サン・マロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン・マロのパノラマ
サン・マロ
Blason ville fr Saint-Malo.svg  Bandera Saint Malo.png
Strasse in Saint-Malo.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏
(département) イル=エ=ヴィレーヌ県
(arrondissement) サン・マロ郡
(郡庁所在地)
小郡 (canton) 2小郡庁所在地
INSEEコード 35288
郵便番号 35400
市長任期 René Couanau
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) communauté
d'agglomération
du Pays de Saint-Malo
人口動態
人口 46,342人
2010年
人口密度 1,267人/km²
住民の呼称 Malouin
地理
座標 北緯48度41分07秒 西経2度00分10秒 / 北緯48.6853度 西経02.0027度 / 48.6853; -02.0027座標: 北緯48度41分07秒 西経2度00分10秒 / 北緯48.6853度 西経02.0027度 / 48.6853; -02.0027
標高 平均:8 m
最低:0 m
最高:51 m
面積 36.58km² (3,658ha)
サン・マロの位置
サン・マロ
公式サイト www.ville-saint-malo.fr
テンプレートを表示

サン・マロ(Saint-Malo、ブルトン語:Sant-Maloù)は、イギリス海峡に面したフランス北西部ブルターニュ地方の城壁に囲まれた港町である。サン・マロには、イル=エ=ヴィレーヌ県郡庁がある。

人口[編集]

サン・マロには50,000人の住人がいるが、観光シーズンの夏季には、200,000人に増加する。郊外を含め、人口は約135,000人である。

歴史[編集]

サン・マロは、中世にはランス川河口の要塞化された島で、河口だけでなくその向こうに広がる公海を統御していた。今ではサン・セルヴァン (Saint-Servan) 地区となっている現在の中心地の南方、Aleth岬の砦はローマ時代以前からランスへ接近するものを見下ろしていた。しかし、現代のサン・マロは、6世紀初期に聖アーロン聖ブレンダンによって設立された修道士の居住地にその起源を遡る。その名前は、ブレンダンの弟子だったと言われる聖マロに由来する。

サン・マロの古地図

サン・マロは、その後、誰の命令にも服さない、凶暴な海賊の根城として悪名高くなった。1590年から4年間、サン・マロは、「フランス人でもなく、ブルターニュ人でもなく、サン=マロ人だ」というモットーを掲げて、独立共和国であるとの宣言さえした。サン・マロの海賊私掠船コルセール」は、英仏海峡を通るイギリス船に通行料を課しただけではなく、さらに広い範囲から富を持ち帰った。セントローレンス川を航行し、現在のケベック市モントリオールの地を訪れ、それゆえにカナダの発見者とされるジャック・カルティエは、サン・マロに住み、サン・マロから航海した。フォークランド諸島へ移住する最初の入植者も、ジャック・カルティエと同様に、サン・マロから出航したので、この島のスペイン語名「Islas Malvinas(マルビナス諸島)」はフランス語の「Îles Malouines」から来ている。

サン・セルヴァン市は、パルメと共に合併され、1967年にサン・マロ市になった。

サン・マロは、欧州安全保障防衛政策に関する重要な合意に導いた英仏会談の場となった。イギリス首相トニー・ブレアフランス大統領ジャック・シラクは、「(欧州)連合は、国際的危機に対応するために、信頼性のある軍事力とその行使を決定する手段に裏打ちされた、自律的行動のための能力を保有しなければならない。」と声明した。[1]

人口統計[編集]

1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
42297 45030 46347 48057 50675 49661 46342

参照元:1999年までEHESS[1]、2000年以降INSEE[2][3]

見所[編集]

グラン・ベ島から見た旧市街の眺め

今や本土と不可分に結びつき、サン・マロは、ブルターニュ地方で最大の観光地となっている。見所は次のとおりである。

  • イギリス海峡の海浜
  • 旧市街(La Ville Intra-Muros)
  • サン・マロ城とサン・セルヴァンのソリドール塔。そこは、ホーン岬についてのサン・マロ博物館の収集品を収蔵している。多くの縮小模型、航海用の器具、そして遥か彼方の停泊地への往来の間に船乗りたちによって作られた物が、訪問者を19世紀の終わりと20世紀の初めの風変わりな大型帆船での旅にいざなう。
  • グラン・ベ島とプチ・ベ島
    サン・マロの浜辺の沖合いにあり、引き潮になると浅瀬を歩いて渡る事が出来る。
  • サン・ヴァンサン大聖堂

人物群像[編集]

St-Malo Tombe Chateaubriand 2010.jpg

サン・マロは、次の人々の生誕地である。

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]