漢服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
現代の漢服男女

漢服(かんぷく/かんふく/ハンフー、中国語ピンイン:hànfú、中国語注音符号:ㄏㄢˋㄈㄨˊ、閩南語[hànho̍k]またはhanhok広東語[hɔn˧fʊk˨]またはhonfuk)は、漢民族の伝統的な民族服のことで、また漢装(ハンチュアン)、華服(ホアフー)、中国服とも言う。主に17世紀中葉以前の漢民族の『周礼』と民族文化を基礎に形成された民族の特徴を持った礼典服装飾体系、すなわち初以前の漢民族が着ていた、漢民族の風格が濃厚で、代々伝えられてきた民族服を総称して言う。

漢服の特徴[編集]

約5000年前の中国の新石器時代仰韶文化の頃に農業と紡績業が始まった。で衣服が作られるようになった。その後、を飼い絹糸を取ることを知るようになり、人々の衣冠服飾も日々整っていった。現代の漢服の主な特徴は、襟があり、襟に続くおくみ(衽)、ボタンを使わず、帯で締めることにある。見るものに、ゆったりとして飄逸な感じを与える。これらの特徴は、他の民族の服装とは明らかに異なる。漢服には礼服と普段着の別がある。形の上から見ると、主に上衣下裳(上は襟のある上着、下は裳というスカート状の下衣、衣裳はここから出来た言葉)、深衣(着丈の長い、裾の広がったゆったりした衣服)、襦裙(短い上着と裳)などの形があった。このうち上衣下裳に冠を被るスタイルは、帝王や百官の厳粛で正式な時に着る礼服で、袍服(深衣)は百官、知識人達の普段着、襦裙は女性が好んで着た。一般の下層の人々は上は短い上着、下は長いズボンだった。

朝廷公事の漢服[編集]

黄帝時代に冕冠(冠)が現れ、服飾制度が次第に形成されていった。夏朝商朝以降、冠服制度が確立され、周朝の時に完成された。周朝後期、政治、経済、思想、文化は急激に変化し、特に百家争鳴で服飾について論議が尽くされ、その影響は諸国の衣冠服飾や風俗習慣にも及んだ。「顔淵、邦を為の事を問う。子曰く:「夏朝の時を行無い、商朝の輅に乗り、周朝の冕を服す。」それは『輿服志』の事です。孔子曰く:「礼に非ざれば視ること勿かれ、礼に非ざれば聴くこと勿かれ、 礼に非ざれば言うこと勿かれ、礼に非ざれば動くこと勿かれ。」漢服とは、さまざまな『吉礼凶礼軍礼賓礼嘉礼』のなかで規定されている服装や道具などの総称。[1]孔子が、伝説の聖王・に衣服を悪しくして美を黻冕について褒め称えている部分である。

すなわち『儀礼』士冠礼・喪服など、また『周礼』天宮司裳神宮司服など、さらに『礼記冠儀昏儀などの各篇に、周朝の服装に関する制度である。『周礼』とは、儒家が重視する経書『十三経』の一つで、『儀礼』『礼記』と共に三礼の一つ。孔子日く: 「詩に興り、礼に立ち、楽に成る。」

周礼 分類 男子装束 女子装束
吉礼 天地鬼神の祭祀(邦国の鬼神につかえる) 冕服弁服朱子深衣 翟衣襢衣褖衣
賓礼 外交(邦国に親しむ) 冕服弁服 細釵礼衣榐衣
軍礼 出陣・凱旋(邦国を同じくする) 韋弁服皮弁服冠弁服短衣大袴袴褶裲襠円領衫 襢衣褖衣
凶礼 葬儀・災害救済(邦国の憂いを哀れむ) 弁服白幘白帢褖衣 白帢褖衣
嘉礼 冠婚・饗宴・祝賀(萬民に親しむ) 冕服弁服絳公服朱子深衣 翟衣鞠衣襢衣褖衣大袖連裳青蓮裳

