッカドロップス
  • SAKUMA'S Moomin CANDY

サクマ製菓株式会社[編集]

  • HOKKAIDOスイートチョコレートドロップス
  • 北海道 とうきびドロップス
  • 富良野ラベンダードロップス
  • 夕張メロンドロップス
  • みちのくりんごドロップス
  • 伊豆・箱根 みかんドロップス
  • 甘くておいしい 信州りんごドロップス
  • ブルーベリードロップス
  • 巨峰ドロップス
  • ベッコウ飴 キャンデー
  • 抹茶ドロップス 京都宇治抹茶使用
  • 白桃ドロップス
  • 紅茶 のど飴
  • さくらドロップス 京都限定

類似商品[編集]

  • Meiji フルーツドロップ(販売:明治製菓株式会社
  • スヌーピータウン CANDY!!(販売:明治製菓株式会社)
  • スヌーピータウン SNOOPY CANDY(販売:明治製菓株式会社)
  • UMIHOTARU フルーツドロップ(販売:明治製菓株式会社)
  • 山形特産 ラ・フランスドロップス(販売:タカチホ株式会社
  • 甘くておいしい山形 さくらんぼドロップス(販売:タカチホ株式会社)
  • ハローキティドロップ 伊豆(販売:株式会社げんよう)
  • ハローキティドロップ 信州(販売:株式会社げんよう)
  • ハローキティ ラベンダードロップ(販売:株式会社北海道観光物産興社)
  • 摩周ハッカドロップス(販売:札幌グルメフーズ)
  • 20世紀梨ドロップス 鳥取特産(販売:宝販売株式会社)
  • HELLO KITTY CANDY (販売:株式会社サンリオ SKM)
  • 山口特産 萩夏みかんドロップス (販売:山口宝株式会社)

『火垂るの墓』復刻版[編集]

スタジオジブリによるアニメ映画『火垂るの墓』(高畑勲監督)の小道具として使われたことで[3]サクマ式ドロップスが再注目される事となり、アニメファンの要望に応える形で、映画に登場したデザインを再現したサクマ式ドロップス復刻版が佐久間製菓株式会社より発売された。缶には当時のままに創業明治四十一年と記され、裏面には『火垂るの墓』のキャラクターである節子のイラストが加えられている。

2008年には実写映画版『火垂るの墓』の公開、およびサクマ式ドロップス誕生100周年を記念して、戦時中のデザインを再現した復刻版が佐久間製菓株式会社より発売された。

コラボレーション商品[編集]

  • お菓子なパズル サクマドロップス - ハナヤマから発売。パッケージを模したパズル。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 串間努『ザ・おかし』扶桑社、1996年、ISBN 978-4594019037、87-94頁より。
    「サクマ式ドロップスの歴史」佐久間製菓株式会社、「昭和10年10月29日の新聞広告」より。
    ただし、綱島理友『お菓子帖』朝日新聞社、1995年、ISBN 978-4022610836、21-27頁では「サクマ製菓」と表記されている。
  2. ^ 串間努『ザ・おかし』87-94頁、綱島理友『お菓子帖』21-27頁より。
  3. ^ ただし、原作小説では単に「ドロップ缶」と書かれているのみであり、サクマ式とは記されていない。

外部リンク[編集]