ストロベリー・スウィッチブレイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストロベリー・スウィッチブレイド
STRAWBERRY SWITCHBLADE
基本情報
出身地 スコットランドの旗 スコットランド
ジャンル ポップ・ミュージック, ニュー・ウェイヴ, パンク
活動期間 1981年 - 1986年
レーベル WEA、WARNER BROTHERS、PLATINUM RECORDS
メンバー
ローズ・マクドール (Vox, Gtr)
ジル・ブライソン (Vox, Gtr)

ストロベリー・スウィッチブレイド (Strawberry Switchblade) は、スコットランド南西部に位置するグラスゴー出身の女性2人による、ニューウェーブ・ポップ・デュオサイケデリックメイクとポルカドット (水玉模様) を基調とした衣装が注目を浴びた。1984年にリリースされた2枚目のシングル『ふたりのイエスタディ (Since Yesterday)』という代表曲があり、1986年まで活動していた。

活動した期間は非常に短かったが、のちのゴシック・アンド・ロリータ (ゴスロリ) を連想させるファッションは、アン・ルイスなどが参考にしたことがあった。

来歴[編集]

グラスゴーのクラブで出会ったジル (ボーカル、ギター)、ローズ (ボーカル、ギター)、ジャニス (ベース)、キャロル (ドラムス)、の4人によってルーツとなるバンドを1976年に結成。

1982年には、ジャニスとキャロルが脱退し、ジルとローズの2人組となった。そして、彼女らと交流があった「オレンジ・ジュース」というバンドと一緒にライブ・レコーディングした際に、メンバーから「ストロベリー・スウィッチブレイド」と名付けられることになった。

彼女らが最初に契約したレコード・レーベルはインディペンデント・レーベルの Postcard Records だったが、このレーベルとの契約中にはレコーディングもリリースもされず、1983年『トゥリーズ・アンド・フラワーズ (Trees and Flowers)』 (全英44位) でインディーズデビューした。このレコーディング・セッションには Roddy Frame (Aztec Camera) 、Mark Bedford (Madness) 、Daniel Woodgate (Madness) 、Kate St John (The Dream Academy)、Nicky Holland らが参加していた。その後WEAの子会社コロヴァ (Korova) と契約を結び、1985年1月、デビッド・モーション (David Motion) プロデュースによるメジャーデビュー曲『ふたりのイエスタディ (Since Yeserday)』が全英シングル・チャートで5位まで上昇する大ヒットとなった。同曲が収録された同名アルバム (原題はStrawberry Switchblade) も全英アルバム・チャートでは22位を記録した。

やがて日本でも話題になり、プロモーションで来日。ロレアルのヘアケア商品のコマーシャルソングとして使用され、またこのころにポルカドット (水玉模様) が流行した一因といわれた。その年の大晦日にはフジテレビジョンで放送された『大晦日チャリティスペシャル・世界紅白歌合戦』にも出演した。

富士重工業の軽自動車スバル・レックスのCMソングになった『エクスタシー』は日本独自で制作・リリースされ、1985年に日本のみ発売されたアルバム『ジョリーン』に収録された。この曲は井上大輔が作曲を担当している。

1986年には日本公演を実施。作成中であった2枚目のアルバム『I feel fine』から、来日記念版として先行発売された曲『アイ・キャン・フィール』など数曲も披露されたが、予定されていたアメリカ合衆国進出を目前にしながらも、互いの音楽性の違いから解散。活動期間は実質1年半弱と短いものだった。

アルバム『ふたりのイエスタディ』は、1997年に日本で9曲のボーナス・トラックを収録し再発売されている。

解散後、ジルはKR Frostと結婚し、ジュリアン・コープのアルバムなどに参加して活動を続けていた。ローズはCoilのDrew McDowallと結婚し、Coil、Current 93、Death in June、サイキックTV、Non、Felt、Megas等の作品に参加し、Sorrow、Spellといったユニットでも活躍していた。後にローズとDrewは離婚している。

