稲垣足穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

稲垣 足穂(いながき たるほ[1]1900年12月26日 - 1977年10月25日)は、日本小説家

1920年代(大正末)から1970年代(昭和後期)にかけて、抽象志向と飛行願望、メカニズム愛好、エロティシズム天体オブジェ[2]などをモチーフにした数々の作品を発表。代表作は『一千一秒物語』、『少年愛の美学』など。

生涯[編集]

1900年大阪市船場に歯科医の次男として生まれる。小学生の時、祖父母のいる明石に移住し、神戸で育つ。1914年関西学院普通部に入学。関西学院では今東光などと同級になる。小さいころから、映画や飛行機などに魅了され、その経験をその後の作品に昇華させる。在学時に同人誌『飛行画報』を創刊。

1916年、飛行家を目指し、発足したばかりの羽田の「日本飛行機学校」の第一期生に応募するが、近視のため不合格(ちなみに、この時の合格者に円谷英二がいる)となり断念。

1919年、関西学院卒業後、神戸で複葉機製作に携わり、後に再び上京。出版社に原稿を送った後、1921年佐藤春夫に『一千一秒物語』の原型を送付、佐藤の知遇を得て、佐藤の弟の住まいに転居。また同年の第1回未来派美術展に『月の散文詩』を出品し入選している。1922年には、『チョコレット』『星を造る人』を『婦人公論』に発表。1923年に、『一千一秒物語』を金星堂より刊行。同年、関東大震災により西巣鴨に移る。

この前後、雑誌『文藝春秋』『新潮』『新青年』を中心に作品を発表、単行本も『星を売る店』(1926年)、『天体嗜好症』(1928年)と数冊ほど刊行され、新感覚派の一角とみなされる。『WC』は横光利一の絶賛を得る。『文芸時代』同人のころには、自身と同じく同性愛研究家でもあった江戸川乱歩と出会う。

ところが、佐藤が菊池寛の作品を褒めたことにより「文藝春秋のラッパ吹き」と佐藤を罵倒、寄宿していた佐藤の家を飛び出し、文壇から遠ざかる。1930年、家郷の明石へ。1934年には父の死を受け、衣装店を経営するが、共同経営者の使い込みが発覚して、これを単独経営にするが、これも差し押えられ、その後は、家賃の未払などもあって、各所を転々とする。アルコールニコチン中毒により執筆も滞ったが、同時期に伊藤整石川淳と交友を結ぶ。文壇から離れた後は、主に同人誌で作品を発表しつづけたが、極貧の生活を送り、出版社からも距離を取られることになる。

1950年、篠原志代と結婚、京都に移る。それまでの著作の改稿を始め、『作家』に160編など精力的に作品を発表。佐藤没後の1968年三島由紀夫(ちなみに三島は『小説家の休暇』において足穂を「昭和文学のもっとも微妙な花のひとつ」と讃を送っている)の後押しで『少年愛の美学』で第1回日本文学大賞を受賞。1969年から『稲垣足穂大全』(全6巻)が刊行され、一種の「タルホ」ブームが起きる。

1977年10月25日結腸癌で入院していた病院で急性肺炎を併発し、死去。享年76。

評価[編集]

人間を口から肛門にいたるひとつの筒と見立てたエッセイ『A感覚とV感覚』を、独自の一元的エロス論として評価した澁澤をはじめ、種村季弘松山俊太郎加藤郁乎高橋睦郎松岡正剛荒俣宏など多くの人から尊敬を集めた。すべての自作を処女作『一千一秒物語』の注釈であると宣言(『『一千一秒物語』の倫理』)し、この『一千一秒物語」をはじめ、主要な作品の殆どが何度も改稿されている。A感覚というものを軸に博引旁証と自己の原体験を紡いだ、足穂の集大成的エッセイ『少年愛の美学』は、単なる少年愛論にとどまらず、独特な精神的性愛論として高く評価されている。

著作[編集]

主な著書[編集]

  • 『一千一秒物語』金星堂/1923年1月
  • 『鼻眼鏡』新潮社/1925年9月
  • 『星を売る店』金星堂/1926年2月
  • 『第三半球物語』金星堂/1927年3月
  • 『天体嗜好症』春陽堂/1928年5月
  • 『山風蠱』昭森社/1940年6月
  • 『飛行機物語 空の日本』三省堂/1943年3月
  • 『天文日本 星の学者』柴山教育出版社/1944年6月
  • 『彌勒』小山書店/1946年8月
  • 『宇宙論入門』新英社/1947年11月
  • 『明石』小山書店/1948年4月
  • 『ヰタ・マキニカリス』書肆ユリイカ/1948年5月
  • 『悪魔の魅力』若草書房/1948年7月
  • 『彼等(THEY)』桜井書店/1948年11月
  • 『少年愛の美学』徳間書店/1968年5月
  • 『僕の“ユリーカ”』南北社/1968年6月
  • 『東京遁走曲』昭森社/1968年8月
  • 『ヴァニラとマニラ』仮面社/1969年5月
  • 『ヒコーキ野郎たち』新潮社/1969年10月
  • 『ライト兄弟に始まる』徳間書店/1970年3月
  • 『絵本・逆流のエロス』現代ブック社/1970年6月
  • 『機械学宣言 地を匍う飛行機と飛行する蒸氣機関車』(共著:中村宏)仮面社/1970年7月
  • 『タルホ=コスモロジー』文芸春秋/1971年4月
  • 『鉛の銃弾』文芸春秋/1972年3月
  • 『パテェの赤い雄鶏を求めて』新潮社/1972年3月
  • 『菫色のANUS』芸術生活社/1972年6月
  • 『青い箱と紅い骸骨』角川書店/1972年10月
  • 『ミシンと蝙蝠傘』中央公論社/1972年12月
  • 『タルホ座流星群』大和書房/1973年6月
  • 『終末期の密教』(共著:梅原正紀)産報/1973年9月
  • 『コリントン卿登場』(共著:野中ユリ/種村季弘)美術出版社/1974年1月
  • 『おくれわらび』中央公論社/1974年4月
  • 『男性における道徳』中央公論社/1974年6月
  • 『タルホフラグメント』大和書房/1974年7月
  • 『人間人形時代』工作舎/1975年1月 ISBN 978-4-87502-128-5
  • 『がんじす河のまさごよりあまたおはする仏たち』第三文明社/1975年10月
  • 『多留保判 男色大鑑』角川書店/1977年6月 ※現代語訳

全集[編集]

  • 稲垣足穂全集(全18巻のうち7巻刊行)稲垣足穂全集刊行会、書肆ユリイカ/1958年4月〜1960年10月
  • 稲垣足穂大全(全6巻)現代思潮社/1969年6月〜1970年9月
  • 多留保集(全8巻・別巻)潮出版社/1974年9月〜1975年10月
  • 稲垣足穂全集(全13巻)筑摩書房/2000年10月〜2001年10月

文庫版コレクション[編集]

  • 河出文庫『BIBLIA TARUHOLOGICA』(全12巻)河出書房新社
  • ちくま文庫『稲垣足穂コレクション』(全8巻)筑摩書房

受賞[編集]

参考文献[編集]

  • 別冊新評 『稲垣足穂の世界』(1977年、新評社)

注釈[編集]

  1. ^ 他名義にイナガキタルホ、多留保、INAGUAQUI TAROUPHO。
  2. ^ 澁澤龍彦の稲垣評『星の王さま』から(別冊新評稲垣足穂の世界(1977年、新評社))。

関連項目[編集]