クーフィーヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パレスチナのアラファト議長

クーフィーヤ (アラビア語: كوفية‎, Kufiya) とはアラビア半島社会で男性が頭にかぶる装身具帽子である。 サウジアラビアなど、地域によってはシュマーグ (شماغ, shemagh) とも呼ばれる。英語では keffiyeh/kaffiyeh ともローマ字表記され、ここからカフィエと訳される場合もある。

縦横百数十センチぐらいの正方形の布を巻いた上に、イカールと呼ばれるヤギの毛で作った輪をはめるのが一般的な姿になっているが、イスラム過激派のゲリラのように、覆面風にする巻き方もある。

ターバンと混同されることが多いが、ターバンが頭の上で固まっているのに対してクーフィーヤは首の後ろまで布が垂れており、頭部全体を覆う。模様は様々である。

男性用であり、女性はアバヤなどを身につける。

非イスラム圏への浸透[編集]

2001年に始まった対テロ戦争以降において、イスラム過激派メンバー達の影響から、クーフィーヤを首や顔に巻く米軍ほか多国籍軍の兵士やPMCオペレーターが多数見られるようになった。彼ら兵士達が本国に帰還するとそれがアメリカや先進国本土にも伝わり、アフガンストールという名前で若者層のファッションアイテムとしても使われるようになる。

ギャラリー[編集]