ナプキン (生理用)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1980年代以降、角張光子らの草の根運動によって、普及しつつある布ナプキン。カラフルでおしゃれ感覚をも満足させると同時に、エコや安全性の観点からも評価されつつある。[1]
化学製品の紙ナプキン 羽付き(右)と羽なし(左)

ナプキンは、女性月経、産後の出血などにより、自身の足や衣服や寝具や椅子や床や路面に血が付かないように使う生理処理用品。日本では名称についてテーブルナプキンと紛らわしくなることもあるが英語では一般に「Sanitary towel」又は「towel」という。

ナプキンの歴史[編集]

日本では1960年代までは、脱脂綿ちり紙を巻いたり、使い古しのを縫ったものなどを自作し使っていた。大都市以外の多くの家庭では使用後は自宅の庭でごみとともに焼却していたが、最後までくすぶっていたのは生理用脱脂綿であった。市販の使い捨てナプキンが登場するのは、1961年11月アンネ社が発売した「アンネナプキン」であった。このときのキャッチコピーは「40年間お待たせしました!」であったが、40年間というのは、アメリカのキンバリー・クラーク社が「コーテックス」という名称の紙ナプキンを発売してからの時間の経過を意味している。当時、日本住宅公団団地建設にともない、水洗トイレのつまり防止のために、この紙製の生理用品が主流となる。このため今でも「紙ナプキン」という名称がつかわれているが、急激な改良が重ねられた結果、日本での使い捨てナプキンの品質と種類は類を見ないほどになった。薄型で吸収力のよさは世界一とも言われている。現在では、欧米アジア圏全体でも世界中の都市のほとんどでは市販の使い捨て紙ナプキンが主流になっている[1]

しかし、一方で機能性・利便性ばかりが宣伝され、人体への影響、皮膚との関係については顧みられることがなかったが、1980年代に至り安全性やエコの観点から布ナプキンが急速に普及し始める動きが巻き起こる。1992年ごろからアメリカドイツの研究者らにより、塩素漂白された生理用品のダイオキシン残留問題が指摘されWHO欧州事務局が急きょ、ダイオキシンの耐容1日摂取量を一気に引き下げるなどの措置を講じたり、日本でも環境運動家の角張光子らの草の根運動により、化学製品の使い捨てナプキンの危険性が一般に認知され始め布ナプキンの普及に拍車をかけ始めた[1]

構造[編集]

一般に楕円形または長方形で角がになっている。厚さは数ミリ程度で1センチ以上になるものは月経処理用とは別用途であると思われる。中央は吸収させる部分でサイドや裏面は下着への固定する役割がある。

便宜上布ナプキンに対して通常市販されている使い捨てのナプキンは「紙ナプキン」と呼ばれ医薬部外品の指定を受けている。

紙ナプキン[編集]

ロング・ナプキン
ショーツ一体型ナプキン「ロリエ スーパーガード 安心ショーツタイプ」
鉄道駅に設置の自動販売機(左)

日本で最初の製品はアンネ株式会社1993年ライオンへ吸収合併)が1961年昭和36年)に発売した「アンネナプキン」[2]

「紙ナプキン」と呼ばれるが現在では素材は樹脂不織布などさまざまなものを用いている。戦前は脱脂綿が用いられ、戦後に紙製品が普及した。やがて、綿パルプなどの吸収体と薄いビニール製防水紙を重ねて紙で包んだ簡素なものが開発されたものの、ショーツ(パンティー)に固定する粘着テープの面積も小さく固定力が弱いため活発な行動には不向きな状態であった。1980年代半ばから、排出物の吸収には高吸水性高分子を用い肌に接する部分に工夫を凝らした素材が使われ始める。

表側表面は不織布もしくはメッシュ状の樹脂シートが用いられ中央に綿のような肌触りの局部にあてがう部分がある。裏は防水のためのビニールシートに粘着テープがついておりショーツに接着して固定できる。長方形の側面に「羽」と呼ばれる部分がついている製品もある。これはショーツに装着した際に羽の部分をショーツのクロッチ部分外側に折り曲げることでしっかりショーツに固定することを目的としている。羽付きと羽なしには、ずれにくさや使用感の違いがある。メーカー製の使い捨てのものはコンパクトに折り畳まれていて個装に包まれている。個装を取り外すと粘着テープを保護しているシートごと取れる仕組みになっている。色は主に白色でビニールの部分に薄いピンクやブルー、グリーン、パープルといった色が使用されていることもある。また月経時は濃い色の服装や下着を着用することが多いことから羽根や裏側部分を黒色にした製品も発売されている。