ふたりのイエスタディ[編集]

『ふたりのイエスタディ (Since Yeserday)』は、イントロに、フィンランドの作曲家、シベリウスの「交響曲 第5番」のファンファーレから始まる特徴を持っていた曲で、白と黒のポルカドット・ドレスを着て登場するプロモーション・ビデオ・クリップと共に印象づけられた曲にもなっている。また、間奏部分で聴けるシーケンサーの音色は、プロデュースを担当したデビッド・モーションのスタジオ・テクニックの中でも注目された手法であり、これはシーケンシングされた短めの音源をそのまま使っているのではなく、コード進行に応じて和音で伸びたままになっているシンセサイザーの音源を、ノイズ・ゲートを使って処理する方法が使われていて、外部からトリガーとなるシーケンス音を使ってノイズ・ゲートを外部トリガー・モードにさせ、そのトリガー・タイミングでシンセサイザーの音をぶつ切りにさせ、印象的な間奏部分のシーケンシング・サウンドを作成している。

エピソード[編集]

  • グラスゴーのパンク・ディスコで初めて出会った時、お互いの印象はともに「怖い人」であった。 当時のジルは赤い髪をポニーテールにして、黒っぽいメイクで、口唇を真っ赤にしていた。また、ローズはプラスティックのミニスカートを履いて、ブルーグレーに染めた短い髪を突っ立てて、黒い口紅を使用していた[1]
  • グループ名は砂糖菓子の名前に由来するといわれるが、「イチゴの飛び出しナイフ 」という意味である。
  • 1985年にプロモーションで来日した際、音楽雑誌のインタビューで使用したホテルの庭に植えられていたハボタンをみて『cabbage cabbage!! (キャベツ、キャベツ!!) 』とはしゃいだことが、ベジタリアンである彼女たちらしい一面と紹介された。
  • 同じころ、テレビ朝日の番組『ベストヒットUSA』に出演。タイトルのとおりアメリカ合衆国の音楽に関する番組であるが、ちょうどイギリス特集をしていた時期でもあったために出演できたといえる。
  • 日本国内でもレコード会社公認の私設ファンクラブが作られたが、会報1号が発行されてしばらくのちに解散してしまったため、ファンクラブも解散することになった。その際、レコード会社の好意により会員にサイン色紙と入手困難なグッズが配布された。

メンバー[編集]

共にヴォーカル、ギター担当。

  • ローズ・マクドゥール (Rose McDowall)- 黒髪で小柄。おもにメインパートを担当。
  • ジル・ブライスン (Jill Bryson) - 栗毛がかった髪で大柄。コーラスパート中心であったが、『真夜中のマイケル』ではメインヴォーカル。コンサートのMCでは、笑いながら話していた。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • トゥリーズ・アンド・フラワーズ - Trees and Flowers (1983年・イギリスのみ)
  • ふたりのイエスタディ - Since Yesterday (1984年)
  • レット・ハー・ゴー - Let Her Go (1985年)
  • 愛の疑問 - Who Knows What Love Is? (1985年)
  • ビューティフル・エンド - Beautiful End (1985年・フィリピンのみ)
  • エクスタシー - Ecstasy (Apple Of My Eye) (1985年・日本のみ)
  • ジョリーン - Jolene (1985年)
  • アイ・キャン・フィール - I Can Feel (1986年・日本のみ)

アルバム[編集]

オリジナル盤

  • ふたりのイエスタディ - Since Yesterday (1985年)
  • ジョリーン - The 12" Album (1985年・日本のみ)

ベスト盤

  • The Platinum Collection (2005年・日本未発売)
  • ふたりのイエスタディ+9 (1997年・日本のみ) 85年のアルバムに9曲ボーナストラックを収録

アルバム収録曲の詳細[編集]

