マアリブ (イエメン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マアリブ
مأرب
マアリブ旧市街の遺跡。新市街の南に位置する
マアリブの位置
マアリブ
Location in Yemen
座標: 北緯15度25分 東経45度21分 / 北緯15.417度 東経45.350度 / 15.417; 45.350
イエメンの旗 イエメン
マアリブ県
人口 (2005)
 - 民族 アラブ人
  16,794
等時帯 イエメン標準時 (UTC+3)

マアリブアラビア語: مأرب‎、Ma'rib)は、イエメンの都市。人口16794人(2005年)。首都サナアの東120km、ルブアルハリ砂漠の西に位置する。かつてのシバ王国の首都であったとされ、シバの女王ビルキスの居城であったとされるアルシュ・ビルキスなどの遺跡がある。

シバ国王はマアリブに巨大なマアリブ・ダムを築き、そのダムは近隣地域を潤して肥沃な農耕地帯となり、マアリブも繁栄した。このダムは1000年以上にもわたって維持され、この地域の繁栄を支えたものの、西暦575年に崩壊し、以後20世紀にはいるまで再建されることはなかった。1986年、アラブ首長国連邦の援助によって新ダムが完成し、約1500年ぶりにダムが復活した。

ダムの存在した時代は、この町は乳香没薬[1]の取引で知られ、対岸のエリトリアにあったダムト王国と活発な取引を行っていた。その富を求めて紀元前25年にはローマ帝国アウグストゥスの部下であるアエリウス・ガルスがこの町へと遠征を行った[2]ものの失敗に終わった。

マアリブの旧市街は20世紀に入って放棄され、その3.5km北に新市街が建設された。1986年、マアリブに石油精製所が建設され、2009年には1日1万バレルの精製能力を持っている。2009年11月には、一日25000バレルへと精製能力を上げる改修工事を行う契約を発表した[3]。また、マアリブからはマアリブ-ラス・イサパイプラインが通っており、1日20万バレルの石油を送ることができる.[4]

脚注[編集]

  1. ^ Durant, Will (1950). The Age of Faith: A History of Medieval Civilization -- Christian, Islamic, and Judaic -- from Constantine to Dante: A.D. 325-1300, The Story of Civilization, volume IV. Simon and Schuster, p. 156
  2. ^ Chris Scarre, The Penguin Historical Atlas of Ancient Rome (London: Penguin Books, 1995), 9. (also Augustus' Res Getae 26)
  3. ^ الشركة اليمنية لتكرير النفط توقع اتفاقا مع شركة شينهان الكورية الجنوبية لتوسعة وتحديث مصفاة مأرب”. CNBC عربية. 2011年4月5日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ Middle East Pipelines map - Crude Oil (petroleum) pipelines - Natural Gas pipelines - Products pipelines”. Theodora.com/pipelines. 2011年4月6日閲覧。