のしいか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

のしいか(伸し烏賊、熨斗烏賊)とはイカを乾燥させた食べ物。のつまみとして出される事も多い。

延ばして厚さがとても薄い事からこの名前が付いたと思われる説と、熨斗烏賊とも書くことから熨斗から名前がついたという説がある。スルメとほぼ同義の言葉としても使われているが、現述のものは加工されて切断されていないもののみを指す。

屋台の実演販売では、熱して柔らかくした干したイカを鉄製のローラーにくぐらせて薄く弾きのばしており、一枚の干しイカから驚くほどの長さののしいかが生産される。

なお駄菓子として発売されている「のしいか」と名付けられた商品は、タラなどの白身魚を擦り身にして薄く延ばしたものを使用していることが多い。 珍味として販売されている「のしいか」には単に乾燥させたイカではなく、甘く味付けされたものもある。こちらの原材料はまぎれもなくイカであり、北海道の名産品として売られていることが多いが、実際には各地で生産されているようである。