紙ナプキンの製品では装着した際の前後の長短の具合(概ね20cmから40cmオーバーまで、ロリエの項目にラインナップがあり参考になる)、羽なしと羽付き、サイドギャザーの有無、主に昼用の薄型(スリム)、主に夜用の厚型などに分類される。最近の製品では、従来のナプキンの形状よりもよりフィット感を増した形状のもの(elis Megamiシリーズ)、吸収力や吸収速度を大幅に高めて過多月経患者の使用にも対応したもの(elis ウルトラガード clinics)、一般のナプキンの形状とは異なるがショーツ一体型の穿くタイプ(ロリエ スーパーガード 安心ショーツタイプ。外見はナプキンと言うより事実上紙オムツに近い)、外陰部にピースを挟んで使用し体に装着するタイプ(ソフィ シンクロフィット)などの多様な種類がある。用途、体型、TPOによって各自使い分けるとより効果的である。尿漏れ対策の場合できれば夜用又はギャザー付きの物若しくは尿吸収パッドを使うことが望ましい。

紙ナプキンは外陰部に密着させて使用するため特に初経(初潮)を迎えた直後の女子では薄型であっても違和感を覚える場合があるがタンポンなどの他の生理処理用品に比べショーツに貼り付けるだけで装着ができ使用が簡単であることから日本では最も使用されている生理処理用品である。主にタンポンを使用する女性であっても月経の始まり頃や終わり頃など経血が少ない時期、また経血の多い時期にタンポン使用時に吸収しきれない経血が紐を伝って下着に漏れ出る場合への対策としてナプキンを併用する者も多く見られる。

上記したように使用方法や装着は簡単である一方、装着が不完全であると容易にナプキンがずれたりよれたりして本来の能力を活かせず経血が漏れ出しショーツや衣類を汚してしまう場合もある。特に月経の処置に慣れていない初経(初潮)を迎えた直後の女子に多く見られる。

日本の紙ナプキンの品質はとても高く日本人が外国に行ってやむを得ず購入したナプキンの装着具合に驚くことが多々ある。欧米ではタンポンの方が主流である。

ノンポリマーナプキン[編集]

紙ナプキンの一種であるが、吸収体に高分子ではなく綿・パルプなどといった素材を用いたものであり、前述した通り、かつてはこのタイプが主流であった。しかし、吸収体と防水シートを重ねて表面シートで包んだだけという簡素な構造であるため、実用上の吸収量確保のために吸収体の容積を大きく取る必要があり、結果として分厚く(かつてユニ・チャームのCMコピーで「まだお厚いのがお好き?」と揶揄されたのがこのタイプである)作らなければならず、装着する女性は動きづらさやモコモコとした違和感を覚えることになる。また高分子吸収体を用いたものに比べ吸収力や保持力が劣るため、表面シートの湿った不快な状態が常に付き纏うとともに、活発な行動や着座姿勢で外部から加わった圧力による経血の逆戻りが発生しやすく、女性の行動にも制限が課せられる結果となってしまう。そのため市場から駆逐され、現在ではメーカー、販路ともに限られている。しかし高分子を用いたナプキンよりは比較的蒸れ・かぶれが抑えられる、あるいは化学物質を忌避するといった理由であえてこちらを選ぶ者もいる。中には吸収体に水溶性パルプを用いて使用後水に流して処分できる製品もある。

布ナプキン[編集]

