イスラム圏の女性の服装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イスラム圏の女性の服装(イスラムけんのじょせいのふくそう)ではイスラム世界およびムスリムの女性の服装について記述する。

概要[編集]

ヒジャブを着用したインドネシアのムスリム女性たち
パキスタン首相ベーナズィール・ブットー。頭を軽く覆っているだけで、顔は露わにしている。
二カーブを被ったイエメンの女性

イスラム教の聖典クルアーンによれば女性は顔と手以外を隠し、近親者以外には目立たないようにしなけらばならないことから[1]、保守的なイスラム社会では女性は頭をふくめた体を隠す服装をすることが多い。しかし、イスラム圏が位置する中近東ではイスラム教の成立以前から、気候などに適応した服装として体をすっぽりと隠す服装がなされてきた事実もある[要出典]。 現在、イスラム世界で使用されている女性の服装には以下のものがある。

欧米諸国のメディアでは厳密な区別はされず、どれであっても(つまり、顔を覆い隠すブルカや二カーブ、顔を隠さないヒジャブなどを区別せずに)ブルカと呼称されることが多い。[要出典]

アバヤ
アバヤはアラビア半島の伝統的な民族衣装で黒い布で目と手足の先以外をすべて隠している。
ヒジャブ
ヒジャブスカーフのような布で頭髪を隠すものである。もっとも一般的な服装である。
ヒマール
ヒマールはへジャブより、隠す範囲が広がり、背中まで隠す。
ブルカ
ブルカはアフガニスタンで用いられている民族衣装で目の部分も網状になっていて完全に隠れている。
ニカーブ
ニカーブは目だけ見せるものである。色は黒が多い。
チャドル
チャドルイランに多い服装である。顔だけ出して体全体を隠す。
ブルキニ
ブルキニは近代になってから登場したムスリマ向けの水着である。イスラム教の戒律に合うように全身を覆うタイプの水着になっている。

欧州でのイスラム女性の服装[編集]

欧州各国にも移民等によってムスリム人口が増えるにしたがって、上記の服装をするムスリマ女性が増加している。各国は女性の権利擁護や政教分離の立場、治安上の要因からなんらかの規制をはじめている。見方・態度はさまざまで、これらの服装規定が女性差別を助長するとして法律で禁止しようとする政治家もいるが、ムスリマ女性からは信仰の自由を侵していると非難の声が上がっている。

脚注[編集]

  1. ^ ムスリム・ムスリマの装い

関連項目[編集]