礼服[編集]

冠服制度は『礼制』に取り入れられ、「儀礼」の表現形式として中国の衣冠制度はさらに複雑になっていった。衛宏漢旧儀』や応劭漢官儀』をはじめとして、『白虎通義』衣裳篇、『釋名』釈衣服、『独断』巻下、『孔子家語』冠頌、『続漢書輿服志などの中に、漢朝の衣服一般に関する制度が記録されているが、それらはもっぱら公卿百官の車駕や冠冕を中心としたそれである。

易経』に、黄帝··衣裳を垂れて天下治まるは、蓋し諸を乾坤に取る。乾は天、坤は地で、乾坤は天地の間、人の住む所の意がある。『周易』坤卦に「天は玄にして地は黄」とある。天の色は赤黒(玄)く、地の色は黄色く。よって、冕服(袞衣)の衣は玄にして裳は黄である。

尚書』にの衣服のぬいとりにした紋様を言う。「"日、月、星辰、山、龍、華蟲、宗彜、藻、火、粉末、黼、黻"の"十二紋章"」である。冕服は祭祀や即位や朝賀の儀などに、十二旒冕冠とともに用いられた。中国の冕冠は、古代から明朝まで基本的な形状はほとんど変わらない。明の万暦帝が着用した冕冠が定陵から出土しているが、前漢から隋朝の歴代皇帝を描いた閻立本歴代帝王図巻』に描かれている冕冠とほぼ同じ形状である。翟衣は祭祀や朝賀の儀などに、花釵十二梳とともに用いられた。

始皇帝の冕服 
漢武帝の冕服 
天子御礼服(孫権) 
十二旒冕冠(北周武帝) 
隋文帝の冕服 
宋花釵十二梳 
孝恪太后の翟衣 
孝端顕皇后の闕翟 
孝懿荘皇后の大衫 
孝純太后の鞠衣 
皇帝天子、天皇』六服 皇后、天后」六服
裘冕 褘衣
袞冕 揄翟
鷩冕 闕翟
毳冕 鞠衣
絺冕 襢衣
袨冕 褖衣

平服[編集]

明成祖の黄袍 
明英宗の黄袍 
唐太宗の円領衫 
宋太祖の円領袍 
宋真宗の円領袍 
宋真宗の公服 
 
朝服 
唐太宗の円領衫 
 

平服文章

十二章 
麒麟白澤紋 
錦雞 
虎豹紋 
孔雀紋 
孔雀紋 
白鷴紋 
六品公服 
雙孔雀紋 

常服[編集]

中世紀[編集]

隋朝[編集]

唐朝[編集]

近古時代[編集]

宋朝[編集]

元朝[編集]

近世[編集]

明朝[編集]

襖裙

清朝[編集]

剃髪易服

漢民族のこの服飾制度は周朝から明朝に至るまで、3500年来基本的特徴には大きな変化は無い。300年ばかり前の初、その服飾制度は崩壊した。清朝の統治者は、漢人の民族としての連帯感を弱めるため、また中国統一のため、1644年、明朝滅亡後に満州族の髪型(弁髪両把頭)と満州族の服装を強制し、漢民族の服飾を身に着けることを禁止した。史上名高い剃髪易服(髪を剃り、服を替える)である。これにより漢服は次第に消滅させられた。今日の旗袍長衫馬褂はいずれも満州族の民族衣装を改良し発展させたものである。

近代[編集]

民国道士の漢服

阿片戦争以降の清朝末期、ヨーロッパ列強の侵略により西洋文化が多く流入する。その後、辛亥革命により満州族統治の清朝が倒れると、中華民国が建国され、近代化に向かう。人々の思想は西洋化に向かい、西洋風の服装に変わり、漢服の回復はなかった。第二次世界大戦後の中華人民共和国の建国以降は人民服が推奨され、成人男子のほとんどが着用し、女性にも多く着られた(改革開放政策以降、次第に洋服も着られるようになった)。この共産主義国家の成立と文化大革命による文化の断絶も、伝統衣装などの文化の継承に大きな妨げとなった。

