芭蕉布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

芭蕉布(ばしょうふ)とは、バショウ科多年草イトバショウから採取した繊維を使って織られた布のこと。別名蕉紗。

沖縄県および奄美群島の特産品で、薄く張りのある感触から、夏の着物、蚊帳、座布団など多岐にわたって利用される。

1974年に沖縄県大宜味村喜如嘉の芭蕉布が国の重要無形文化財に指定されている。

肌衣によく用いられる絹織物の芭蕉織とは、全くの別物である。

俳諧における夏の季語でもある。

概要[編集]

おおよそ500年の歴史があるとされ、琉球王国では王宮が管理する大規模な芭蕉園で芭蕉が生産されていた。

庶民階級ではアタイと呼ばれる家庭菜園に植えた芭蕉で、各家庭ごとに糸を生産していた。現在の沖縄島では大宜味村喜如嘉が「芭蕉布の里」として知られる。

一反の芭蕉布を織るために必要な芭蕉は200本といわれ、葉鞘を裂いて外皮を捨て繊維の質ごとに原皮を分ける。(より内側の繊維を用いるものほど高級である)

灰によって精練作業を行うが、芭蕉の糸は白くはならず薄茶色である。

この無地織か、ティーチ(シャリンバイ)の濃茶色で絣を織るものが本土では一般的な芭蕉布と認識されているが、沖縄では琉球藍で染めたクルチョーと呼ばれる藍色の絣も人気が高い。

太平洋戦争後、進駐したアメリカ軍によって『蚊の繁殖を防止する為』として多くのイトバショウが切り倒され、絶滅の危機に瀕している。

近年では、紅型の特徴的な美しい黄金色を染めるフクギや、アカネベニバナを用いることもある。

外部リンク[編集]