ロンドンオリンピック (1948年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンドンオリンピック
第14回オリンピック競技大会
Games of the XIV Olympiad
Wembleyold.jpg
開催都市 イギリスの旗 イギリス ロンドン
参加国・地域数 59
参加人数 4,064人
競技種目数 19競技151種目
開会式 1948年7月29日
閉会式 1948年8月14日
開会宣言 ジョージ国王
選手宣誓 ドン・フィンレー
最終聖火ランナー ジョン・マーク
主競技場 ウェンブリー・スタジアム
テンプレートを表示

ロンドンオリンピックは、イギリスロンドン1948年に行われた夏季オリンピック大会である。第二次世界大戦後の最初のオリンピックであり、1936年ベルリンオリンピック以来12年ぶりに行われた夏季オリンピックである。実際は1944年にロンドンで行われる予定だったのが戦争により中止され、繰り越しでの開催であった。ロンドンでの開催は2回目であるが、実際には夏季五輪は非開催の分も回次に入れるため、公式には3回目(史上最多)の開催となった。

ハイライト[編集]

  • 敗戦国であるドイツ日本の参加は認められなかった。だが、戦争中に政権交代していたイタリアの参加は認められた。もっとも、日本は1938年に東京オリンピックの開催を返上し、ドイツは1939年にポーランドに侵攻して第二次世界大戦を起こしたことで代替となるヘルシンキでのオリンピック開催を事実上不可能にしたことから、両国への非承認はそれらに対する懲罰的な意味合いも大きかったとされている。
    • これを受け、日本では日本水連がオリンピックでの競泳競技と同じ日程による日本選手権大会を行った。この大会の1500m自由形で古橋廣之進が記録したタイム18分37秒0は当時の世界記録を大幅に上回るものであり(ただし、日本が国際水泳連盟から除名されていたため公認されず)、ロンドンオリンピックの競泳1500mで金メダルを獲得したアメリカのジェームズ・マクレーンの19分18秒5より速く、「幻の金メダル」と呼ばれている。
  • オランダの女子陸上選手フランシナ・ブランカース=クンがトラック競技で金メダル4つを獲得し、注目を集めた。
  • イローナ・エリク(ハンガリー)とヤン・ブルジャーク(チェコスロバキア)が、12年ぶりのオリンピックにもかかわらず、金メダルを再び獲得した。
  • ホッケーに独立したばかりのインドパキスタンが参加、インドはホッケー発祥の地であるイギリス代表を初戦で敗退させた。
  • マラソン競技の終盤、ベルギーエティエンヌ・ゲイユが最初に競技場に帰還、しかし痙攣を起こし、歩くことを余儀なくされ、ゴール前で二人の選手に追い抜かれた。

実施競技[編集]

競技会場[編集]

各国の獲得メダル[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 38 27 19 84
2 スウェーデン スウェーデン 16 11 17 44
3 フランス フランス 10 6 13 29
4 ハンガリー ハンガリー 10 5 12 27
5 イタリア イタリア 8 11 8 27
6 フィンランド フィンランド 8 7 5 20
7 トルコ トルコ 6 4 2 12
8 チェコスロバキア チェコスロバキア 6 2 3 11
9 スイス スイス 5 10 5 20
10 デンマーク デンマーク 5 7 8 20
12 イギリス イギリス(開催国) 3 14 6 23

主なメダリスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]