フリル (服飾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリル (: Frill) は、衣服(すそ)、(えり)、袖口(そでぐち)などに施される装飾の一種。幅狭の別布、あるいは共布の縁を、絞ってギャザー(ひだ)を寄せたもの。別布の場合は薄く柔らかい布地が使われ、レースが使われることもある。

類義語にラッフル (: Ruffle) 、フラウンス (: Flounce) がある。フラウンスは幅が広めのものを言う。

主に子供服婦人服に使われるが、かつては男性用シャツの胸飾りなどにも使われた。

フリル(ラッフル)から発展した装飾に、襞襟(ラフ、: Ruff)がある。