ブルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフガニスタンの女性がブルカをかぶっているところ
ブルカ顔部の詳細図
2人のアフガニスタンの女性

ブルカアラビア語: برقع Burquʿ; ダリー語: بورقا Bōrqā; چادری Chādo(a)rī)とは、伝統的にイスラーム世界の都市で用いられた女性のヴェールヘジャブ)の一種。歴史的にはアラビア半島エジプトシリアで用いられた顔の覆いを指すが、現在の日本語の用法は主にアフガニスタンの女性が用いるものをさす。テント状の布で全身を覆いイスラム教徒女性を他人に見せないようにし、顔の部分のみ網状になっており視覚を確保する。ターリバーンによるブルカ着用の強制という言説から、イスラームによる女性抑圧の象徴として扱われる。

しかしながらパシュトゥーン人の文化的・宗教的伝統や、乾燥した空気や強い日光から肌を守ると言う気候に対応した機能も持っており、そう言う面では女性を守る意味もあるため、ブルカ=女性抑圧と単純に断じるのは危険であるという主張もある。

ブルカの特徴はイランなどで一般的なチャードルがスカーフ状の方形布であり大きさがさまざまであるのに対し、帽子に染色された襞のある絹などの布が縫いつけてあり、テント状の形状であることである。多くはかかとまでの全身を覆う。なおこれは西欧語やダリー語パシュトー語ではチャードリーと言い、ブルカは本来、チャードリーのうち顔を隠す面紗が全身を覆う布とは別の布で出来ているものを指す(写真もブルカではなくチャードリーである)。

欧州移民とブルカ[編集]

欧州では脱宗教性、政教分離(ライシテ)の概念、イスラム系移民との軋轢、などの問題を象徴する物となっている。サルコジ仏大統領は2009年以降、「フランスではブルカを受けいれない」と主張。2010年に政府法案を提出。禁止法案は、学校、一般道路など公共の場でのブルカ着用を全面的に禁止している。 信教・表現の自由の侵害だ、などの批判も強く、論議を呼んでいるが2010年7月13日下院では圧倒的多数で可決、同年9月14日上院でも圧倒的多数で可決され、同法は成立した。2011年4月11日、同法が施行された[1]

ベルギーではブルカとニカブを禁止し、着用する女性は罰金を課される。2011年9月にはオランダで同様の禁止法案が閣議決定されており[2]、またスペインなども同様に検討している。

自分の意思で着用しているムスリムの女性たちは「では、ミニスカートタンクトップにしたら、女性が解放されるとでもいうのか」と反論する[3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Dupree, Nancy Hatch, 'Clothing xiii. in Aghanistan,' The Encyclopædia Iranica, vol.5, New York, 1992, pp.811-15. [1]
  • ふいめい「「ブルカ」三つの謎」」[2](2005年12月31日閲覧)
  • Stillman, Y.K. , et al., 'Libās,' The Encyclopedia of Islam,, vol.5, Leiden, 1986, pp.732-53.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フランスで「ブルカ禁止法」施行、違反者には罰金1万8000円”. ロイター (2011年4月11日). 2013年10月27日閲覧。
  2. ^ “オランダもブルカ禁止へ、欧州3か国目”. 読売新聞. (2011年9月17日). オリジナル2011年9月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110926130429/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110917-OYT1T00583.htm 2011年9月18日閲覧。 
  3. ^ 内藤正典 『イスラムの怒り』 集英社 2009年