アーセナル・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーセナル・スタジアム
Arsenal Stadium
"ハイバリー"
Arsenal Stadium interior North Bank.jpg
施設情報
所在地 ロンドンハイバリー
開場 1913年9月6日
修繕 1932-36, 1992-93
閉場 2006年5月7日
取り壊し 2006年
所有者 Arsenal Holdings plc
運用者 Arsenal
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 100×67 m
建設費 125,000ユーロ
設計者 Archibald Leitch(1913年建設時)
C.W. Ferrier, W. Binnie(1930年改修時)
使用チーム、大会
アーセナルFC(1913-2006)
収容能力
38,500人

アーセナル・スタジアムArsenal Stadium, Highbury)は、1913年から2006年まで使用されたイングランドのサッカークラブアーセナルFCのホームスタジアムである。

概要[編集]

一般的にはアーセナル・スタジアムと言う名称よりも、スタジアムが立っている地区の名称「ハイバリー」(Highbury)で言及される事が多い。

アーセナル・スタジアムのキャパシティは38,500人であり、このキャパシティの小ささがアーセナルのクラブ運営上大きな足かせとなってきていたため、20世紀末頃から新スタジアムに関する議論が続けられていた。

このスタジアムでは、プロボクシング世界ヘビー級選手権試合(王者:カシアス・クレイアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国】対挑戦者:ヘンリー・クーパー英語版イギリスの旗 イギリス】戦)が1966年5月21日に開催された(試合は6回1分33秒、クレイのTKO勝ち)[1]

2006年にアーセナルの新スタジアムとなるエミレーツ・スタジアムが近隣に完成。2006-2007年シーズンからエミレーツ・スタジアムの使用を開始した。なお、UEFA主催試合の場合は公式スポンサー以外での広告露出が禁止されているため、新スタジアムがアーセナル・スタジアムとして呼ばれる事になった。

スタジアム跡地には、旧スタジアムの外観を活かす形でハイバリー・スクウェアというマンションが建設された。

ラストゲーム[編集]

2006年5月7日、アーセナルは1913年から使用し続けてきたアーセナル・スタジアムに別れを告げた。

ハイバリー最後の試合はリーグ戦の最終週ウィガン・アスレティックとの試合であった。この試合では4対2でアーセナルが勝利を収めている。またこの試合でティエリ・アンリハットトリックとなるPKを決めた後にピッチへひざまずき、別れのキスを行う場面があった。

この日は、ノースロンドンダービーの対戦相手トッテナム・ホットスパーウェストハム・ユナイテッドとのアウェーゲームに敗れたため、アーセナルは2006-2007シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得することが出来た。アーセナルにとっては、ハイバリーでの有終の美を飾った事になる。

入場者数[編集]

平均入場者数[編集]

  • 2005-2006: 38,184 (プレミアリーグ)
  • 2004-2005: 37,979 (プレミアリーグ)
  • 2003-2004: 38,079 (プレミアリーグ)
  • 2002-2003: 38,042 (プレミアリーグ)
  • 2001-2002: 38,055 (プレミアリーグ)
  • 2000-2001: 37,974 (プレミアリーグ)

最多入場者数[編集]

ギャラリー[編集]

脚註[編集]

外部リンク[編集]