ヒジャブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さまざまな色のヒジャブを着用したインドネシアムスリム女性たち
ヒジャブを着用したイエメンの女性

ヒジャブ英語: Hijab, ħijābアラビア語: حجاب )とは、アラビア語で「覆うもの(名詞)」を意味する言葉ヒジャーブヘジャブとも。

概要[編集]

覆う・遮蔽する・保護するという意味の動詞حجب」を語源とする。一般に欧米では女性のと体を覆う布を意味するが、アラビア語においては頭に被るベールといった意味の他に、貞淑道徳といった意味も持つ。

イスラームが主な宗教となっている中東を始めとする諸国では一般的な女性の服装だが、ムスリムが多数を占める国でも、トルコチュニジアなど厳密な政教分離を掲げる国では、公の場所での着用が禁止されている場合もある。ただし、トルコでは近年規制が緩和されつつあり、ヒジャブを付ける女性も珍しくは無くなっている。フランスでは全ての宗教での宗教的シンボルは、公の場所での着用を禁止している。ヒジャブもその「宗教的シンボル」と認定されており、学校等の公共の場での着用が禁止されており、内外のムスリムから反発を受けている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]