火山砕屑岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

火山砕屑岩(かざんさいせつがん、: pyroclastic rock)は、火山から噴出された火山砕屑物(火砕物)が堆積してできた岩石火砕岩(かさいがん)[1]ともいう。現在では堆積岩として扱われることが多いが、マグマを起源とすることから火成岩の一種である火山岩とする場合もある。

分類[編集]

火山砕屑物の種類によっていくつかの種類に分かれるが、それぞれ漸移していて、その境界は人為的なものである。

火山砕屑物と火山砕屑岩の分類
粒径(mm) 火山砕屑物 火山砕屑岩
64 以上 火山岩塊 火山角礫岩volcanic breccia
凝灰角礫岩tuff breccia
64 -2 火山礫 ラピリストーンlapillistone
火山礫凝灰岩lapilli tuff
2 以下 火山灰 凝灰岩(tuff)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、63頁。ISBN 4-8181-8401-2

参考文献[編集]

  • 天野一男・秋山雅彦 「D-1-3 岩石の分類」『フィールドジオロジー入門』 日本地質学会フィールドジオロジー刊行委員会編、共立出版〈フィールドジオロジー〉、2004年、131-134頁。ISBN 4-320-04681-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

砕屑物と砕屑岩
粒径(mm) 砕屑物 砕屑岩 火山砕屑物 火山砕屑岩
64 以上 礫岩 火山岩塊 火山角礫岩凝灰角礫岩
64 - 2 火山礫 ラピリストーン火山礫凝灰岩
2 - 116 砂岩 火山灰 凝灰岩
116 - 1256 シルト シルト岩 泥岩
1256 以下 粘土 粘土岩
テンプレートを表示