2000年代から、肌触りの良さ、環境への配慮などから、布ナプキンを選択する人が増えている。紙ナプキンとの主な違いは、以下の通り。

  • 紙ナプキンが使い捨て(試算値として、一人の女性が約1万2千枚を捨てる[2]というデータがある)であるのに対し、布ナプキンは洗うことによって繰り返し使用することができる[2]
  • 直接のコストでは、2年間で紙ナプキンが7200円に対して、布ナプキンは5700円という試算がある[2]
  • 洗濯を通じて自身の体調を把握できる[3]
  • 使い捨てではないためゴミを減らすことができ、ダイオキシンの削減になる[3][4]
  • 製造工程で漂白剤など化学物質の使用を抑えた品物を使用すれば、布ナプキンはかぶれにくいという[2]
  • 紙ナプキンに比べ、肌触りがよい[2]
  • 色や柄など、デザインにこだわることができる[2]
  • 紙ナプキンが使用後は捨てれば終わりなのに対し、布ナプキンは持ち帰り、洗う必要がある。また、洗ってもきれいに落ちるとは限らない[2]

副次的な効果としては、「毎回の状態を確認するため、自身の健康チェックになる」(えなのさとクリニック、福島幸江)もあるという[2]

布ナプキンを製造・販売している暮らしを耕す会らでぃっしゅぼーやアップサイド(Sunny Days - 地球洗い隊)、フェリシモなどは、環境や使用感、安全性にとどまらず、ずれ防止・持ち帰りしやすい機能など、様々な工夫を凝らしている[2]

また、布ナプキンの普及に伴い、重曹洗剤や洗濯板といった関連商品も発売された[2]

入手方法は、主にネットショッピング通信販売となる[2]

紙ナプキンの安全性問題[編集]

市販の紙ナプキンのほとんどは、石油系素材が使用されており、漂白されたポリエステルポリプロピレンレーヨンなどの不織布をはじめ内部には漂白した綿状パルプ、高分子吸収材ポリマーなどの吸収促進剤、消臭目的のデオドラント材、香料など化学物質がふんだんに使用されている。しかし、現状ではこれらの化学物質の人体への安全性については未だ確立されていない[1]

経皮吸収率が非常に高い性器に接しているため、経皮毒の影響を受けやすく、紙ナプキンをはじめとする使い捨て生理用品紙おむつのすべてには、原料の紙パルプの段階で漂白殺菌することが法的に義務付けられおり、そのため塩素系漂白剤を使用するが、焼却の際にはダイオキシンが発生する。人体に接触使用するだけでダイオキシンの発生・吸収があるかどうかは現在不明ながら、以前より子宮内膜症の発症率との関連が指摘されている。また、吸収材である高分子ポリマーは皮膚障害をひき起こす有害化学物質として知られる。こうした皮膚障害のある人には布ナプキンを使用することでリスクを軽減できる[5][4]

膣内粘膜から残留ダイオキシンが吸収される危険性[編集]

ダイオキシンが特に問題になるのは、微量でも非常に強力な毒性を持つためである。特にその中でも「生殖毒性」が近年注目されている。ダイオキシンのホルモンかく乱作用が女性の場合子宮内膜症、死産流産などを引き起こす要因になる。さらに子宮内膜症は月経困難症月経痛、月経過多、不妊症を引き起こす。こうした子宮内膜症をはじめ子宮筋腫に罹患している女性の割合は20%とも25%とも言われている。アメリカドイツでは子宮内膜症とダイオキシンの因果関係について因果関係の追跡調査が行われ、1992年には「子宮内膜症患者は、ダイオキシン類と同様の毒性を持つポリ塩化ビフェニール(PCB)類の胎内濃度が高い」という結果がドイツの医学研究者ゲアハルトらによって発表された。さらに1996年5月30日付『デイリー・ニュース』では医療記者であるコレット・ブーシェズが塩素漂白された生理用品のダイオキシン残留問題を取り上げ、記事中でニューヨーク大学医学センターの微生物・免疫研究所所長のフィリップ・ティエルノ博士が膣内粘膜から残留ダイオキシンが吸収され、これが蓄積される危険性を警告した。その結果、WHO欧州事務局が1998年5月、ダイオキシンの耐容1日摂取量を従来の10ピコgから一気に1-4ピコgに引き下げた。日本では、これを受け翌1999年に4ピコgに引き下げた。さらにアメリカでは、日本や欧州よりもダイオキシンの発がん性を重視しており、0.007-0.001ピコgという非常に厳しい数値を実質安全量と定めた。これに対し角張光子はダイオキシンが人体に影響が出ない量を設定すること自体、大きな間違いで、許容量を定めること自体が危険であると警告し、人体に有害な物質を含む生理用品は全面的に使用すべきでないとしている[1]