現代[編集]

21世紀に入り、中国の国力が発展するに従い、人々の目は自国の伝統文化の優秀な面に関心を寄せるようになった。一部の人は、伝統的漢服の復興を呼びかけ、率先して漢服を着て普及運動を始めている。漢服の歴史やデザインについてはさまざまな説があり、これらの『漢服復興運動』に対して、一般社会からは様々な意見が出されている。

頭飾品[編集]

頭の飾りは漢民族の服飾の重要部分の一つである。古代の漢民族の成年男女は、頭髪を巻きにし、を刺して固定していた。男子は頭に常に冠、布、帽子を載せていた。形は色々な物があった。女性の髪のは色々な種類があり、髪の上には真珠、花、など色々な飾り物をした。

男子の冠 女子の冠
冕冠 Yellow Emperor.jpg 鳳冠 B Song Dynasty Empress of Qinzong.JPG
通天冠 Liang Wudi.jpg 花勝 B Song Dynasty Empress of Xuanzu.JPG
皮弁 Emperor Wu of Chen.jpg B The Demoted Empress of Song Dynasty.jpg
礼冠 Yansong.jpg 宝冠 Chinese Ming Dynasty Empress Xiaocigao.jpg
笼冠 Fan Zhongyan.jpg
幞頭 Tang gao zu.jpg
展角幞頭 Emperor Huizong.jpg
烏紗の帽 解縉.png
翼善冠 明世宗.jpg
帕首 Liu Yu,Song Wudi.gif
唐巾 Guanyu-1.jpg
朱子巾 Zhu xi.jpg
周子巾 00shenzhou.jpg
庄子巾 Shu Shunsui.jpg
幅巾 湯顯祖像mingdynastyhanfubeizi.jpg
侯方域2.jpg
Officer Terrakottaarmén.jpg

周辺国への影響[編集]

服制 中国 韓国 日本
深衣 Shenyi 1.jpg Park Ji-won.jpg A portrait of Fujiwara Seika 藤原惺窩像.jpg
位袍 明英宗皇帝.jpg 조선 태조.JPG Emperor Higashiyama.jpg

韓国[編集]

冕服 
祭服 
朝服 
五位官服 
五位官服 
国王赤袍 
深衣 

朝鮮半島韓服は騎馬民族の衣装である胡服を原型とするが、漢服の影響も受けており、共通する意匠は多い。襦裙チマチョゴリと良く似た構成である。

日本[編集]

聖徳太子の位袍 
聖徳太子 
千呆性侒の僧衣 
直衣 
冕冠(天皇礼冠)の図 
礼冠(文官用) 
宝冠(女性天皇の冠) 
侍従文官 

日本の「朝服」の祖形になった唐の「常服」。平安時代以降、天皇以下の文官武官が朝廷の儀式・公事に着用した。冠位十二階を定めた聖徳太子の時代の服制は定かではない。なお元正天皇養老3年(719年)2月3日、「初令天下百姓右襟」と定められ、それまでの左前(左袵・さじん)が右前(右袵・うじん)となった。このとき同時に官人に把を命じている。礼服は重儀に用いられるもので、後には即位の大礼にのみ用いられ、明治天皇の父孝明天皇の即位までこれが用いられた。和服は唐朝の漢服の影響を受けているとされ、意匠的に漢服に似ている部分は多いが、実際の構造はかなり違う。全体的に見ると漢服の裄丈(通袖)は和服よりも遥かに長い(礼装では250cmくらいある)、衿と衽の幅も若干広い。それ故、袖を除いてみると漢服は和服のような長方形ではなく、台形に見える。なお、中世以前の和服において、外来の影響はほとんど漢服からのものに限られているが、近世以降の和服は、16世紀に伝わったポルトガルの衣服の影響も受けている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 周礼』<大宗伯篇』

外部リンク[編集]