ジャカード織機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャカード織機

ジャカード織機(ジャカードしょっき)は1801年フランス発明家ジョゼフ・マリー・ジャカール(ジャカード, Joseph Marie Jacquard)によって発明された自動織機である。

概要[編集]

パンチカードを利用しており、パンチカードの1列の穴が横糸および経糸1本に対応する。この方式はそれ以前のパンチカードによる織機(Basile Bouchon:1725、Jean-Baptiste Falcon:1728、ジャック・ド・ヴォーカンソン:1740)に基づいている。Basile Bouchon と Jean-Baptiste Falcon がパンチカードによる織機を発明し、ジャック・ド・ヴォーカンソンがそれを完全自動化した。

穴の有無に従って上下する金属針とシャフトを連動させてシャフトを個別に上下させ、穴によって指示された経糸だけを引き上げて横糸を通し、カードのパターン通りの模様を織る。それまで複雑な模様の布を織ることは非常に手間がかかったが、模様に対応したパンチカードによって織機の糸の上げ下ろしを制御することで、格段に簡単になった。初めは人力を用いたが、19世紀半ばに蒸気機関を用いた力織機に応用された。

しかしジャカード織機は操作が複雑すぎたため、約40年後により操作が簡単なドビー織機が発明され、簡単なパターンの模様の場合はドビー織機が使われるようになった。現在は複雑な模様の織物をジャカード織、連続した模様やストライプなどの簡単な模様(ドビー柄)の織物をドビー織と呼んでいるが、近年ではどちらのタイプの布でもコンピュータ化された電子ジャカードで織られていることが多い。

ジャカード織機はパンチカードを用いて制御を行った機械である。この方式は、カードを入れ替えることで布の模様、すなわち織機の操作パターンを簡単に変えられることから、その後計算機や集計器(タビュレーティングマシン)に応用されることになり、コンピュータの歴史の上でも重要な発明である。まず19世紀半ばにチャールズ・バベッジ解析機関プログラミングへの利用を試みた。解析機関は実用化されなかったが、後にパンチカードによるタビュレーティングマシンへの入力が実用化され、さらに後にコンピュータへの入力方式として20世紀後半まで広く用いられた。

最近は紋紙(パンチカード)の代わりにコンピュータデータを用いた電子ジャカードが普及している。日本では、メカ式ジャカードの紋紙読み取り部のみを電子化したダイレクトジャカードが多く使用されている。

開発経緯[編集]

当時はドロー織機という2人がかりのシルク製織に、児童が「ドロー・ボーイ」として雇われており、ジョゼフ・マリー・ジャカールは、シルク製織を自動化して複雑なパターンの織物生産での人為ミスをなくし、同時に児童を労働から解放したかった[1]。イギリスによる繊維産業支配に挑もうとしていたナポレオン・ボナパルトから資金援助を受けて開発し、ジャガード織機による失業を憂えたシルク職工による激しい反対にもかかわらず、1812年にはフランス国内で11,000台のジャガード織機が稼動した[1]。シルク製織は自動化され、多くのドロー・ボーイは失業し、児童たちは、より危険な工場での仕事を探すこととなった[1]

日本への導入[編集]

1872年(明治5年)に京都府西陣機業関係者3名をリヨンに送って学ばせ、帰国時に機械を持ち帰らせた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c エリック・シャリーン『図説 世界史を変えた50の機械』2013年、原書房 ISBN 9784562049233
  2. ^ 「荷風の周縁世界編制 : 銀行時代の荷風をめぐって」 (PDF) 加太宏邦 法政大学多摩論集2011年3月号

関連項目[編集]