焼却によるダイオキシン問題[編集]

日本では使用済みナプキンを「燃えるゴミ」として焼却されるが、環境総合研究所池田こみちによれば、行政が800℃で高温処理することでダイオキシンは無害化されるとしているとしているが、実際は不可能であると指摘している。使い捨てナプキンはこのため、直接肌に触れる毒性以外にも焼却によるダイオキシンという有害物質を大気中に拡散している。特に生ごみ中の塩素イオンが石油製品と結合することで、毒性の強いダイオキシンを発生させる。埋め立て処理を施したとしても地下水として大地を汚染する。ダイオキシンには青酸カリの1000倍のである85gで100万人を即死させる毒性があり、サリンが自然に分解されるのに対し、ダイオキシンは分解されずに残り続け、食物連鎖の果てに生態系の頂点で何億倍もの濃度に濃縮される。食物などとともに再び人の体内に取り込まれやすく、特にダイオキシン類は脂肪に蓄積されやすい。生殖毒性以外にも、発がん性、催奇形性免疫毒性など多くの毒性を持つ。

日本の焼却施設の数は、世界一多く、例えば先進主要国の一般廃棄物焼却施設は以下の通りである。
1993年調べ。2003年データでは日本は1260と減っているが、これは施設が巨大化したため。)

国土が狭く人口密度の高い日本がアメリカの10倍もの焼却施設を持ち、ゴミ焼却によって大気中に排出されるダイオキシンの量は、欧米の先進国に比較するとけた違いに多くなっている。ナプキンのみならず乳児用紙オムツ、介護用オムツ、尿失禁パッドなども同様の問題を抱えている。すなわち、使用者以外も毒性の影響を受けていることになる[1]

使用[編集]

種類別[編集]

紙ナプキン[編集]

入手はドラッグストアなどで安価で容易に購入することができる。店頭で売られているのは主にメーカー製の使い捨てのナプキンで、布製はインターネットでの通信販売もしくは扱っていることを公表している店舗で探すのが望ましい。

非使用時の扱いは、特に初経(初潮)を迎えて間もない女子は生理周期が一定でないことが少なくないため、適当な数量を常に携帯することが習慣となっている。ナプキン自体はポーチや巾着袋に入れるなど、表立って見えないように持ち歩くのが好ましい。ポケットが付いた生理用ショーツ(サニタリーショーツ )もあり、人目を気にせずナプキンを携帯する事もできる。使用後の紙ナプキンは通常のゴミだが、区別して処理されるケースが多い。ナプキンは、トイレに流すと詰まってしまう。そのためエチケット・マナーの点から見ても、トイレ個室に備え付けのサニタリーボックスに汚れているほうを丸めて、新しく使用するナプキンの包装ラップまたはトイレットペーパーに包んで捨てるべきである(最近は流せるタイプのものも流通しているが、特に明記していない限り流してはいけない)。家庭ではトイレにサニタリーボックスを設置するか、不透明の袋を用いることもある。

用途[編集]

生理用ナプキンの名の通り、主に月経時に用いられ、生理用ショーツ(サニタリーショーツ)と併用されることもある。また、産後約一月続く出血や、強姦による出血にも用いられる。他に少量の尿漏れ対策や、下り物(おりもの)等を防止する際に使用することもある。しかし、下り物の場合は通気性確保などの観点から、専用のおりものシート(パンティーライナー)を使用するほうが望ましい。尿漏れ対策には尿吸収パッドが用いられる。

月経は数日から1週間ほど続くが、ナプキンは経血量やナプキンの大きさにより、1時間~10時間程度で吸収量に限界が来るため、時間を見計らって、適度なタイミングで取り替える。経血量が少ないときに夜用の大きなナプキンを使用する場合などは、吸収量とナプキンの状態に問題がない場合もあるが、長時間の使用は衛生面に悪影響をもたらすこともあり、適度なナプキン交換は必要である。

