面ファスナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フック
フック
ループ
ループ
面ファスナー

面ファスナー(めんファスナー)は、面的に着脱できるファスナーである。布に特殊な加工をし、主に衣類用に、再び脱着可能な状態で結合したい場合に用いられる。商標に由来する俗称としてマジックテープ (Magic Tape)、ベルクロ (Velcro) がある。

名称[編集]

日本では、一般にマジックテープとして知られ、株式会社クラレがこの商標1960年から製造、販売している。

アメリカで一般的に用いられるベルクロ (Velcro) も商標である。ベルクロはフランス語の velourビロード)+ crochet)の合成語である。商標権者は、1952年スイスVelcro S.A. として設立され、現在はアメリカ合衆国ニューハンプシャー州マンチェスターを根拠地とする、ベルクロUSA社(Velcro USA Inc.)である。

商標でない名称としては、面ファスナー以外にもパイルアンドフックがあり、ミリタリー関係で用いられている。英語では hook-and-loop fastener とも呼ぶが、あまり一般的な名称とはされていない。

概要[編集]

一般的な面ファスナーは、フック状に起毛された側とループ状に密集して起毛された側とを押し付けるとそれだけで貼り付くようになっており、貼り付けたり剥がしたりすることが自在にできる。それ以外にも、フックとループ両方が植え込まれており、フック面とループ面との区別のないタイプ(フック面とループ面との取り付け間違いが起きない)やマッシュルーム状に起毛されていて結合力が強いクリックタイプ、鋸歯状のシャークバイト(鮫歯)タイプなどのバリエーションがある。

欠点[編集]

面ファスナーの表面は糸くずなどが付着しやすく、付着物により吸着力を減ずることがあり、常時小まめにそれらを取り除いておく必要がある。また材質的に熱に弱く、アイロンを当てる時に変形して吸着しなくなる危険性がある。

歴史[編集]

面ファスナーは、スイスジョルジュ・デ・メストラル (George de Mestral) が1941年アルプスを登山したとき、自分の服や愛犬に貼り付いた野生ゴボウの実にヒントを得て、1948年に研究を開始した。1951年特許出願し、1955年に認定された。
1952年にはスイスに Velcro S.A. が設立され、面ファスナーを生産する一方で、各国企業にライセンスしたり現地法人を設立したりしてベルクロの名で生産させた。

日本では日本ベルクロ(現在のクラレファスニング)とYKKをはじめとした会社で製造している。

利用例[編集]

アメリカ陸軍の戦闘服
従来、国籍章、階級章、部隊章、名前などのワッペンミシン戦闘服に縫い付けられていた。戦闘服はその性格上頻繁に洗濯されるが、丈夫な戦闘服は頻繁な洗濯に耐えてもワッペンが傷みやすく、ワッペンを取り替える手間とコストがかかってしまう。現代のアメリカ陸軍戦闘服においては、洗濯時にワッペンだけを取り外せるように、ワッペンは面ファスナーで戦闘服に貼り付けるようになっている。この影響を受けて、世界各国の戦闘服にも各部分に採用される傾向が強くなってきている。日本では自衛隊の戦闘服も現在は面ファスナーが多用されている[1]
宇宙機
NASAで宇宙用の面ファスナーが開発され、広く使用されている。アポロ宇宙船では無重量の宇宙空間で物を壁や計器板に固定しておくのに使われた。また、無人機の外側を覆う断熱シートなどを留めるためにも使われている。
特撮のスーツ
面ファスナーが一般に普及するまでは、怪獣やヒーローの着ぐるみの多くは背面部の線ファスナーのみで脱着を行っていた。しかし、背面が映る構図やアクションを行うとファスナーが写ってしまい、着ぐるみであることが明確になってしまうためにリアリティを損なうことがあった[2]。他にも汗や土などでファスナーが劣化する、開閉タブ(ツマミ)が破損してしまう、などで開閉が困難になったりすることも往々にあり、取り扱いの面倒なものであった。面ファスナーはその点において優れた製品であった[3]

現在ではヒーローや怪人・怪獣の着ぐるみの手足パーツの固定や脱着等、特撮作品には欠かせない物となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 主にポケット類・袖口・襟元やネーム類に使用されているが、米軍等と違って階級章は縫い付ける必要がある。PXにおいて官給品とは材質の違う階級章が販売されており、それを代用することが可能。
  2. ^ 「背中にチャック(線ファスナーの俗語)」は特撮作品を指して「所詮は作り物」と嘲笑する際の代表点でもあった。
  3. ^ 例えば、近年のゴジラの着ぐるみは背びれ部のパーツが面ファスナーで脱着でき、背びれ部を外した後に通常の線ファスナーがある二重構造になっている。これならば背中を映しても線ファスナーは見えない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]