加髢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加髢
各種表記
ハングル 가체
漢字 加髢
発音 カチェ
日本語読み: かてい
ローマ字 gache
テンプレートを表示

加髢は、近代以前に朝鮮の女性が使用したかつらの一種。ダリともいう。社会的に地位が高い女性と妓生は大きい加髢を使用したが、庶民は短い加髢を結んで使った。西洋の女性と同じく、当時の朝鮮の女性も、かつらが大きくて重いほど美しいとされた。このような状況がひどくなると、1756年には英祖が、1788年には正祖が勅令で加髢の使用を禁止した。

19世紀に入って両班階級の女性は加髢の代わりにチョクチンモリ(後頭部襟足に髪をまとめる既婚女性の髪型)等の髪にチョクトゥリと呼ばれる小型の帽子型冠を使い始めた。しかし王后を始めとする宮中の女性と妓生は特に礼装などの際には継続して加髢を使った。さまざまな装飾を含めて加髢の重さは、普通3~4kg程度だった。加髢の重さに頸骨が折れて死ぬ事もあった。

民画に現われた加髢[編集]