ナプキンは大きさや素材が様々であるので、経血量や交換できる頻度なども考慮の上で使用するのが望ましい。長時間交換できないことが予測される場合(長時間の会議やドライブなど)には、昼間でも夜用の大型のナプキンを使用する女性も多くいる。一方、夜用の大型のナプキンは就寝時の装着を前提とした横幅や厚みで設計されているため、昼間の行動時においての装着では、ずれやよれが発生しやすく、大型のナプキンだから絶対に失敗しないとは限らないため、装着時の位置決めは、動きやすさも考慮して慎重に行なう必要がある。また、前述の通り大型ナプキンは横幅が広く厚みもあることから、違和感を回避するため昼間の装着時の歩行動作において股を開いてしまう傾向にあり、生理中である事を周囲に露呈してしまうリスクを伴う。その一方で周囲の視線を意識するあまり幅広のナプキンを装着中にも関わらず過度に股を閉じて行動した場合、夜用大型ナプキンの優位性である広い横幅を狭めてしまう事につながり、ずれやよれの発生は必至であり、結果として、表面シートの破断、下着からの逸脱に至るケースもあり注意が必要となる。

ナプキンは、外陰部という皮膚が薄くデリケートな部分に装着するため、また、防水性の素材を使用しているため、装着時には蒸れやすくなり、かぶれやかゆみなどのトラブルを起こす場合もある。現在はそのようなトラブルを回避するための製品(ロリエ・エフシリーズ、ソフィ・はだおもいなど)も発売されているので、使用を考慮するとよい。

布ナプキン[編集]

布ナプキンは、基本は大きめの布を折って使用する。使用後は持ち帰り、洗濯をして再度利用する。洗濯では、重曹等アルカリ性洗剤を使用する[2]。 現在は、防水シートが使用されたものや、おりもの用など多種、多様なサイズ、メーカーがありデザインも豊富である。

主要メーカー[編集]

ドラッグストアで販売される布ナプキン(日本

紙ナプキン

ノンポリマーナプキン

  • 大三 (セペ 流せるナプキン)
  • 丸三産業 (生活クラブ、アミカ(廃番)、SELENA VIVA NAP(廃番))

布ナプキン

[6]

販路[編集]

旧約聖書において使用済み生理用品は「汚れ」だが、生理は守るべき道[編集]

古代の中近東の女性は、出血が続く間、T字帯で使用済みのぼろ布を畳んで固定したと考えられているが、寝床や椅子に付いたり、足を伝い床に伝い落ちたりすることが避けられないことは、現在も変わらない。旧約聖書では、女性の経血や陰部から流出する血が付着した物やそれに触れることを「汚れ」と定義している。ただし、旧約聖書において生理は、アダムエヴァを追放して守っている生命の樹に至るとされ、また血はを意味するためにその源であるところの生理をあらわにした者は民の間から断たれるとされている。

  • レビ記15章19節(新共同訳聖書)女性の生理が始まったならば、七日間は月経期間であり、この期間に彼女に触れた人はすべて夕方まで汚れている。
  • レビ記15章20節(新共同訳聖書)生理期間中の女性が使った寝床や腰掛けはすべて汚れる。
  • レビ記15章25節(新共同訳聖書)もし、生理期間中でないときに、何日も出血があるか、あるいはその期間を過ぎても出血がやまないならば、その期間中は汚れており、生理期間中と同じように汚れる。
  • レビ記15章26節(新共同訳聖書)この期間中に彼女が使った寝床は、生理期間中使用した寝床と同様に汚れる。また、彼女が使った腰掛けも月経による汚れと同様汚れる。
  • レビ記20章18節(新共同訳聖書)生理期間中の女と寝て、これを犯した者は、女の血の源をあらわにし、女は自分の血の源をあらわにしたのであって、両者共に民の中から断たれる。

文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『ひろがれひろがれ エコ・ナプキン』(地湧社) – 2005年8月
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 「生理用ナプキンに新しい流れ 「布ナプキン」が売り上げ伸ばす」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年5月15日付配信
  3. ^ a b Chikyu-Araitai Sunny Days
  4. ^ a b 布ナプwiki
  5. ^ 池川明(産婦人科医)著「女性を悩ませる経皮毒」P185-186
  6. ^ 布ナプキン生活

外部リンク[編集]