  • Strawberry Switchblade (オリジナル LP & カセット) リリース:1985年4月、レーベル:KOROVA/WEA
Side-A
  1. ふたりのイエスタデイ / Since Yesterday
  2. ディープ・ウォーター / Deep Water
  3. アナザー・デイ / Another Day
  4. リトル・リヴァー / Little River
  5. ジェイムズ・オー・ストリート 10番地 / 10 James Orr Street
Side-B
  1. レット・ハー・ゴー / Let Her Go
  2. 愛の疑問 / Who Knows What Love Is?
  3. ゴー・アウェイ / Go Away
  4. シークレッツ / Secrets
  5. 愛の疑問 (リプライズ) / Who Knows What Love Is? (Reprise)
  6. ビーイング・コールド / Being Cold

  • The 12" Album (日本国内企画盤、LP) リリース:1985年、レーベル:WARNER PIONEER
  1. レット・ハー・ゴー (エクステンデッド・ミックス) / Let Her Go [Extended Mix - 4:48]
  2. トゥリーズ&フラワーズ (エクステンデッド・ミックス) / Trees and Flowers [Extended Mix - 6:40]
  3. ふたりのイエスタデイ (エクステンデッド・ミックス) / Since yesterday [Extended Mix - 6:27]
  4. ジョリーン (エクステンデッド・ミックス) / Jolene (Extended Mix - [6:12]
  5. 真夜中のマイケル / Michael Who Walks By Night - [3:41]
  6. 愛の疑問 (エクステンデッド・ミックス) / Who Knows What Love Is [Extended Mix - 5:33]
  7. エクスタシー / Ecstasy (Apple of My Eye) - [3:30]

  • Strawberry Switchblade (日本国内再発売CD) リリース:1997年、レーベル:WEA International
  1. ふたりのイエスタデイ / Since Yesterday
  2. ディープ・ウォーター / Deep Water
  3. アナザー・デイ / Another Day
  4. リトル・リヴァー / Little River
  5. ジェイムズ・オー・ストリート 10番地 / 10 James Orr Street
  6. レット・ハー・ゴー / Let Her Go
  7. 愛の疑問 / Who Knows What Love Is?
  8. ゴー・アウェイ / Go Away
  9. シークレッツ / Secrets
  10. 愛の疑問 (リプライズ) / Who Knows What Love Is? (Reprise)
  11. ビーイング・コールド / Being Cold
  12. ビューティフル・エンド / Beautiful End
  13. プア・ハーツ / Poor Hearts
  14. エクスタシー / Ecstasy (Apple Of My Eye)
  15. ジョリーン / Jolene
  16. ブラック・タクシー / Black Taxi
  17. トゥリーズ&フラワーズ (エクステンデッド・ミックス) / Trees And Flowers (Extended Mix)
  18. 真夜中のマイケル / Michael Who Walks By Night
  19. ふたりのイエスタデイ (エクステンデッド・ミックス) / Since Yesterday (Extended Mix)
  20. アイ・キャン・フィール / I Can Feel

  • The Platinum Collection (CD) リリース:2005年12月、レーベル:WARNERS
  1. ふたりのイエスタデイ / Since Yesterday
  2. トゥリーズ&フラワーズ / Trees And Flowers
  3. 愛の疑問 / Who Knows What Love Is?
  4. レット・ハー・ゴー / Let Her Go
  5. ジョリーン / Jolene
  6. ディープ・ウォーター / Deep Water
  7. アナザー・デイ / Another Day
  8. リトル・リヴァー / Little River
  9. ジェイムズ・オー・ストリート 10番地 / 10 James Orr Street
  10. ゴー・アウェイ / Go Away
  11. シークレッツ / Secrets
  12. ビーイング・コールド / Being Cold
  13. プア・ハーツ / Poor Hearts
  14. ブラック・タクシー / Black Taxi
  15. 真夜中のマイケル / Michael Who Walks By Night
  16. アイ・キャン・フィール / I Can Feel

脚注[編集]

  1. ^ 「どりみ IN LONDON STRAWBERRY SWITCHBLADE」ミュージック・ライフ シンコーミュージック、1985年4月号 120-121項

外部リンク[編集]

関連項目[編集]